働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 6728

離乳食を食べてくれない…悩めるママに読んでほしいポイント3つ

生後6か月を過ぎると、離乳食を始められる方が多いでしょう。それまでミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんの反応は様々です。よく食べる子もいれば、ミルク離れできない子も中にはいます。
そこで、離乳食を食べてくれない赤ちゃんに悩んでいるママに、読んでほしいポイントを3つご紹介します。

①離乳食の最初のステップは「食感」で決まる!

中に何が入っているか、ミルクや母乳を飲んでいる赤ちゃんは、それだけでも栄養が事足りるのですからそれはあまり重要ではありません。

重要なことは、食感です。赤ちゃんが食べやすいかどうかで、食べてくれるかどうかが決まります。

試しに離乳食を食べてみると、味はかなり薄味です。最初は味よりも食感を重視して、ペースト状のものから徐々に固くしていけるようステップを踏んでいきましょう。

②大切な栄養だけを考えよう

離乳食の砂糖や塩こしょうなどを入れる必要はまだありません。
食材選びに迷ったら、赤ちゃんにはどういった成分が必要で、どういった栄養素があれば良いのかを考えて食材を選び、調理してみましょう。

最近では、ペースト状の離乳食が入った小瓶なども販売されています。そういった商品はどんどん試してみましょう。
単品で200円程度で購入できるので、試してみる価値は大いにあります。きっと赤ちゃんが気に入る食材が見つかるはずです。

③お腹がいっぱい!

離乳食を食べない理由を考えたとき、一番に思い浮かぶのは、「お腹がいっぱいだから」です。お腹がいっぱいな時に離乳食は食べてはくれません。

ではどうしてお腹がいっぱいなのでしょうか。
ご飯以外のものを食べていませんか?
ミルクやジュース、おやつなどでごまかすのではなく、食事は必要なものだということを理解させてあげましょう。

体をたくさん動かしてお腹がすいたら、離乳食をパクパクと食べてくれるようになりますよ。

まとめ

2歳にもなれば大人と同じものをばくばくと食べるようになります。泣いてミルクを欲しがったとしても、次の時には離乳食をぱくぱくと食べることもあります。焦らずゆっくりと進めていきたいですね。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。