働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

352

働くママにはどちらがおすすめ?保育園と幼稚園の違いについて

働くママにとって子供の預け先をどのように選ぶかは悩ましい問題ですよね。3年保育の預け先を、保育園にするか幼稚園にするかで迷っている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなママのために保育園と幼稚園の違いや特色についてまとめました。

保育園での過ごし方

ママ 幼稚園 保育園3

保育園では児童福祉法の考え方に基づいて家庭的な保育が行われています。

登園した子供たちは戸外や室内で自由遊びをして、10:00前後にクラス別の保育を行うのが一般的です。昼食は栄養バランスのとれた給食を食べさせてもらえるので、働くママにとっては心強いですね。

ただし、休日やお盆、園の行事など特別にお弁当が必要になる日があるかもしれません。昼食後はお昼寝をして、起床後はみんなでおやつを食べて自由保育となります。

夕方以降はお迎え順に随時降園となり、18:00前後から延長保育、19:00~19:30頃に保育時間が終了するのが一般的なタイムスケジュールです。一部では20:00頃までお迎えが可能で、夜食に対応してもらえる保育園もありますので、残業が多いママの場合には選択肢の一つとなるかもしれませんね。

幼稚園での過ごし方

ママ 幼稚園 保育園2

幼稚園では学校教育法に基づいた心身の発達を促す保育が行われていて、子供たちは登園すると自由遊びを経て10:00前後にクラス別の保育に入ります。

キリスト教系の幼稚園などでは朝の礼拝が行われることもあります。

また、多くの幼稚園では園バスが運行されていますので、自宅近くのバス停まで送迎してもらえるのが助かりますね。昼食についてはすべてお弁当だったり、週に2~3日給食の日があったりと、幼稚園ごとに異なりますので確認しておくとよいでしょう。

昼食後は自由に遊び、14:00~15:00頃に降園となります。延長保育では降園後におやつを食べ、自由遊びをしたり課外プログラムをしたりして過ごします。幼稚園によっては体操教室や英会話、サッカーやバレエなど選べるプログラムを提供しているものもあり、選択の幅は広いといえるでしょう。

保育園と幼稚園の違いについて

ママ 幼稚園 保育園4

保育園では家庭的な雰囲気の中で過ごすことが重視されていますので、午後にはお昼寝の時間が確保されていて、比較的ゆったりとしたペースで過ごすことができます。

フルタイムで働く保護者の比率が高いため、お迎えの時間帯も夕方以降にまとまっている傾向があります。一方、幼稚園については14:00~15:00頃に一度降園して、引き続き延長保育を利用することになります。そのため、昼食後のお昼寝の時間は設けられていません。

延長保育ではおやつを食べた後で自由遊びをしたり、体操や英会話など課外プログラムに取り組んだりするのが一般的です。働くママにとってポイントとなるのは、昼食と延長保育ではないでしょうか。保育園では昼食は給食が基本となりますが、幼稚園ではお弁当の比重が高めです。

また、延長保育は別料金となりますので幼稚園で毎日延長保育を利用すると、保育にかかる費用が増えることを心に留めておくとよいでしょう。

個別の要素も考慮が必要

ママ 幼稚園 保育園5

保育園と幼稚園では1日の過ごし方や延長保育のしくみで違いがあることが分かりました。

しかし、実際に預け先を決めるときには、このほかにも検討しなければならないことがあります。
例えば、お迎えのしやすさと保育時間は大切なポイントです。

幼稚園や保育園はお迎えに便利な立地を選ぶ方が、ママにとっても子供にとっても負担が軽くなりますし、仕事が終わるまでの保育時間をカバーできることも確認しなければなりません。

さらに、家庭の教育方針と子供の性格についても考慮したいものです。家庭の方針として課外教室でさまざまなレッスンを体験させたいと考えているときには幼稚園が候補になりますし、ゆったりと家庭的な雰囲気で過ごさせたいと考えているときには保育園が候補となるでしょう。子供がどちらに向いているかも考慮して決めてあげたいものですね。

まとめ

家庭に近い過ごし方ができる保育園と知育活動も取り入れて活発に遊べる幼稚園、それぞれに特色があることがわかりました。施設の立地や仕事との兼ね合い、子供の性格や家庭の教育方針などを総合的に考慮してよい選択ができるといいですね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事