働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

112

失敗しない出産のお祝い返しとは?

出産のお祝いを贈ってくれた人々には、真心込めてお返しをしたいですよね。しかしマナー違反をしたり、いらないものを贈ってしまったりすると、せっかくの気持ちが伝わりません。お祝い返しにまつわるマナーや挨拶の基本についてご紹介します。

そもそも出産のお祝い返しとは

mom birthday gift 5

「出産のお祝い返し」は、頂いた出産祝いに対するお礼の品のことを指します。かつては「出産の内祝い」とも呼ばれ、出産祝いをもらった・もらっていないに関わらず親しい人を招き、幸せを分ける意味で食事会や贈り物がされていました。
現在では、出産祝いを頂いた方全員に対し、お宮参りが終わる出産後半月から1カ月くらいを目安にお返しの品を贈ることが一般的です。

贈り物の内容としては、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品類や、タオルや食器などの生活用品が選ばれることが多い傾向にあります。

お祝い返しで気をつけたいマナー

mom birthday gift 4

お祝い返しで気をつけたい点として、まず金額があります。頂いた出産祝いの3分の1、または2分の1程度の金額が望ましいとされています。相手が贈ったものより高価だったり極端に安物だったりすると、気分を害してしまうため気をつけましょう。贈り方は、宅配サービスでも手渡しでも問題ありません。親しい人には気持ちを込めて、手渡しするのも良いのではないでしょうか。

ただしいずれの贈り方でも、のしと挨拶状は必須ですので、忘れないようにしましょう。贈り物の内容で気をつけたいポイントは、食品類を贈る場合は相手の好き嫌いに気を配り賞味期限の長いものを選ぶこと、生活用品の場合は自分たちの趣味を押し付けないことです。自分たちの子供の写真入りなどは、もらった相手が困ってしまう場合があるので、避けた方が無難です。

のしや挨拶状のマナー

mom birthday gift 1

前に周囲の人に確認してみると良いでしょう。挨拶状には、次のような内容を記すことが一般的です。

・無事に出産したという報告、お礼

・頂いた品物へのお礼

・赤ちゃんの誕生日や性別、名前、名前の由来

・親としての抱負や、今後の支援を願う言葉、相手の幸せを願う言葉

なお挨拶状は、白い便箋に黒や青インクを用い、縦型で書いていくことがマナーです。封筒も白無地にし、封はテープではなく糊にしましょう。そして上から「封」などの封字をし、夫婦連名で送付します。

使ってみたい挨拶状の例文

mom birthday gift 2

挨拶状は、マナーを守りつつ真心を込めることが大切です。例えば、次のような文章を参考にしてみてください。

「(時候の挨拶)このたびは、心のこもったお手紙とお祝いを頂き、誠にありがとうございました。無事出産した長男は(由来)という願いをこめ、◯◯と命名致しました。おかげ様で健やかに成長し、嬉しさや驚きでいっぱいの毎日を送っております。ささやかではございますが、お礼のしるしに内祝いの品をお贈りさせて頂きます。時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ」

冒頭の時候の挨拶は、季節に応じて適切な文章を挿入しましょう。そして文章の末尾に夫婦の連名を記し、日付を書き入れます。なお親しい相手であれば、落ち着いた時期に子供を連れて訪問したい旨や、子育ての先輩として今後のアドバイスを請う旨などを書き添えるのも良いでしょう。

まとめ

頂いた出産祝いに、気持ちを込めてお返しするためには、まずマナーを守ることが大切です。贈り物の内容や挨拶文の基本を押さえた上で、相手に喜ばれ、今後の付き合いをより良いものにできるようなお祝い返しをしましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事