働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2928

幼稚園受験を成功させるために!園の選び方と受験の心得・準備

幼稚園受験を成功させるためには、まず、受験する幼稚園の方針などを理解しておくことが重要になります。その上で、入園説明会へ行き、確実に願書を提出します。幼稚園の選び方は、パンフレットだけなく、実際に現場に行って話を聞いてみて判断することをおすすめします。

まずは幼稚園選び!選ぶポイントとは?

幼稚園受験をする場合は、まず受験するターゲットとなる幼稚園を決める必要があります。

幼稚園が家から近いかどうかといった点も考慮する必要はありますが、あえて受験して入園するわけですから、園の教育内容で決めることがより大切なポイントとなるでしょう。幼稚園によって、指導する内容や教育の方針は違います。まずは候補となる幼稚園が何に力を入れているかを探る必要があるでしょう。

例えば、英語教育に力を入れている園もありますし、自由に遊ぶことを主な方針としている園や文字教育を主体とした指導を行っている園もあります。

幼稚園には、文部科学省が「園児が健康に過ごすこと」や「人間関係を構築できること」、さらには「環境、言葉そして表現」について定めた幼稚園指導要領5領域がありますが、それをクリアした上で何を中心に指導していくかについては裁量の余地があるのです。

そのため、その中心が何かを調査しておくことが重要になります。パンフレットでわかることもありますが、実際に現場に行って先生の話を聞いたり、その園に通っている保護者にヒアリングしたりするとより正確に把握できるでしょう。

幼稚園を受験するにあたって必要な手続き

幼稚園受験をするためには、候補をピックアップした上で受験する幼稚園を絞る作業をはじめとして、実際の受験に備えて過去問題を入手し園の方針などを踏まえた受験対策もしなければなりません。

しかし、準備すべきことはそれだけではありません。幼稚園受験をするためには、さまざまな手続きを行う必要があります。

まずは、幼稚園が主催する行事や入園説明会への参加です。多くの幼稚園は、6月から9月にかけて入園説明会を開催します。園の先生方を見て直接話が聞けるチャンスですので、受験候補となる幼稚園の入園説明会に行くことを忘れないようにしましょう。主催行事としては運動会やバザーなど園を一般開放する行事があげられます。こういったものに参加すると、その園の雰囲気などを確認できるでしょう。

受験する幼稚園が決まったら、残る手続きは願書の提出です。受付期間が短いこともありますので、確実に願書を提出できるようにスケジュール管理をしっかり行うことがポイントです。

中には、直接持参することは受け付けておらず郵送のみの場合もありますので、説明書をよく確認しておきましょう。

幼稚園受験に成功するための心得とは?

子供が幼稚園受験に成功するための心得として大切なポイントは、受験する幼稚園の考え方や指導方針を正しく理解して臨むことです。

受験する幼稚園が狙っている方向性を知らなければ、仮に受験対策をしても方向性がずれてしまう可能性があり、無駄な努力となってしまうでしょう。

まずは受験する幼稚園に関する情報をしっかり集め、どんな対策が有効かを検討することが大切になります。まずは、その幼稚園が開設された経緯と建園の精神を知ることです。会社でいえば企業理念にあたるものですので、この部分をしっかり把握しておくことが重要です。

その上で、園の歴史や特徴を理解すると効果的な受験準備につなげられるでしょう。もちろん、過去の試験問題を入手して準備をすることも欠かせない準備項目です。受験の準備は大変な作業になりますので、できる限り早くから準備を始めることをおすすめします。

まとめ

幼稚園受験は、やることがたくさんあります。子供の成長と受験成功のためにも、できる限りの準備をして臨む努力が大切でしょう。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事