働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

728

保育園で人気があるのはどんな歌?ママも一緒に歌っちゃおう!

保育園で歌う歌は、季節や行事にちなんだ童謡・唱歌、手遊び歌や動作つきの歌、ノリノリで歌って踊れる体操の歌などがあります。ママが知っている歌もたくさんあるので、一緒に歌って楽しむことをおすすめします。

ママにもお馴染み!季節や行事の歌

ママ 歌遊び2

出典:https://www.instagram.com/p/BJ8xazAg9hn/

保育園では、先生のピアノに合わせて歌う、歌の時間があります。大きな口を開けて、音程を気にすることなく元気いっぱい歌っている子供たちは本当にかわいいですよね。保育園で覚えた歌を、家の中でも口ずさんでいることも多いでしょう。保育園では、一体どんな歌を歌うのでしょうか。

よく歌われるのは、季節や行事にちなんだ歌。昔からある童謡や唱歌などで、ママも子供のころに歌ったことがあるはずです。

春は【チューリップ】【ちょうちょう】、夏は【うみ】【花火】、秋は【ちいさい秋みつけた】【まっかな秋】、冬は【ゆき】【たき火】などが定番です。行事にちなんだ歌は、【こいのぼり】【七夕】【うれしいひなまつり】【豆まき】がよく歌われます。こいのぼりやひな人形など製作物を作って、歌と関連づけることもできますね。子供たちは、歌を通して日本の移ろいゆく四季を実感することができます。ママも童心に返って、ぜひお子さんと一緒におうちでも歌ってみてください。

振り付けつきの歌で楽しさアップ!

ママ 歌遊び3

出典:https://www.instagram.com/p/BJ7mRFqhdqj/

手遊び歌や動作、振り付けをつけた歌も子供は大好きです。【大きな栗の木の下で】には、「あなたと私」「仲良く遊びましょう」というフレーズが出てきます。お友達と向かい合わせでペアになって振り付けを行えば、仲良し度もアップ。もちろん、家庭ではママと一緒に楽しむこともできますね。【あたま・かた・ひざ・ポン】も定番の手遊びソングです。単純明快で、幼い子にもわかりやすい歌詞と振り付けが人気の秘密でしょう。保育園によっては、決まった曜日に外国人の講師を呼んで英語教育を取り入れている所もあります。

「日本語もままならない小さい子に、英語を教えるのって難しいのでは?」と思うかもしれませんが、歌に乗せるとスムーズに英語に馴染むことができます。【あたま・かた・ひざ・ポン】の英語バージョンともいえるのが【Head, Shoulders, Knees and Toes】。頭からつま先まで使用するので、なかなか慌ただしい動作となります。でも、子供にとってはそれも楽しみのうち。さらにテンポアップすると楽しさも倍増します。英語にも、無理なく自然に親しむことができますね。

ノリノリ!歌って踊る体操の歌

ママ 歌遊び1

出典:https://www.instagram.com/p/BJ77-Kugi4R/?tagged=%E3%81%8B%E3%81%88%E3%82%8B

体操も歌に合わせて行うことで、楽しくリズムよく行うことができますね。日本には、昔から【ラジオ体操】という音楽に合わせて体操する習慣があります。ママも夏休みや体育の授業で経験したことがあるでしょう。音楽に合わせて体操すると、周りのみんなとの一体感も生まれますね。そんな【ラジオ体操】の幼児バージョンが、【かえるのたいそう】です。

「いちにさんし」のかけ声とともに、体をそらしたり伸ばしたり、ジャンプしたりといった体操の動作が組み込まれています。「ふりかえる」「かんがえる」などのダジャレの歌詞には、ママも思わずニンマリさせられます。子供たちに大人気の体操の歌が、【エビカニクス】。キャッチーな歌詞とメロディーが、一度聞いたら忘れられません。この歌で踊ると、とにかくノリノリになります。エビは腰を折り曲げる、カニは正面を見てカニポーズと動作は単純ですが、エビとカニが何度も繰り返される箇所があり、けっこうハードな体操になっています。お子さんと一緒に歌って踊れば、ママにとってもいいエクササイズになりますよ。

まとめ

お子さんが保育園で覚えてくるたくさんの歌。ぜひ、ママも一緒に歌って楽しみましょう。仕事や育児のストレス解消にも効果的です。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事