働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 14400

【子育て絵本アドバイザーがおすすめ】お正月に読みたい 絵本

「あけましておめでとう」
新しい年のはじまりです。

時代の流れとともに、お正月の祝い方も様々ありますが、
新年を迎え、新しい年の幸せと健康を祈る心は、今も昔も変わりませんね。

今月は、「お正月に読みたい 絵本」をテーマに、
0歳、2歳、4歳の年齢別おすすめ絵本を3冊、ご紹介します。

■読み聞かせおすすめ年齢:0歳から

おかあさんねこは こどもを くわえて
はこびます。

おかあさんらいおんも こども くわえて
はこびます。

おかあさんざるは、・・・

【どうぶつのおかあさん】

作: 小森 厚
絵: 藪内 正幸
出版社: 福音館書店
発行日: 1981年10月
本体価格: ¥900 +税

動物のお母さんは、
自分の子どもを、どうやって運んでいくのでしょうか。

子どもにも人気の、ネコやライオン、サル、コアラ等、
12種類の動物たちが登場し、お母さんが、子どもを連れて歩く様子を描いています。

丁寧に、まるで写真を見ているかのような絵と、
温かく、優しい、繰り返しの文章で、
子どもも、私たち大人も、微笑ましい気持ちになるかと思います。

私は特に、イノシシの子どもたちが、
お母さんの後を固まってついて行く姿が、印象的でした。

こういった絵本を通して、
干支について、語りかけをしてみたり、
あるいは実際に動物園にいって、本物の動物を見てみる、というのも、
いいかもしれません。

■読み聞かせおすすめ年齢:2歳から

かーん こーん、
もりにひびく おとうさんの まきわりの おと。

かまどに ひを いれた おじいさん。
おはよう、いっくんも おきてきた。

【14ひきのもちつき】

作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
発行日: 2007年11月
本体価格: ¥1,200 +税

今日は、「餅つき」です。
おばあさんが、夕べからふやかしていたお米の水をきっています。

臼(うす)と杵(きね)を準備して。
蒸篭(せいろ)から湯気が吹いています。

いっくん達14ひきが、
家族で分担して、「餅つき」を始める用意をしています。

自然豊かな色彩で、丁寧に描かれた絵と、リズミカルな文章で、
日本の「餅つき」や文化について、子どもにも分かりやすく書かれています。

お正月の時期に、
お子さまと一緒におすすめの一冊です。

■読み聞かせおすすめ年齢:4歳から

お正月の行事は 

新年をいわい 
お節料理を みんなでたべて
年神さまから
一年のちからを さずかろうとする 行事です

お節料理を つくるため
年神さまは
十二の動物をえらび それぞれじゅんばんに
かかりをきめました

これが十二支です

【十二支のお節料理】

作: 川端 誠
出版社: BL出版
発行日: 1999年12月
本体価格: ¥1,300 +税

年神様は、
12の動物たちを集めて、お節料理の準備を命じました。

まず、ねずみたちに声をかけ、家の掃除と正月飾りを頼みました。

つぎは、うしです。
田畑に詳しいので、米や野菜などの材料を選んで、運ぶ係です。

とらは、方々の国から、珍しい食べ物を集めてくる係です。
そして、うさぎは、・・・というお話です。

鮮やかな色合いと、丁寧に作られた版画のイラストによって、
お節料理が彩られます。

動物たちそれぞれが、役割をもち、分担して、
お正月の準備をする様子が、子どもにも分かりやすく書かれています。

晴れやかで、清々しく、新年を迎える雰囲気が、
子どもにも、私たち大人にも伝わってくるかもしれません。

お正月のこの時期に、親子で一緒に、オススメです☆

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子どもは、絵本を通して、絵本の中の出来事を疑似体験します。

現実の世界と同じように認識しますので、
様々な作者の、様々な種類の絵本を読み聞かせするとよいでしょう。

乳幼児期は、この疑似体験の積み重ねが、とても大切になります。

「絵本」のある子育て、してみませんか?

前田 ちひろ

子育て絵本アドバイザー・絵本セラピスト。 7歳の男の子と12歳の女の子のママ。大学卒業後、金融機関を経て、出版・通信教育関連企業で12年間のフルタイム勤務。 仕事と子育ての両立をする中で、絵本の存在に大きく助けられたことを実感し、2014年、子育て絵本アドバイザーの資格を取得し独立。主に働くママを対象とした、「子育て絵本アドバイス講座」を開催している。