働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 4800

【piyo_pon】第75話:未練タラタラ!?~卒乳後の娘の言葉②~

暑い日が続きますね。
幼稚園への送迎だけでバテてしまい、いまいち家事がはかどらない今日この頃です。

さて、前回は卒乳一週間後の娘の言葉を書きましたが、今回はそれから更にしばらく経った後、さすがにもう、おっぱいの味も飲み方も忘れたであろう頃のお話です。

まとめ

当時、祖父母をはじめ親戚はみんな遠方に住んでたいたこともあり、近所の人にあげるという発言は、

「それならばすぐに会いに行けるし、斜め向かいのお家の人達、優しいし。」

という、せめてもの赤ちゃんへの気遣いだったらしいのですが…、

いやいや、絶対にダメでしょ? 
赤ちゃんが気の毒過ぎるでしょ?
あり得ないでしょ?

どこまで本気で、どこまで冗談だったのかわからない発言をした娘と、笑いを交えつつも、じっくりと話をしたことを覚えています。

そんな娘に弟が生まれたのは、彼女が小学校四年生の時。

絶対におっぱいを横取りされないくらいに、娘の身も心も大きく成長するまで、息子はお空の上から我が家を見守りながら、ずーっと待っていたのかな?

そんな想像をしつつ、娘が息子の面倒を見る姿を、微笑ましく見つめる私なのでした。

そんな我が家の日常なInstagramに描いてます→piyo_pon

piyo_pon

2児の母です。娘(11歳)、息子(2歳)、夫との平凡だけど毎日いろいろな発見がある日常を、インスタグラムに描いています。https://www.instagram.com/piyo_pon