働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 9008

乳幼児を抱えるママ必見!気になる幼稚園の費用とは

子供が3歳を迎えるころ、多くのママがさまざまな幼稚園を見学したり下調べをしたりしますよね。見学に行くと園庭が広かったり、子供が楽しそうに遊んでいたりと魅力も多い幼稚園ですが、実は費用も結構かかるのです。特に公立ではない「私立の幼稚園」は、こんなことにもお金を取られるの!?といったことも多くあります。今日は私立幼稚園を中心に、必要な費用についてまとめてみました。

私立幼稚園、月謝はおよそ3万円が相場

幼稚園には大きく分けて、市区町村が運営する「公立」幼稚園と、民間である「私立」幼稚園に分けられます。

働く親を支援するために保育園の場合は、ほぼすべての市区町村に公立保育園があります。しかし幼稚園の場合はあくまで義務教育の前の集団保育といった認識が強く、必ずしも公立幼稚園が必要といった考えが根付いているとは言い難いのです。そのため公立幼稚園の数は非常に少なく、私立幼稚園を選択するしかない区市町村もあります。

公立幼稚園の場合、月謝平均は約15,000円程度が相場ですが、私立幼稚園の場合は約二倍の30,000円となります(給食費含む)。私立幼稚園を選択すると、月謝だけでも年間約35万円程度必要ということになります。

入園金に制服代、区市町村の援助がないとかなりキツイ!

毎月の月謝が30,000円、それならばなんとかやりくりしていけば大丈夫、そう思うかもしれません。

しかし幼稚園は入学の時に大変お金がかかります。私立の場合、その多くが園指定の制服や体操服などを着用し、入園金も準備しなくてはなりません。制服や体操服を一式購入すると、その金額はおよそ5万円から10万円ほどかかり、入園金も3万円から園によっては10万円以上必要な幼稚園もあります。

ちなみにすべての自治体で「私立幼稚園就園奨励費補助金」をもらえる制度があるのですが、入園金の補助金としてもらえる額は自治体によりまちまちです。10万円補助してもらえるところもあれば、いくら入園金が高くても1万円程度の補助金しかもらえない自治体もあります。

幼稚園の通園バス、毎月バス代がかかります

可愛らしいデザインの幼稚園バス。子供が幼稚園バスで毎日通園してくれたら、雨の日でも乳幼児を抱える親でも負担が軽くなりますよね。

しかし幼稚園バスは通常月謝に含まれず、毎月バス代として別途費用がかかります。その額は平均3,500円です。しかも夏休みなど長期休暇の間でも、車検やメンテナンス費用としてバス代がかかることが多いようです。このバス代だけでも年間に40,000円以上かかることになりますから、すこしでも幼稚園にかかる費用を削りたい場合は、バスを利用しない方が良さそうです。

遠足に運動会、クリスマス会、行事ごとにお金がかかる

幼稚園と言えば季節によってさまざまな行事を行います。春は遠足、夏はプール、秋はお芋ほり、冬はクリスマス会など。しかし行事の度に「お土産代」「場所代」「運営費」などがかかり、こまごました請求をされるのが一般的です。5,000円以上の請求額が来ることはまずありませんが、卒園式といった一大イベントになると、卒業アルバム製作費、謝恩会費などで10,000円以上の諸経費を払う必要もあります。

私立幼稚園ならば、習い事はあまり負担をかけないのがポイント

このように何かとお金がかかる幼稚園、毎月の月謝が30,000円、バスを利用すればそれに毎月3,500円、そして行事などの諸経費に毎月1,000円程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。

実はこれ以外にも子供に習い事をさせると、毎月プラス10,000円程度の負担が生じることになります。最近では習い事が幼稚園に併設されていることも多く、幼稚園が終わった放課後に教室でピアノが習えたり、体育館で体操教室を教わったりすることもできます。

通常の習い事に比べて送り迎えの必要もなく、仲良しの友達が習っているとつい習い事もさせたくなるママもいるでしょう。しかし子供にかかる費用をトータル的に見ると、その額は毎月45,000円ほどにもなります。本当にその習い事が必要なのか、見極めることも大切です。

まとめ

私立幼稚園にかかる費用は、思った以上に高いと感じた方も多いのではないでしょうか。

公立幼稚園に比べると、制服が可愛い、保育内容が工夫されている、といったメリットも多いようです。しかし費用で比べると公立幼稚園の約二倍必要になり、小学校入学前にして子育てにとても費用がかかることが分かります。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事