働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

160

もらえるお金は280万円以上!?出産と育児の給付金まとめ

はじめての出産は不安に思うこともたくさんありますよね。そんな不安のひとつには出産と育児にかかるお金のこともあるのではないでしょうか。

妊婦検診や出産前後の入院費用、出産後の育児費用など、たくさんお金がかかりますが、安心しましょう。出産と育児をお金の面で応援してくれる制度もたくさんあります。

出産すると、もらえるお金は58万円以上

childbirth money 1

出産費用は一般的に40~50万円かかります。状況によっては、もっとかかる場合もあるでしょう。結構な金額ですし、不安になりますよね。

この不安を解消してくれるのが出産育児一時金の制度です。赤ちゃんを出産することで42万円が市区町村またはお勤めの会社の健康保険組合から支給されます。また、会社にお勤めの場合には、健康保険組合から数万円を上乗せで支給してもらえる場合もあります。

さらに児童手当が市区町村から支給されます。ミルク代がかかったり、オムツ代がかかったり、さまざまなお金がかかりますから助かりますよね。児童手当の支給額ですが、3歳未満は月額15000円、3歳から中学校卒業までは月額10000円です。所得によって支給額が変動する場合もあります。実際は6月、10月、2月に4カ月分がまとめて支給されますが、支給額は申請した翌月分からになります。申請が遅れると、遅れた分の支給を受けられなくなりますので気を付けましょう。

産休のママは54万円もらえる!?

childbirth money 2

出産は新しい命が誕生する瞬間です。ママは持てる力を振り絞って、いわば命がけで新しい命を生み出します。その準備と療養のために用意されているのが産前産後休業(産休)です。産休は当然のことながら必要なものなのですが、産休の間は仕事もできませんので収入面が心配ですよね。

こんな働くママを応援するのが出産手当金という制度です。産前42日間、産後56日間の産休の間、お勤めの会社の健康保険組合からお給料の3分の2が支給されます。たとえば、お給料が月額25万円だとしたら、約54万円が支給される計算になります。ただし、実際の支給は申請から3~4カ月後になりますので注意が必要です。

育休のママは、なんと170万円!?

childbirth money 4

生まれたばかりの赤ちゃんの成長はとても早いものです。少しずつですが毎日成長があって目が離せません。そんな赤ちゃんの成長をしっかり見届けたいと思うママも多いはず。

そんなママを応援するのが育児休業給付金です。赤ちゃんが1歳になるまで育児休業(育休)を取得できますが、この育休の間のお給料もお勤めの会社で加入している雇用保険で補償されるのです。支給額は育休開始から180日目まではお給料の3分の2、育休開始から181日目以降はお給料の2分の1になります。たとえば、お給料が月額25万円で赤ちゃんが1歳になるまで育休を取得したとすると約170万円が支給される計算です。ただし、育児休業給付金も実際の支給は申請から2~5カ月後となりますので、計画的に家計のやりくりをしていきましょうね。

なお、育児休業給付金や先ほどの出産手当金は会社にお勤めの方が加入している雇用保険や健康保険から支給されます。自営業の方の場合、育児休業給付金や出産手当金の支給が受けられませんので、この機会に雇用保険や健康保険など社会保険を完備している会社へのお勤めを検討するのも良いかもしれませんね。

まとめ

ご紹介した制度は出産と育児について実際にお金の支給が受けられる制度です。これらの制度を活用すると、もらえるお金は280万円以上になります。出産と育児をしていくうえで、とても心強い制度ですよね。しかし、これらの制度は申請しない限り利用することができません。市区町村の役所やお勤めの会社へ忘れずに申請してくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事