働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 4000

【子育て絵本アドバイザーがおすすめ】夏休みが待ち遠しい♪ 絵本

7月に入り、子供たちが待ちに待った、夏休みになりますね。

虫とりやプール、海水浴やキャンプ等、
この時期ならではの遊びも、親子で一緒に、楽しみたいですね。

今月は、「夏休みが待ち遠しい♪ 絵本」をテーマに、
0歳、2歳、4歳の年齢別おすすめ絵本を3冊、ご紹介します。

■読み聞かせオススメ年齢:0歳から

ぷーん

ぷく 
ぷく ぷく ぷくん

ぷ ぷ ぷ・・・

ご紹介するのは、こちら↓

「ごぶごぶ ごぼごぼ」

作: 駒形 克己
出版社: 福音館書店
発行日: 1999年04月
本体価格: ¥800 +税

赤、青、黄色等の色鮮やかな丸が、いろいろな大きさになって、
「ぷーん」「ぷくぷくぷく」「ごぶ ごぶ」「ごぼ ごぼ」などの
音の響きとともに、動きます。

私たち大人にとっては、
ストーリーがあるような、ないような・・・等と、
不思議に思える絵本かもしれませんが、

赤ちゃんにとっては、興味津々。
キラキラした目で、「もう1回、読んで」と訴えてくるのを、
感じるかと思います。

我が家の娘は、仕掛けとなっている「穴」に指を入れてみたり、
最後のページにあります、「しー」という場面で、
一緒になって「しー」と言って、楽しんでおりました。

■読み聞かせオススメ年齢:2歳から

えきまえの バスターミナル。
バスが なんだいも ならんでいます。

あおいいろの バスが
エンジンを かけて もうすぐ はっしゃです。

ご紹介するのは、こちら↓

「うみへいくピン・ポン・バス」

作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社
発行日: 2004年06月
本体価格: ¥1,000 +税

駅前を出発して、海へ向かうバス。

途中、トラックやダンプカー、パトカーや特急列車等、
いろんな乗り物が登場します。

トンネルをぬけると、
見開きいっぱいに描かれた海が、目の前に広がります。

乗客たちの表情も、丁寧に細かく描かれています。

1ページあたりの文章が短めですので、
3-4歳くらいのお子さまでしたら、読み聞かせできるかと思います。

乗り物好きなお子さまはもちろん、
この夏は、「海へ行く!」「海へ行きたい!」というご家族にも、
おすすめの1冊です。

■読み聞かせオススメ年齢:4歳から

あるところに、
おっきょちゃんという 
ちいさな おんなのこが いた。

おっきょちゃんは ひとりで、
うらの かわで あそんでいた。すると・・・。

ご紹介するのは、こちら↓

「おっきょちゃんとかっぱ」

作: 長谷川 摂子
絵: 降矢 なな
出版社: 福音館書店
発行日: 1997年08月
本体価格: ¥900 +税

裏の川で一人で遊んでいた、おっきょちゃん。

すると、どこからか、

「ほい ほい ほい」

と声がして、見てみると、
赤い顔をした奇妙な子供・・・、なんと河童が、水の上に顔を出していた。

その河童の子供、ガータロと一緒に、
水の中に入って行き、着いた先は、・・・河童たちが住む世界だった。
そして、・・・というお話です。

色鮮やかな絵と、流れるような文章によって、
河童と河童の世界へ、引き込まれます。

年少、年中さんくらいのお子様でしたら、
読み聞かせできるかと思います。

我が家の息子も、この絵本が好きで、
特に、「ちえのすいこさま」や「すいかごめのじゅもん」のページを、
繰り返し読んでいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

絵本は、文学と美術の総合芸術です。

良質な、そして様々な種類の絵本を、読み聞かせをすることによって、
子どもの五感を刺激し、語彙力や読解力、表現力や思考力等が養われます。

「絵本」のある子育て、してみませんか?

前田 ちひろ

子育て絵本アドバイザー・絵本セラピスト。 6歳の男の子と11歳の女の子のママ。大学卒業後、金融機関を経て、出版・通信教育関連企業で12年間のフルタイム勤務。 仕事と子育ての両立をする中で、絵本の存在に大きく助けられたことを実感し、2014年、子育て絵本アドバイザーの資格を取得し独立。主に働くママを対象とした、「子育て絵本アドバイス講座」を開催している。