働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

2400

これだけは押さえたい!子供の幼稚園面接でママが心得るべき3つのこと

子供を幼稚園に入れる時、必ず通らなければならない面接。面接は何のためにあるのかというと、入園できるかどうか、集団行動を送れるかどうかを判断してもらうためです。と言っても、面接で大失敗したからといって入園できないということはほとんどありませんが、中には断る園もあるので注意が必要です。

幼稚園面接の時にママが心得ておいたほうがいいことを私の体験から3つお伝えします。

ママが心得ておくべきこと①子供の性格を正直に伝えましょう

幼稚園受験子供

面接ではウソをついてはいけません。

もしウソをついてバレてしまったら、後から「あの時はこう言っていたのに」と問い詰められてしまいます。そもそも、ウソをつくような親は人間性が疑われ、子供にまでレッテルを張られる恐れがあります。

入園するのは子供なのですから、心配なことや長所など、こどもの性格については素直に話をしましょう。暴れん坊、恥ずかしがり屋、口が悪い、変な癖がある。そんな特徴があったとしても問題ありません。

人は人、他人は他人です。
集団行動をする上で、人に迷惑をかけないことは当たり前ですが、幼稚園児はこれから幼稚園と家庭でそのことを学んでいくのですから、どんな性格だとしてもウソ偽りなく伝えましょう。

ママが心得ておくべきこと②面接官に思いもよらないことを聞かれた場合

幼稚園面接会場

「おむつは外れていますか?」「昼寝はしっかりできていますか?」「好き嫌いはありませんか?」
そういった定番の質問をする幼稚園がほとんどですが、中には、ママとパパは喧嘩をするか、子供がテレビを見る時間はどのくらいかなど、思いもよらない質問をする園もあるようです。

不審に感じることがあれば、すぐに相談をしましょう。「どうしてそういった質問があるのか」と、こちらから聞いても大丈夫です。

大切な子供を預けるのですから、ママも子供も、先生方も、安心できるような面接にしたいものです!

ママが心得ておくべきこと③面接官はママの立ち振る舞いもよく見ているので要注意

幼稚園受験子供1

幼稚園の面接で先生方は親のこともよく見ています。保護者がどんな人物か、ということです。

一昔前には「モンスターぺアレンツ」という言葉が流行りました。これは、子供のことに関して理不尽な要求をし、無茶難題を押し付けてくる親のこと。
幼稚園としても問題やトラブルは避けたいものです。

ママの服装もそうですが、話し方や子供との接し方なども見ているので、TPOをわきまえた服装にして、先生方に悪く思われないような立ち振る舞いをしましょう。

まとめ

子供の幼稚園面接で大失敗をしたという方は少なくありません。
面接で注意したいことはほかにもありますが、これだけは押さえておきたいポイントをご紹介しました。
慎重に園を選び、そして面接の前にはしっかりとシミュレーションして、子供を不安にさせないような振る舞いをしましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事