働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

688

2年保育と3年保育の違いって?早生まれはどちらがおすすめ?

幼稚園には、満3歳から入園する3年保育と満4歳から入園する2年保育があります。早くから集団生活に慣れさせたい人は3年保育、子供と一緒の時間を長く過ごしたい人は2年保育を選ぶ傾向があります。

3年間の成長が楽しみ!3年保育

ママ 2年保育1

私立幼稚園で主流となっているのが3年保育です。地域によっては、公立でも実施している幼稚園があります。4月の時点で満3歳になっていることが入園の条件で、年少・年中・年長と3年間を幼稚園で過ごします。下の子がいるママ、働きに出たいママ、自分の時間がほしいママにとって、3年保育は助かりますね。一人っ子や近所にお友達がいない子でも、幼稚園に通うことによって社会性を高めることができます。年少からの入園は、最初は泣いたりして大変かもしれません。でも、だんだん先生やお友達にも慣れて、幼稚園の出来事をいろいろ話してくれるようになりますよ。3年間の行事を通して、子供の成長をより感じることができるでしょう。幼稚園は、保育園に比べると短時間の保育になりますが、子供と離れる時間ができることでママのリフレッシュにもなります。

幼稚園激戦区では、3年保育に入園するにも並んだり抽選したりと大変なこともあります。ですが、入ってしまえば3年間安泰といえるでしょう。中には、4年保育のある幼稚園を選ぶママや、週に何度かプレ幼稚園に通わせるママもいます。

子供もしっかり!安心感のある2年保育

ママ 2年保育4

2年保育で入園する場合は、4月の時点で満4歳になっていることが条件です。年中・年長の2年間を幼稚園で過ごします。2年保育を選ぶ理由は、人それぞれ。よくあるのは、経済的な理由で公立に通わせたいけれど、近所の公立が2年保育しか実施していないので必然的に2年になったというケースです。この場合、皆が同じく年中からスタートするので安心感がありますね。募集人数も多いので、入りやすい状況です。一方、年少から募集している幼稚園に年中から入る場合、募集人数が若干名となるので難しいこともあります。それでも、「もう少し子供と一緒の時間を楽しみたい」と、あえて2年保育を選ぶママもいます。3年保育に通う子が多い地域では、一緒に遊ぶ同年齢の子が少なくなってしまいがちですから、児童館の親子クラブなどに通って過ごすと良いでしょう。また、集団に馴染みにくいタイプの子は、習い事などの小集団で徐々に慣らしていくのもひとつの手です。年中から入園するとある程度しっかりしているので、先生の話も理解しやすく、幼稚園にも馴染みやすいのがメリットといえます。

早生まれにおすすめなのは、2年保育?3年保育?

ママ 2年保育3

早生まれの子は、2年保育と3年保育、どちらが適しているのでしょうか。たとえば3月生まれの子が3年保育に入園する場合、3歳になりたてで入園することになります。一方、4月や5月生まれの子はすぐに4歳になります。1歳近い開きがあるということですね。大人の1歳はそれほど差がありませんが、小さいうちの1歳は心身の発達に大きな差が出てしまいます。そのため、幼稚園に早くから入れるのは心配だということで、2年保育を選ぶママもいます。また、まだオムツがはずれていない子もいるかもしれません。オムツNGの幼稚園もあるので、確認が必要です。「オムツでも大丈夫ですよ!」という幼稚園に通うのであれば、お友達の様子に触発されてオムツが自然にはずれていくといったメリットもあるでしょう。他の面でも、集団の中で切磋琢磨してたくましく成長していくことができますね。最初のうちは、周りから遅れをとってしまうこともあるかもしれませんが、先生もきちんとフォローしてくれますよ。

まとめ

2年保育と3年保育、どちらにもそれぞれのメリットがあります。ママの気持ちや状況、お子さんの様子を考慮しながら選んでください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事