働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

176

お金をかけなくても幼児英語教育はできる!おすすめの方法3選

英語が得意な子供になって欲しいけれど高額なお金はかけられない…という場合は、無料英語放送の活用、親自身が教える、英語教育と並行して日本語力向上に努めることがおすすめです。これらの方法を活用すれば、あまりお金をかけずに子供の英語力を向上させられるでしょう。

無料の英語教育放送などを活用すると効果的

kids english 2

世の中には高額な幼児向けの英語教材も数多く売り出されていますが、注意して探してみると無料の英語教材もたくさん見つけることができます。おすすめは、テレビ放送の番組です。大人向けの英語番組だけでなく、子供向けの英語教育番組も多数組まれていますので、テレビ欄をしっかりチェックしてみるとよいでしょう。

幼児向けの番組は、子供達が興味を持って楽しく見られる番組に仕上がっているものが多く、高価な教材にもとひけをとらないレベルのものも珍しくありません。テレビ番組であれば、映像のイメージと結びつけながらシーン別の英語を身につけることにも役立つでしょう。番組の時間帯は、リアルタイムで子供が観ることを想定しているものが多いですが、時間帯が合わない場合は録画しておけば問題ありません。
録画すれば、何度でも繰り返し再生できますのでさらにお得です。子供が集中して見ていない時でも、何気なく英語番組から英語が流れている状態にしておくと、英語に慣れる効果が期待できます。

親が英語を教えればコストはかからない

kids english 5

コストをかけずに幼児英語教育をする方法の2つ目は、親自身が先生となって英語を教えることです。この方法には3つのメリットがあります。

1つ目のメリットは、もちろんコストがまったくかからないことです。ただし、親が十分な英語力があればコストはゼロで済みますが、多少英語力に不安がある場合は、自分自身が勉強するためのコストが必要になる可能性はあります。

2つ目のメリットは、親子のコミュニケーションをとりながら英語教育ができる点です。親の表情を見ながら英語を学ぶことによって、実生活に根差した英語を身につけることにつながるでしょう。また、親子のコミュニケーションの時間が増えることも期待できますので、一石二鳥といえます。3つ目のメリットは、子供の英語力のレベルを把握しやすいことです。

子供が新しいことを吸収する能力はめざましいものがあります。そのため、市販の教材を与えているだけだと、いつの間にか教材が簡単すぎるものになってしまっていることもあるのです。その点、親自身が先生となっていれば、子供の能力に合わせた英語教育ができ、効率的に英語能力を伸ばすことが期待できます。

日本語力アップが英語力アップにつながる

kids english 4

出典:https://www.instagram.com/p/BKQcR48g0XB/

ローコストで幼児英語教育を行う3つ目の方法は、日本語教育に力を入れることです。幼児の段階など早い時期から英語教育を始めることは、発音の吸収などの点でメリットが大きいと言われています。

しかし、最終的に大人になって求められる英語能力は、自分の考えをしっかりと伝え、相手とコミュニケーションをとることです。表面的に英語が話せるだけでは、将来において役に立つ英語力につながるとはいえません。

そのため、子供が小さいうちは、英語教育ばかりに気をとられることなく、日本語力の向上も合わせてやっておく必要があるでしょう。

一見、遠回りな方法に感じるかもしれませんが、言語能力の本質を考えれば理にかなっているといわれています。日本語をしっかり話し、日本語で論理的に考えるための教育を幼児の時期にやっておくことをおすすめします。

まとめ

子供が小さいうちに英語教育をすることは大事ですが、むやみやたらと高額な教材に手を出しても見合った効果が期待できるとは限りません。ご紹介したローコストの方法も試してみてはいかがですか。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事