働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 7200

【piyo_pon】第74話:未練タラタラ!?~卒乳後の娘の言葉①~

今では乳製品が大好きな娘ですが、小さい頃はアレルギーがあり、乳製品は全く口にできませんでした。

そんなこともあり、好きなだけおっぱいは飲ませてあげよう!と、思っていたのですが、2歳半を過ぎても全く卒乳する気配を見せなかったため、
最終的には、幼稚園に通い始めれば好きな時には飲めなくなるということと、私の慢性蕁麻疹の治療の為には薬を飲む必要があるという理由で、3歳のお誕生日を迎えて少し経ったところで、
娘にも納得してもらった上で、おっぱいは卒業してもらった…はずだったのですが!?

まとめ

どんなにおっぱいが大好きだったとしても、やっぱりじいじのおっぱいを飲むのはちょっと違ったかな…!?と、しばらくの間、固まって無言になっていた娘の姿が印象的でした。

とはいえ、「誰だったら出るの?おっぱい出る人はどこにいるの?」といった不毛な会話は、この時だけではなく、その後も何度もありました。

まだ幼稚園に入園したてで、いろんなことが不安だった中で、おっぱいに癒しを求められないことが、娘としてはすごく寂しかったのかもしれません。

だからといって、なぜ、娘がおっぱいを求めて真っ先に浮かんだ人物が、よりによってじいじだったのかは、謎ですけどね(笑)

この出来事から早10年、現在の日常の様子はInstagramで更新しています→piyo_pon

piyo_pon

2児の母です。娘(11歳)、息子(2歳)、夫との平凡だけど毎日いろいろな発見がある日常を、インスタグラムに描いています。https://www.instagram.com/piyo_pon