働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1736

もうすぐ入学〜小1の壁が不安な理由〜

小1の壁とは?

「小1の壁」とは、子どもが小学校に入ったことで立ちはだかる「仕事と子育ての両立」に関する壁のことです。
仕事をしながら子育てをしているママたちなら、「小1の壁」という言葉は何度となく目にしていることでしょう。
年少・年中のころはあまり考えないようにしてきたかもしれませんが、年長にもなると、いよいよ本気で向き合わなければいけないテーマだと感じるようになります。

小1の壁を徹底解析

そうは言っても、実際にはどんな問題があるの?という疑問に答えるべく、私自身の経験も含め「小1の壁」を徹底解析してみました。

子どもの精神的ケア

まず挙げられるのは、環境の変化による子どもの精神的負担が意外に大きいことです。
小学校では保育園のように先生たちがひとりひとりに細かく意識を向けてはくれません。
大勢の中の一人と成り下がった自分に急に不安を覚える子どもが多いようです。

慣れない環境で精神的にも不安な中、学童へ行かずに下校する子を横目に自分は学童へ向かう……。
子どもにとっては、保育園では感じたことのないさみしさを感じる瞬間です。
個人差があるとは思いますが、親としては十分な精神的なケアができるのだろうか?という不安がよぎります。

保育園より「短い」学童の運営時間

学童の利用可能時間は保育園よりも短くなります。
朝も夕方も保育園と同じようには受け入れてくれません。
地域によっては19時まで利用できるようになってきていますが、利用者は少なく「自分だけ残されている感」を与える可能性もあります。
夏休みなどは朝の開所時間がさらに遅く、子どもよりも親が早く出勤することになる可能性も。

また、小学校入学を機にこれまで時短勤務だったママが完全フルタイムになると、勤務時間は増えたのに保育時間は短くなるという状態になってしまいます。
仕方なく留守番をさせる時間が生じると、それはそれで「安全面」という新たな心配が増えてしまいます。

学校生活のフォローが必要

小学生になると宿題が始まります。
そして、毎日の持ち物準備に、親宛に来るお便りの処理も。
宿題も次の日の準備も、はじめのうちはなかなか一人ではできない子が多いでしょう。
とはいえ、いつまでも親が手を貸しているのも問題だし……と考えると「見守る」と「フォローする」の塩梅が難しいものです。
小学校低学年ならではの葛藤ですが、成長とともに変化する親の悩みのひとつです。
現実的に時間も取られるので、働くママにとっては仕事がひとつ増えたように感じるかもしれません。

小1の壁の乗り越え方

それでは、上に挙げたような“壁”をどうやって乗り越えていけばいいのでしょうか。
今回はあえて精神論を提案します。

あなたなら大丈夫と信じる

子どもの不安はとことん聞いてあげましょう。
その時間を作るのは親の義務だと考えます。
しかし、親にはどうにもできない課題も子どもの目の前には訪れます。
放っておくわけではなく、いつも意識に入れてあげながらも、基本的には「あなたなら大丈夫」と信じてあげるとお互いに前向きになれるでしょう。

時間が解決する

人は、物事が変化したはじめのころを一番大変だと感じます。
環境に慣れるにはそれなりに時間がかかるものです。
どうにもならないことに気持ちが振り回されるくらいなら「時間が解決してくれる」と開き直るのも立派な向き合い方です。
誰かに愚痴を聞いてもらい、上手にストレスを発散させながら乗り越えましょう。

「小1の壁」を利用する

最後に提案するのは、ちょっと視点を変えて「小1の壁」を利用する方法です。

仕事の辞め時と捉える

保育園の申し込みって大変でしたよね。
どんなに複雑で手間のかかる申請でも、保育園に入れないと仕事はできないし、一日中家に子どもがいることになるので何が何でも申し込みました。
そして、仕事と保育園生活が始まれば、今度はどんなに仕事が嫌でも辞められませんでした。
もし、仕事を辞めたら保育園に通えなくなるからです。

しかし、小学校はママの生活に関わらず通うことになります。
我が家の下の子の入学と共に外勤を辞めた私は「あれ?仕事していなくても、学校に行ってくれるんだ!」とすごい発見をした気分になったのを覚えています。
「仕事を辞めても子どもは家にいない。しかも、自分の時間が持てる」
小1の壁を利用してこの世界に飛び込むことだってあなたの自由です。

やりたいことを仕事にして、理想の生活をする。

「小1の壁」を強く意識する人ほど、子どもとの時間や子どもへの意識を強く持っている優しく真面目な方だと想像します。
そして、自分の仕事にも忠実でいたいのではないでしょうか?
でも、今の仕事が本当に心から好きで誰に何を言われようと辞めたくないものであれば「小1の壁」なんて悩んでいる暇もなく、軽々と乗り越えていくパワーが沸き出ていることでしょう。

では、「小1の壁」という言葉に心が揺れる理由は何でしょうか?
もしかしたら「本当にやりたいことをしていますか?理想の生活を送れていますか?」というメッセージかもしれません。
本当にやりたいことは?
あなたの理想の生活は?
制限を外してイメージしてみてください。
今、得意なことや趣味を仕事にして子育てと好きな仕事を上手に両立させているママが増えています。
はじめから年収1,000万円は稼げないかもしれませんが、これまでにはない満足感を得られるかもしれません。

目の前に現れた「壁」を乗り越えようと必死になるのではなく、ちょっと横を向くことで違う「道」が発見できるかもしれませんよ。

(文・亀山 美千代)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。