働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1672

そうそう!あるある!育児の悩みは漫画で解消!ママ必見の漫画ブログ

旦那さんは仕事で忙しく友達とも会う時間がない中で、1人で育児と向かい合い悩みを抱えてしまうママもいるでしょう。人の数だけ子どもの育児は異なるものです。

しかし、やはり同じママ同士だと共感できることもたくさんあるものです。そこで、自宅でも外出先でも気軽に楽しめて育児の悩みを共感できる、子育てを描いたおすすめのブログ漫画を4つご紹介します。

思わずママも爆笑!育児の悩みも飛んでいってしまいそうな『まいほーむ』シリーズ

ママ 絵日記5

出典:http://ameblo.jp/myhome4koma/

2008年に誕生した娘のめんこちゃんの育児、夫のひでおさんも含んだ家族のことを絵日記風に描いた漫画ブログ『まいほーむ―毎日絵日記―』、イラストのタッチを変え、2012年に生まれた妹のナルちゃんも登場し続けられた『まいほーむ!―アメブロ部屋―』、さらに成長しためんこちゃんやナルちゃんと家族の生活の様子を描いた『まいほーむ!きの家の日常』と長きにわたり、家族の成長と日常を描いた作品は、どれも思わず笑ってしまうものばかりです。
作者である、きのかんちさんの、時にボケ、時に冷静で鋭いツッコミが育児に悩んでいる人の肩の荷をおろしてくれることでしょう。

子どものかわいさに胸キュン!38歳デビューのママが贈る『目に入れたら痛いです。』

スクリーンショット 2016-07-19 23.28.22

出典:http://saita.net/blog/top/20831.html

38歳で初めて育児を経験した漫画家の花津ハナヨさんが、2013年に誕生した愛娘のサイちゃんと、娘からトトと呼ばれる旦那様、ネコの魔美ちゃんとの日々を描いた漫画が『目に入れたら痛いです。』です。

母親を見てこんな風になるだろうと思っていたことが自分では全く感じなかったという驚きや、子どもに時間の約束を守らせるためにした言動が逆に自分の首を絞めることになるなどのさまざまなエビソードで本音も明かす子育てぶりと、サイちゃんのかわらしい言動とに、あるあると思わず共感してしまったり、思わず笑みがこぼれてしまったりと毎回楽しみにしている読者も多いようです。
2016年8月に第ニ子出産予定とのことで、2人目の子育ての不安をちらつかせながらも、また新たな家族が増える楽しみにハナヨさんのさらなる本音も飛び出すか、今後の展開も見逃せません。

育児に励む人ならばパパとだって共感できる!『おひさまもっちゃん!~漫画家パパの子育て日記~』

ママ 絵日記2

出典:http://ameblo.jp/chinta-04/

読者からの人気の声から書籍化もされた子育て日記が『おひさまもっちゃん!~漫画家パパの子育て日記~』です。漫画家のパパ・丸本チンタさんが、2010年に生まれた愛娘もっちゃんと、もっちゃんのママである奥さんとの日常を面白おかしく、時に気持ちを温かくしてくれるような4コマ漫画で紹介しています。
ブログ開始時に「事実だけを描いていく」と宣言しているだけあって、リアルな日々に見せる本音に思わず共感してしまうことも多いはずです。
子育てに対する日常の共感だけではなく、男性ならではのパパ目線の育児も知ることができるのも魅力の一つです。

妊活から育児まで!一緒に子育てを振り返ることができる『続々ピカ待ち☆ふたご絵日記』

ママ 絵日記3

出典:http://futagoe.com/osanpo2sai/

2014年に誕生した、一卵性で双子座というまさに双子の中の双子の子育てを描いた漫画が『続々ピカ待ち☆ふたご絵日記』です。ブログ管理人のpikaさんが妊活から妊娠、出産を描いた以前のブログから引き続いて更新している漫画ブログとなっています。妊活時代から長期にわたり描かれているため、遡って読んでみると、まるで自分の子育てを振り返っているような気分を味わうこともでき、今感じていることだけではなく育児に至るまでの長い時間を合わせて共感することもできます。
双子ならではの悩みや出来事など、他のブログでは見ることができない話もあり、双子育児中の人は必見のブログとなっています。もちろん、双子をもつママだけではなく、同じ年ごろの子供を育児中の人も共感できるポイントがたくさんあり、ついはまって読み続けてしまいそうな魅力のあるブログです。

まとめ

育児をしていると予想もしていないことが起こったり、思っているとおりにならなかったりしてつい落ち込んでしまうことがあるものです。こんなにうまくいかないのは自分だけではないかと悩んでしまったときには気軽にブログで育児漫画を読んで、共感したり、笑ったりしてストレスを解消させましょう。ママが笑顔でいることで子どももきっと幸せな表情を見せてくれることでしょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事