働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1232

幼児英語教育【東進こども英語塾】の新しい学習法

子供の習い事の中でも特に人気なのが英語教育。どのスクールを選べば良いのか分からず、どのような特徴があるのか気になっているママも多いはず。今回は東進ハイスクールや四谷大塚で知られている東進グループの中の【東進こども英語塾】をご紹介します。

【東進こども英語塾】ってなに?

toshin1

意外と知っているママが少ない【東進こども英語塾】は2010年に開校された3歳から12歳までの子供を対象にした英語教室です。

3歳から6歳の幼児はK1、K2、K3コースに分類され、アルファベットや単語などを楽しみながら学習します。小学生からは英語を使って算数・理科・社会を学び、英語を使って自分の気持ちを伝えられることを目指します。

レッスンはオールイングリッシュで行われ、幼児期から生きた英語に触れることができます。

45年以上にわたって世界150以上の国で親しまれてきた「セサミストリート」を教材にしたセサミストリートイングリッシュ
セサミストリートイングリッシュ」は子供の成長に合わせて、東進とセサミワークショップがこどものために開発した英語学習教材です。かわいくて面白いキャラクターに子供が興味を持ってくれるので、楽しく英語に取り組むことができます。

月謝は週1回で8,000円、週2回で15,000円です。四谷大塚教室・早稲田塾教室のみネイティブプログラムがあり、こちらは週1回で15,000円、週2回25,000円となっています。

▶料金の詳細はこちら

IT技術を駆使したレッスンで幼児も飽きない!

toshin

【東進こども英語塾】のレッスンはインターネットをつないだTVで行われます。
先生とのやりとりだけでなく、レッスントピックにまつわる映像を見たり映像に合わせて体を動かしたりと、じっとしてられない子供でも飽きずに英語を学ぶことができます。タッチパネルを使ったゲームもあり、楽しみながら英語を学べるので子供が夢中になれる構成になっているのもポイント。ゲームをする中でお友達との順番を守ったり、英語でじゃんけんをしたりと会話に必要な英語も身に付きます。

レッスンの中には「Show And Share」といった保護者の方が子供の様子を参観することも。ママたちも含めて英語でゲームができて、英語が苦手なママでも楽しんで参加することができます。

また、年に1 度の生徒発表会があり、日頃のレッスンの成果を発表します。学年によってプログラムは様々ですが、舞台上で頑張って英語を話している子どもを見ると感動すること間違いなしです。

いつでもどこでも英語教育ができるインターネット学習

toshin2

週に1回50分のレッスン以外にも、自宅でも英語のシャワーを浴びることができるのが【東進こども英語塾】。私の場合このホームレビューが決め手で【東進こども英語塾】に通わせることにしました。

インターネット学習「ホームレビュー」は、東進こども英語塾独自のシステムです。「いつでも」「ご家庭のパソコンで」「ネイティブの良質な英語に触れられる」ようにしています。
【東進こども英語塾】はホームレビューにより、教室のレッスンに使われた映像教材に繰り返し触れて定着を高め、さらに、アメリカで子供たちに大人気の教育番組を通じて、英語習得に必要なインプットを増やします。

毎回レッスン後に公開されるホームレビューを見ることによって、子供が忘れる前にレッスンの復習ができるのが特徴です。また、アメリカで人気の子供向け番組を見ることでネイティブの表現やナチュラルスピードに慣れることができます!

ホームレビューはPCはもちろんスマートフォンからも見れるので、ママのご飯の支度中にも、お出かけ先の待ち時間にも。いつでもどこでも英語学習ができるので子供も英語に親しみを持ちやすく、抵抗なくネイティブ発音ができるようになります。

このホームレビューで覚えることも多く、レッスンで習ったワード以外の英語もふとした時に子供の口から出てくることが多々あるので、毎日英語に触れることの大切さを実感しました。

ハロウィーンやイースター…季節ごとのイベントも豊富!

東進こども英語塾 幼児 英語教育

海外ではお馴染みの季節イベントも日本ではなかなか体験する機会は少ないですよね。【東進こども英語塾】ではイースターやハロウィン、クリスマスなどのイベントが豊富に開催されています。
イベントではもちろん英語を使って皆でゲームをしたり、工作をしたり、ケーキを食べたりします。ハロウィンには仮装コンテストがあったりと楽しい企画が盛りだくさん!

私はバースデーイベント帰りの子供に、海外ではお誕生日ケーキのろうそくを消す前にお願い事をすることを教えてもらい、こうしたイベントを楽しみながら子供の興味を広げていくことが大切だと思いました。自分が住む場所以外の風習を知ること、体験をすることでより英語を学ぶ意欲が湧いて知識が広がっていくようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
インターネットを通して毎日英語に触れることができる新しいタイプの英語教室が【東進こども英語塾】。気になった方はぜひ体験レッスンを受けてみてくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事