働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 592

離乳食スタート!5倍がゆへの切り替えはいつから?

離乳食を始めたら、主食となるお米ももちろんメニューに取り入れますよね。10倍がゆから始まって7倍がゆ、5倍がゆと移行していくのですが、いつ頃から切り替えていくのか悩みどころ…。

今回は、離乳食におけるおかゆの切り替え時期ポイントをご紹介します。

まずは“10倍がゆ”からのスタート

離乳食を開始するタイミングは5、6ヶ月頃が目安です。首がすわって食べ物に興味を示すようになったら、離乳食をスタートしてみましょう。

まずは水分の多い10倍がゆ(米1:水10)から始めて、離乳食が進むにつれ水分を徐々に減らしていきます。

  • 5、6ヶ月:10倍がゆ
  • 7、8ヶ月:7倍がゆ
  • 9~11ヶ月:5倍がゆ
  • 12ヶ月~:軟飯

以上を目安に子どもの様子を見ながら進めていきます。

“5倍がゆ”を始める目安は生後9ヶ月を過ぎたころ

5倍がゆは、9ヶ月を過ぎたあたりの離乳食後期頃から少しずつ試していきます。この頃は言葉も出始めて、前歯が段々と生えそろう時期。赤ちゃんも歯ごたえのあるものを噛んで食べるようになります。

  • 口をしっかりモグモグ動かして、よく噛んで食べられるようになった
  • 1回の食事量が子ども茶碗1杯くらい(約90g)食べられるようになった
  • 手づかみ食べをするようになった

などを目安に、子どもの様子を見ながら5倍がゆに切り替えてみましょう。

5倍がゆのアレンジレシピ3選

赤ちゃんの食事といえども、変化はほしいもの。5倍がゆにもアレンジを加えれば、食べられる食材も増えて楽しみながら離乳食が進められそうですね。そんなアレンジレシピをご紹介します。

栄養満点!“野菜と納豆の5倍がゆ”

5倍がゆへの切り替えはいつから?

出典:楽天レシピ@大牟田ヤタロウ

納豆、ほうれん草、ニンジンと5倍がゆのレシピ。そのままでは食べにくい納豆がおかゆといっしょに食べられて、嬉しいですね! おかゆの固さは離乳食の進み具合によって調整してくださいね。

詳しいレシピはこちら

ささ身も入って満足度◎!“鶏のささ身&大根&モロヘイヤ&5倍がゆ”

5倍がゆへの切り替えはいつから?

出典:楽天レシピ@駄目だバブルス

ささ身も入っているので、お野菜だけの味に飽きてきた赤ちゃんにはちょうどよいレシピです。栄養価の高いモロヘイヤをクリアできると、食材の幅も広がりそうですね!

詳しいレシピはコチラ

彩りがよくて食が進む!“豆腐トマト人参粥”

5倍がゆへの切り替えはいつから?

出典:楽天レシピ@dokinchan717

トマトは離乳食でとても便利な食材ですが、おかゆに混ぜても彩りがキレイで、赤ちゃんの食が進みそうですね。豆腐やニンジンも入っていて、お腹にやさしいレシピです。

詳しいレシピはコチラ

5倍がゆの切り替えは一般的に9ヶ月頃からといわれますが、あくまでも目安。個人差があるので「〇ヶ月までにここまでできてなきゃ!」など焦らずに、様子を見ながら進めてみてくださいね。

TOP PHOTO/Vasilyev Alexandr/shutterstock
参照/キューピー「固さ・量の目安 教えて!離乳食のコツ」
八王子市「離乳食について」

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。