働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

432

一緒に歌って絆を深めよう!ママと子供で覚えられる曲 6選

ママと子どものスキンシップを深めるために、一緒に歌を歌うことはおすすめです。そして、そんな時間にはママの好きな歌を子どもに覚えてもらえるとうれしいのではないでしょうか。幼稚園くらいの小さな子どもでも覚えられるポップスや歌謡曲を中心に、親子で歌いたい曲を選んでみました。

【翼をください】

ママ 歌3

名曲中の名曲です。日本人なら、生まれ育っていつの間にか覚えているくらい、知らない人はいないのではないでしょうか。希望に満ち溢れた歌詞は子供に向けたメッセージとしても深く突き刺さるでしょう。小さな子どもへのおすすめポイントはメロディーの歌いやすさ。こんなにも美しい曲なのに、メロディーのパターンは少なくて覚えやすいのです。子どもの歌唱力トレーニングにもなるのではないでしょうか。

【365日の紙飛行機】

ママ 歌5

AKB48のシングル曲です。AKBのようなアイドルグループといえばもっとノリノリのダンスナンバーのイメージが強く、あまりバラードの印象は残っていないことでしょう。しかし、この曲はなんとなく知っている人は多いのではないでしょうか。それもそのはずで、NHKの連続テレビ小説主題歌として毎朝放送されていたからなんですね。幼稚園や保育園に子どもを連れて行く準備をしたり、朝ごはんを食べたりするときにBGMのように流れていたはず。穏やかな曲調も歌いやすくておすすめです。

【にんじゃりばんばん】

ママ 歌4

テレビアニメの主題歌を担当するなど、きゃりーぱみゅぱみゅは子どもに大人気。その理由は、まず名前やビジュアルの面白さ。子どもはなんといっても分かりやすいものが好きな生き物です。そして、個性的な楽曲。中田ヤスタカさんが手がけるオリジナリティーあふれる言葉のセレクトは、意味が分からなくても耳に残ってしまいます。幼稚園でのお遊戯のBGMにきゃりーぱみゅぱみゅを使うところも多く、子どもにもなじみのある歌手だといえるでしょう。

【PERFECT HUMAN】

ママ 歌9

出典:http://natalie.mu/

流行ものも子どもは大好き。RADIO FISHの大ヒットナンバーはテレビやラジオで大量にオンエアされていたため、覚えている子どもも多いでしょう。しかし、この曲を歌うときに難関となるのがラップ。そこで、カラオケに行ってラップ部分はママが担当してあげることをおすすめします。そして一番歌っていて楽しい「I ‘M A PERFECT HUMAN」のフレーズを子どもに譲ってあげましょう。親子で盛り上がること間違いなしです。

【ようかい体操第一】

ママ 歌1

出典:http://www.eiga-yokai.jp/

子どもが大好きなアニメソングをママも一緒に覚えると、子どもが喜んでくれるでしょう。まずは子どもたちに大人気の『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ。幼稚園のお遊戯の定番曲でもあります。振り付けも一緒に踊ってあげると、子どものテンションは最高潮になるでしょう。

【アンパンマンのマーチ】

ママ 歌2

出典:http://topicks.jp/

そして、変わらない人気を維持しているのがアンパンマンです。ママの中にも小さい頃にアンパンマンを見て育った人はいるでしょう。オープニングテーマである「アンパンマンのマーチ」は何十年も子どもたちの心をとらえてはなさない名曲です。この機会にじっくりと歌詞の意味をかみしめながら歌ってみるのがおすすめ。小さい頃は聞き逃していた深さが、胸にしみるはずです。子どもにもいつか、歌詞の深さがわかる日がくるのでしょうか?

まとめ

子どもと一緒に歌える曲の特徴は、覚えやすいことと、聴く機会が多くなじみがあることです。ここで挙げた曲以外でも、家や車の中でよく流れていて子どもが覚えている曲があれば、どんどんレパートリーに取り入れましょう。語彙力がまだまだ少ない子どもとコミュニケーションを可能にしてくれる音楽は、本当に素敵ですね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事