働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 3448

女どうしだからこそ難しい、女の子の育てかたについて

よく「女の子は男の子より育てやすい」と言われますが、女の子のママだって子育てに悩むことはありますよね。女同士だからこそ難しい、女の子の育て方について考えてみました。

女の子は育てやすいって本当?


昔から「女の子は育てやすい」と言われていたのは、女の子の方が比較的身体が丈夫で、遊び方が静か、言い聞かせれば分かる、母親と同性だから気持ちが理解しやすい、などという理由がありました。でも女の子でも、身体が丈夫でない子もいますし、活発に動き回るのが好きな子も、母親と気持ちを通じ合わせるのが苦手な子もいます。
私自身は3人の娘を育ててきましたが「育てやすいはずの女の子でこんなに悩むとは…」と、落ち込んだことが何度もありました。子どもはひとりひとり違うのですから、女の子のママだって子育てに悩むことがあっていいんです。

女の子ならではの育てにくさ


まずは、どういう所が女の子ならではの育てにくさなのか見てみましょう。

(1)気持ちが複雑なことが多い

まず女の子は、男の子に比べると、よく言えば感情が発達している、悪く言えば気持ちが複雑でメンドクサイ、ということがあげられます。
職場の人間関係だって、女どうしはけっこう難しいですよね。出張土産のおやつの分配で頭を悩ませたなんて経験のある人は多いんじゃないでしょうか。

(2)分かりすぎて難しい

ママだって女の子です。女の子として自分が経験したことと、娘の今がダブって見えることが多いのではないでしょうか。
「もっと冷静に接しなければ」と思っているのに、ついエキサイトしてしまうとき、気持ちが分かりすぎて感情的になっているのかもしれません。
男の子だったら全くの別物として客観的に見られるのに、女の子だからそれが難しいというのも、女の子ならではの育てにくさです。

女の子の子育てをするうえでの注意点

多くの人が悩んでいる女の子の子育て。では、どんなことに注意したらいいのでしょうか。

(1)自分と同一視しない

同性であるママが一番気をつけたいのが「自分と同じ」と思わないようにすることでしょうか。
娘ですから見た目が似ていることももちろんあるでしょうし、価値観や味覚、センスなどは、自分とよく似ているなあと感じる事が多いものです。
でも、だからといって「自分がこうだからこの子も同じだろう」と決めつけてしまうのはNG。 特に「自分ができたからこの子もできるはず」という期待はプレッシャーになってしまいます。 よく煮ていてもまったく違う人間だという事実を忘れないように気をつけましょう。

(2)自分と比べすぎない

違う人間だからといって比較し過ぎるのもよくありません。
「ママはかけっこが早かったのに、どうしてあなたは遅いのかしら」などとけなされると、娘は「どうせお母さんにはかなわない」と劣等感を抱いてしまいます。

(3)「女の子」の前に人間として育てる

「女の子だからこんな風に育って欲しい」という気持ちは誰でもあると思いますが、「女の子だから」と型にはめすぎるのはNGです。
大人しい男の子もいれば、アクティブな女の子もいます。性別の前にその子の個性の方が大切です。

まとめ


大変なことは多くても、女同士、共通の話題を楽しめるのが女の子の子育ての魅力です。
ある程度の年齢を過ぎると、娘は母を親であると同時に、ひとりの先輩女性としても見ているようです。毎日を前向きに楽しく生きる姿を見せたいですね。

(文・曽田 照子)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。