働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

200

幼稚園・保育園に通う時に知っておきたい「補助金制度」

幼稚園や保育園に通園する際に、補助金制度を利用することができれば、経済的な負担を軽減させることが可能です。補助金を受けることができる条件は、各自治体の制度内容や申請者の家庭状況、収入などによって変化します。

幼稚園、保育園に通う際に適用される「補助金制度」とは

kids scholar 1

子供を幼稚園や保育園に通わせたいと考え始めたときに、保育料にかかる費用について考える方は多いです。そこで、ママが知っておきたいのが、幼稚園や保育園に通う時に適用される補助金制度についてです。

補助金制度は、幼い子供を持つ家庭の経済的負担を軽減させることを目的に、国や各地方自治体によって設けられています。その内容や、補助が受けられる金額は、国による制度を利用するのか、自治体の制度を利用するのか、幼稚園と保育園のどちらに通うのか、申請者の扶養する親族に19歳未満の子供が何名いるのかなど、多くの条件によって変化します。

あらかじめ、利用する制度のことを詳しく調べ、どの制度が自分たちの家族に適しているのかを知っておくことが大切です。

補助金を受けることができる条件とは

kids scholar 2

補助金制度が適用される条件は、申請者の世帯状況や収入などによっても左右されますが、共通するものとしては「通っているもしくは通わせたい幼稚園、保育園がある自治体に住民票があること」が前提条件となります。

それに加え、子供を扶養している保護者の収入、通わせたい保育所、幼稚園は私立なのか公立なのか、対象となる子供が何番目の子供なのかなども条件に加えられることになります。保護者の収入状況を審査する際には、子供の両親合わせての収入金の提示が必要になる場合もあります。]

しかし、必ずしも両親の住民票が自治体に含まれている必要はありません。単身赴任などによって、父親の住民票が自治体にない場合は、母親名義で申請をおこないます。

補助金申請に必要な書類

kids scholar 3

幼稚園、保育園に通うための補助金制度を利用する場合に、必要な書類として挙げられるのが「家族構成が分かる書類」、「世帯収入が分かる書類」、「振り込み先が分かる書類」が一般的なものになります。申請書の提出後、必要書類の提示が求められ、制度の運営を行う機関から問題ないと判断されると申請書が受理されます。申請書の審査後、補助金の金額が決定されることになりますが、場合によっては申請書の提出後、受理までに時間がかかってしまうことも考えられます。

その間の保証は受けられないことが多いため、あらかじめ確認が必要です。補助金の金額が決定した後、指定された保育料の支払いが求められ、補助金の支払いは後に行われます。

幼稚園と保育園で、制度の体制は異なる

kids scholar 4

補助金制度は、子供が幼稚園に通うのか、保育園に通うのかによっても体制が異なります。幼稚園に通うまたは通園している場合に適用される補助金制度には、【就園奨励費補助金制度】と【保護者負担軽減補助金制度】の2種類が存在します。

就園奨励費補助金は、多くの子供が幼稚園に通えるように、国が制定した制度です。
保護者負担軽減制度は毎月の保育費の軽減するための補助金制度になっており、自治体により制定されています。一方、保育園に通うまたは通園している場合に、補助金制度が適用されるのは、主に無認可保育園(認可外保育園)に通っているケースに限られます。これは、認可保育園とは運営方法が違うことに関係しています。認可保育園では、各家庭の納税金額を元に計算された保育料の支払いが求められるため、各家庭にかかる経済的な負担は一律になるように管理されています。しかし、認可外保育園の場合は、各家庭の経済状況にかかわらず、同額の保育料の支払いを求められるため、家庭によっては負担が重くなりすぎるケースも存在します。

このため、補助金が受けられる制度が整っているのです。保育園で受けることができる補助金制度は、主に【保護者負担軽減補助金制度】になり、毎月の保育費が軽減されるものになります。

まとめ

補助金制度を正しく理解して賢く利用し、家庭の経済的な負担を軽減させましょう。そのためには、自分が住む地域の補助金制度をよく確認しておくことが大切です。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事