働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 4800

【子育て絵本アドバイザーがおすすめ】冬支度も絵本から 冬を感じる絵本

しもつき(霜月)、りっとう(立冬)、しょうせつ(小雪)。

カレンダーをめくると、「冬」にまつまる言葉が並びますね。

子どもと一緒に外を歩くと、木枯らしが吹いたり、りんどうを見かけたり、
空も、空気も、木々も、すっかり冬色に変わっています。

今月は、「冬支度も絵本から 冬を感じる絵本」をテーマに、
0歳、2歳、4歳の年齢別おすすめ絵本を3冊、ご紹介します。

■読み聞かせおすすめ年齢:0歳から

こぎつね ねんね
なかよし ねんね

いっしょが だいすき
ねんね ねんね

【ねんね】

作・絵: さえぐさ ひろこ
出版社: アリス館
本体価格: ¥1,200 +税
発行日: 2004年02月

表紙のリスの、ねんねから始まり、
キツネ、ライオン、ゴリラ、キリン・・・等、
動物園でも人気の動物たちが、ぐっすりと眠っています。

美しく鮮明に映っている動物たちの写真に、
歌うようなリズミカルな文章が添えられています。

我が家の子どもたちは、
キリンが座って、首を曲げて眠っている姿や、
シロクマがペタンコになって眠っている姿が気に入ったようで、
指差ししながら、じっと見入っていました。

動物園に行く前に、
あるいは、お子さまが寝る前に、読んであげてもいいかもしれません。
おすすめの1冊です。

■読み聞かせおすすめ年齢:2歳から

おじいさんが もりを あるいていきました。
こいぬが あとから ついていきました。

おじいさんは あるいているうちに、
てぶくろを かたほう おとして、

・・・そのまま いってしまいました。

【てぶくろ】

作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子
出版社: 福音館書店
本体価格: ¥1,000 +税
発行日: 1965年11月

ウクライナの民話です。

「ここで くらすことに するわ」

雪の上に落ちていた手袋を見つけた、ネズミが言うと、
カエルがやってきて、

「わたしも いれて」
「どうぞ」

と、カエルも一緒に住むことになりました。

そこへ、ウサギがやってきて、

「ぼくも いれて」
「どうぞ」

と、ウサギも一緒に住むことになり、・・・というお話です。

2-3歳くらいのお子様でしたら、読み聞かせできるかと思います。

「えっ、てぶくろに、すめるのかな・・・」
「わぁ、もう、いっぱいではいらないよ」

等と言い、ドキドキ、ワクワクしながら絵本の世界に入ります。

子どもと一緒に、
想像の世界、そして創造の世界を楽しみたいですね。

■読み聞かせおすすめ年齢:4歳から

もりに おおきなきが いっぽんあって、
その ねもとに こぐまと おかあさんが すんでいました。

・・・こぐまは まだ ひとりで ねむれないので、
ちいさなベッドは いつも からっぽです。

【たのしいふゆごもり】

作: 片山 令子
絵: 片山健
出版社: 福音館書店
発行日: 1991年10月25日

子グマは、お母さんに言いました。

「いっしょに ねむる ぬいぐるみ つくって。
そうしたら あたし、ちいさいベッドで ねむれるわ。」

でも、冬ごもりの準備があるお母さんグマは、忙しいのです。

木のみを取りに行ったり、はちみつを集めに行ったり、
魚を捕りに行ったり、綿摘みに行ったりと、大忙しで、・・・というお話です。

優しい色遣いと絵で、
子グマとお母さんグマのやり取りが、温かく描かれています。

4-5歳くらいのお子様でしたら、読み聞かせできるかと思います。

裏表紙に描かれた、子グマちゃん。
お母さんお手製の、ぬいぐるみ達に囲まれて、
幸せそうに、眠っていますね。

目覚めた時は、きっと、冬も終わった、暖かい春かもしれません。

木枯らしが吹く季節に、
親子で一緒に、おすすめの1冊です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

絵本の読み聞かせをすることで、
私たち大人は、絵本の中の出来事を子どもと一緒に体験し、
感動を共有できます。

様々なテーマの絵本を読んで、
親子で感動を共有したいですね。

「絵本」のある子育て、してみませんか?

前田 ちひろ

子育て絵本アドバイザー・絵本セラピスト。 6歳の男の子と11歳の女の子のママ。大学卒業後、金融機関を経て、出版・通信教育関連企業で12年間のフルタイム勤務。 仕事と子育ての両立をする中で、絵本の存在に大きく助けられたことを実感し、2014年、子育て絵本アドバイザーの資格を取得し独立。主に働くママを対象とした、「子育て絵本アドバイス講座」を開催している。