働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

384

年齢に合わせた幼児向けおもちゃの選び方とおすすめのおもちゃ5選

小さなお子さんにはたくさん遊んでもらってのびのびと発育してもらいたいものです。そのためには、お子さんの年齢に合わせたおもちゃ選びが必要です。楽しく遊んでもらうために、それぞれの年齢のお子さんが興味を持てる幼児向けおもちゃの選び方と、おすすめのおもちゃをまとめました。

2歳児には創造力をはぐくむ遊びを

子供 おもちゃ

出典:https://www.amazon.co.jp/

2歳ごろの幼児になるとお子さんに自我が芽生えはじめ、イメージをふくらませたり自分が好きなことがわかってきたりします。この時期に選ぶおもちゃは、お子さんの創造力を働かせるものや自分でやりたいという好奇心を満たすもの、好きなものだけに偏らずにたくさんのことに興味が持てるものといった選び方をしましょう。

この時期のおもちゃとしてはブロックがおすすめです。組み合わせ次第でお子さんがイメージしたことを自由に形にすることができます。【株式会社学研ステイフル】ニューブロック たっぷりセットならたくさんのブロックでいろいろなものを作ることができて、素材も柔らかいので安心です。

周りの人のまねをしたくなる3歳児

子供 おもちゃ1

出典:https://www.amazon.co.jp/

3歳のころになると、周りの人やテレビのキャラクターがやっていることをまねしたくなる時期を迎えます。またチャレンジしたい好奇心も旺盛ですから、簡単なパズルやクイズなども喜んで遊んでくれます。

この時期に生活習慣についてしつけをしたいなら、周りの人やキャラクターが楽しんでやっている様子を見せればそれを真似してくれて、自然とチャレンジしてくれるようになるのです。この時期にはママのまねができるおままごとセットなら楽しく遊んでくれそうです。【ウッディプッディ】はじめてのおままごと サラダセットは幼児向けに簡単に野菜のおもちゃを切ったり皮をむいたりといった体験ができます。

4歳児は楽しく勉強準備を始める時期

子供 おもちゃ2

出典:https://www.amazon.co.jp/

周りのさまざまなことに興味を持ち、「あれは何だろう?」という疑問もたくさん生まれるようになるのが4歳ごろの幼児です。例えば周囲のものやひらがなの読み方など、大人にいろいろな質問を投げかけるようになるのもこの時期です。

また幼稚園に上がって自分の身の回りのことや遊びなど自分ひとりでできるようにもなってきます。この時期には文字を自分で組み合わせて言葉にするおもちゃを選んでみるといいでしょう。【株式会社アーテック】NHKパッコロリン♪プレイブック・ひらがなキューブは四角いキューブにひらがなが書かれていて、自由に組み合わせて言葉を作ることができます。

自分で考える機会を5歳児に与えてみる

子供 おもちゃ3

出典:https://www.amazon.co.jp/

どんどん自分で考えることができるようになる5歳ごろには、新しい発見を求めるため今までの簡単なクイズやおもちゃでは物足りなくなってきます。自分で考えてゲームを進めて勝ち負けを感じられるものはお子さんの頑張る気持ちを後押ししてくれるでしょう。

さらにひらがなを読むだけではなく書くことにも興味が出てくる時期です。この時期には楽しく遊べるゲームのおもちゃを与えてみましょう。【株式会社くもん出版】NEW スタディ将棋は駒に進め方が書いてあるため簡単に始められ、自分で考えてゲームを進めていけるおもちゃです。

6歳児には学ぶことの楽しさを感じさせる

子供 おもちゃ4

出典:https://www.amazon.co.jp/

小学校に上がる直前の6歳ごろには、もっとたくさんのことをひとりでやったり考えたりできるようになります。遊んでいるときに文字や数がわかればもっと楽しくなることや、自分でコツコツと続けることを身につけ、どんどんできることが増えてくるのです。

この時期にはもののしくみを考えられるようなおもちゃや文字や数の勉強を準備する教材を与えてみるのもいいでしょう。【株式会社増田屋コーポレーション】脳トレゲームジャマイカは、黒いサイコロに書かれた数に合わせて白サイコロの数を考えるゲームで、数の計算力を養うことができます。

まとめ

お子さんの成長は早いものですから、興味や関心を持てるおもちゃのタイプが変わるのもすぐです。成長に合わせたおもちゃを選んであげると、その時期のお子さんの気持ちに応えられるようになるでしょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事