働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1600

【子育て絵本アドバイザーがおすすめ】クリスマス☆が待ち遠しい 絵本

毎年、この時期が近付くと、町中に溢れるクリスマスムードに、
子供だけではなく、私たち大人も、わくわく、ドキドキするのではないでしょうか。

ドアにリースをかけて、ツリーに飾り付けをして、
ローストチキンやケーキを準備して、あとはプレゼントを待って。

雪は、降るかな。サンタさんは、来るかな・・・。

今月は、「クリスマス☆が待ち遠しい 絵本」をテーマに、
0歳、2歳、4歳の年齢別おすすめ絵本を3冊、ご紹介します。

■読み聞かせおすすめ年齢:0歳から

さんさん さんかく 
さんかくサンタ

まんまる ふくろを 
せなかにしょって

しかくい おうちに
はいっていった

【さんかくサンタ】

作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 絵本館
発行日: 2011年10月
本体価格: ¥1,200 +税

三角、丸、四角で、クリスマスを表現した絵本です。

絵具やサインペン、色鉛筆等の様々な画材で描かれた、鮮やかな絵と、
子どもの耳に心地よい文章で、
産まれたばかりの赤ちゃんや、絵本を読み始めたばかりのお子さまにも、
読み聞かせできるかと思います。

赤ちゃんへのクリスマスプレゼントにも、オススメの1冊です。

■読み聞かせおすすめ年齢:2歳から

「はい、おまかせください」

さあ、しごとだ!

きた、きた!
おあずかりします。

【おたすけこびとのクリスマス】

文: なかがわ ちひろ
絵: コヨセ・ジュンジ
出版社: 徳間書店
発行日: 2009年10月
本体価格: ¥1,500 +税

クリスマスの夜。
大切な仕事を頼まれたこびとたちは、働く車で列をつくって、
夜の町をはしっていきます。

どこへ行くのかな、何を運ぶのかな・・・。

子供たちが大好きな働く車や、こびとたちが、
色鮮やかに、そして細かいところまで丁寧に描かれています。

「みつけたぞ。この いえだ。」

こびとたちは、誰に、何を届けに行くのでしょうか。

でこぼこした道でも、大丈夫。みんなで協力して、荷台に積んだ荷物を届けます。

我が家の息子も、この絵本が大好きで、
前作の「おたすけこびと」と共に、「ママ、読んでー」と持ってきていました。

■読み聞かせおすすめ年齢:4歳から

とおい むかしの あるばんのこと、
まっくらな よぞらに おおきな ほしが ひかりました。

てんしが あらわれて いいました。

「みんなが まっていた うれしいことが おこりました。
みにいきましょう」

作: ひぐちみちこ
出版社: こぐま社
発行日: 1997年11月
本体価格: ¥1,200 +税

「ママ、クリマスってなぁに?なにをするひなの?」
等とお子さまから質問された方も、いらっしゃるかと思います。

クリスマスは、キリストの生誕を祝うキリスト教の行事です。
子どもたちにプレゼントを持ってくるサンタクロースの伝説と結びついて、
世界中に広まりました。

クリスマスは何の日で、何を祝う行事なのか、子どもたちからの質問に答えながら、
イエス様だけではなく、私たちみんなが、望まれて生まれてきた、という
幸せや愛情を感じる絵本かと思います。

我が家の子どもたちは、保育園のクリスマス会で劇をする際に、
この絵本を読んでおりました。

クリスマスも絵本から。親子で一緒に、おすすめの1冊です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

絵本は、私たち親の語彙力も増やします。

絵本を繰り返し読むことで、
絵本に書かれてある、洗練された、美しい言葉を声に出し、
日常でも、それらの言葉を使うようになります。

「絵本」のある子育て、してみませんか?

前田 ちひろ

子育て絵本アドバイザー・絵本セラピスト。 6歳の男の子と11歳の女の子のママ。大学卒業後、金融機関を経て、出版・通信教育関連企業で12年間のフルタイム勤務。 仕事と子育ての両立をする中で、絵本の存在に大きく助けられたことを実感し、2014年、子育て絵本アドバイザーの資格を取得し独立。主に働くママを対象とした、「子育て絵本アドバイス講座」を開催している。