働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

128

出産したら内祝いの準備、お返しの金額や選び方についてのヒント

出産後はたくさんの人がお祝いをしてくれます。嬉しい反面、内祝いの準備が必要になるため頭を悩ませることもあるのではないでしょうか。お祝いをしてくれた人に失礼がないようにしつつ、心からお礼の気持ちが伝わる内祝いを選びたいものです。出産祝い金の金額別にお返しを考えてみましょう。

内祝いの金額の目安はあるのでしょうか

kositu3

世間的にいわれている内祝いの目安は確かに存在します。お返しする品物の金額の目安としては、出産祝いの金額の半分から3分の1くらいといわれています。

しかし、この目安は絶対というものではありません。地域性もあるでしょうし、それぞれ贈る相手に対してある程度柔軟に自分の意思を反映させても構わないでしょう。

また、内祝いにはそれほど厳格なルールは存在しません。会社の同僚や友人からの連名で出産祝いをいただいたときには、内祝いの金額を人数分に配分し、個別にお返しします。

また、目上の方から高額な出産祝い金を受け取ったときには、あまり高額な内祝いをお返しすることは失礼にあたるという考え方もありますので、参考にしておくとよいでしょう。

出産祝い金が5000円くらいの場合の内祝いは?

5000円くらいの出産祝い金は、友人や会社の同僚、知人などから贈られるケースが多いでしょう。世間的な内祝いの金額の目安にあてはめて考えてみると、1500円から2500円くらいのお返しが目安になります。これくらいの金額帯のお返しといえば、お菓子やタオル、日用品などを想像するのではないでしょうか。実際にお菓子やタオルなどを内祝いでもらった、という経験がある人も多いでしょう。

また、この価格帯は品物が限られてきますので、それほど奇抜なものをお返しすることはできません。ですから、お返しする相手によって少し工夫をしてみると喜ばれるのではないでしょうか。

例えば、女性なら可愛いお菓子でも良いですが、お気に入りのブランドが分かっていればハンカチやキッチングッズなどがおすすめです。男性で家族がいるようでしたらお菓子、独身なら趣味に使えるような小物などを選ぶと喜んでもらえるでしょう。

出産祝い金が10000円くらいの場合の内祝いは?

夫婦連名の場合や、かなり親しくしている人から贈られることが多い金額です。お返しの目安は3000円から5000円くらいになります。夫婦にお返しを考えるときは、2人で共有できるものがよいでしょう。

夫婦が共にお酒好きということであれば、お気に入りの銘柄のお酒をお返しすると喜ばれそうですね。

趣味がアウトドアであれば、キャンプ用品などもよいでしょう。独身の人で好きなものを知らない、夫婦であったとしても共通の好みがあるのか良く分からないという場合には商品券などをお返ししてみてはいかがでしょうか。

出産祝い金が30000円を超えてくると…

@erinonikkidayoが投稿した写真

30000万円という金額帯は高額な部類に入ります。目上の人からいただく可能性が高いのではないでしょうか。目上の人に高額なお返しをしたほうがよいのか、それとも失礼にあたるので控えめに考えたほうがよいのか、迷うところではあります。お返しをする相手によっても考え方が違うかもしれません。

このようなときにおすすめの方法はカタログギフトの活用です。内祝いに特化しているお店もあります。

この方法であれば、欲しいものを選んでもらえますし、金額がわかりにくくなっているので出産祝いを贈った側もあまり気にならないという可能性が高いでしょう。

まとめ

内祝いで気をつけておきたいポイントは、お返しする品物の金額だけを気にするのではなく、お返しする相手に対して失礼のないようにする、贈って喜ばれるものを考える、といういうことにつきるのではないでしょうか。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事