働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

168

出産を控えた時、何を着ればいいの?入院時のパジャマ選び

出産を間近に控え産婦人科へ入院することになった時、気になるのが入院時に着るパジャマではないでしょうか。中には妊婦さん用のパジャマを用意してくれる病院もありますが、妊婦さん自身が自分で用意しなくてはいけない病院も少なくありません。どのようなパジャマがマタニティ用として適しているか、パジャマ選びのポイントを紹介します。

授乳するための開閉口があるパジャマが便利!

pregnant pjs 2

妊婦さんは、お腹の中に赤ちゃんを授かっているわけですから、当然お腹が大きくなります。そのため、妊娠前に来ていた服はサイズが合わなくなることがほとんどです。妊婦さんのためのゆったりした服が、マタニティ用としていろいろと販売されていますが、その中のひとつに「マタニティパジャマ」があります。妊婦さんの出産前、出産後を考えて作られているパジャマなので、ゆったりとしたサイズで妊婦さんが着ても窮屈ではなく、着心地のよいサイズに設計されています。

マタニティパジャマの中には、赤ちゃんへすぐに授乳ができるように、胸の部分が開くように作られているものが多くあります。出産後は赤ちゃんに授乳をしなければいけないため、わざわざ服を脱がなくてもいいようになっているのです。冬場に授乳のため服を脱いで上半身だけ裸になるのは寒くて辛いですよね。授乳口のあるパジャマだとわざわざ服を脱がずにスムーズに授乳をすることができるので、とても便利です。

マタニティパジャマは、トップスだけ来ても違和感なし!

pregnant pjs 4

マタニティパジャマは、通常のパジャマのようにトップス、ボトムスふたつに分かれていますが、トップスの部分はワンピースのような丈が長いデザインが多く見られます。それは妊婦さんのお腹の大きさに配慮した、ゆったりとしたデザインのためです。そのためボトムスを着用しなくてもトップスだけで着ても違和感がありません。トップスだけ着用すると、大きくなったお腹に負担をかけずにゆったりできるという利点があります。メリットは他にもあり、妊婦さんは出産後、「悪露」という症状が体に起きます。これは出産後1カ月ほど子宮から出血する生理のような現象で、出産により剥がれてしまった子宮内膜や産道の傷あとからの分泌物が外に出る症状です。分泌物は赤い色をしていて1カ月の間に量が減少して最後には茶色になります。出産直後は助産師や看護師によって悪露を受け止めるための産褥パットの取り付けをしてもらいます。妊娠をすると子宮が大きくなりますが、出産後、子宮が元の大きさに戻るまで産褥パットはつけていなくてはいけません。出産直後以外は自分でパットの取り付けや交換をしなければいけませんが、そのたびにわざわざボトムスを脱ぐのは面倒ですよね。トップスのみのマタニティパジャマを着れば、効率的にパットの交換ができます。

出産が終わっても、お腹は大きくなったまま!

pregnant pjs 3

妊婦さんは出産が終わっても、子宮の大きさの変化、お腹の皮のたるみや妊娠中に付いた脂肪などで、お腹の大きさは妊娠以前にすぐには戻ることができません。出産してすぐに以前と同じサイズを着るのは難しいので、妊婦さん用のゆったりしたサイズのマタニティパジャマを出産後でも愛用するママさんは少なくありません。中には出産後、2、3カ月はマタニティパジャマを愛用するママさんもいます。

まとめ

出産が近づいてくると、通常のサイズのパジャマではお腹が窮屈になるので、マタニティパジャマがおすすめです。授乳の際に、バストを取り出しやすいように口が開くタイプもあり、便利です。トップスのみの着用でも違和感がなく、出産後の「悪露」の症状の際に、専用パットの交換をスムーズに行うことができます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事