働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

208

ママが育児で感じる孤独は解消できる!おすすめの方法を紹介

育児の孤独感を解消する方法としては、ママ友のグループや育児サークルなどに所属するのがおすすめです。外出できない場合はSNSを活用すると良いでしょう。また視野を広げてみると、自分が一人ではないと感じられることがあります。保育士や近所の住民など、意外と多くの人が子供に関わっていることに気付くからです。

孤独を感じるのは何故?

ママ 孤独4

育児をしていると孤独感に苛まれることがあります。では何故子供と一緒にいるのに孤独を感じるのでしょうか。孤独感を解消するには、まずその理由を知る必要があります。

育児は思い通りにならないのが普通です。駄々をこねる子供にお手上げになってしまうことも多いでしょう。途方に暮れてしまい、ふと周囲を見ると助けてくれる人は誰もいません。自分で何とかするしかなく、強烈な孤独感を覚えるのです。

まだ夫が協力的な場合は、それほど孤独を感じずに済みます。しかし育児に関心を持たず、手伝ってくれない場合は非常に辛くなることがあります。このように身近な人に理解してもらえないことで、改めて孤独感を深めてしまうというサイクルに陥りがちなのです。

グループに所属する

ママ 孤独3

孤独感の解消に効果的なのは、自分が一人ではないと感じられるシチュエーションを増やすことです。育児が忙しいと、自分と子供だけの世界に閉じこもりがちになってしまいます。そんなときは、所属できるグループや組織を探すと良いでしょう。働いているママの場合は勤務先がありますが、あくまでも労働者として所属しているので除外して考えた方が良いでしょう。気軽にプライベートな話ができる関係が望ましいです。

最も簡単なのは、ママ友のグループに入ることです。近所の公園に子供を連れて行ったり、町内会の親子イベントに参加したりすると、他のママと知り合う機会が増えます。自治体が主催する子育て教室や育児サークルへの入会もおすすめです。同じ境遇のママが多く参加しているので、孤独を感じにくくなるでしょう。

SNSを活用する

ママ 孤独1

子供が幼い間は、自由に外出できないことが多いです。そのため、他の人と接する機会を増やすのが難しい人もいるでしょう。そういう場合はスマートフォンを活用してみてください。現代はSNSが普及しており、自宅にいながらにして、他の人と気軽にやりとりを行えます。スマートフォンを手放せなくなるほど依存してはいけませんが、適度に利用することにより孤独を減らせるでしょう。

SNSのカテゴリーの中には、育児関係のものも多く存在します。自分の好みやセンスに合うところを見つけましょう。育児の悩みなどを書き込めば、多くの人に共感してもらえることがあります。このようにオンライン上で同じ境遇の人達と交流をしていれば、自分は一人ではないと感じられます。

視野を広げる

ママ 孤独2

孤独の感じ方には個人差があります。冷静に考えてみると、必要以上に孤独感を感じていることはありませんか。自分が孤独だと思う場合は、一度視野を広げてみることをおすすめします。子育ては社会全体で行うものである、という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。どのような場合でも、子供は母親だけの力で育てられるのではありません。

たとえば働くママの場合、平日は保育園の保育士の方が子供と接する時間が長いですよね。その他にも短時間ですが、近所の住民に頭を撫でられたり、店員に挨拶をされたりするなど、意外と多くの人と接しているものです。これら全ての関わりが、子供の人格形成や成長に繋がっています。このような周囲の人達と子供の関係も視野にいれましょう。そうすれば、自分だけが子供に関わっているのではないと分かり、孤独感が増えるのを防げるでしょう。

まとめ

以上の方法は育児の孤独解消に役立ちます。しかし、なかなか上手く解消できない場合もあります。孤独感が酷くなると、うつ病になってしまうこともあるので注意が必要です。孤独感が少しも減らない場合は、メンタルクリニックや保健センターなどに相談した方が良いでしょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事