働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 8912

魔の2歳児!?ママを困らせるイヤイヤ期を楽しく乗り越えるコツ

「イヤイヤ期」と聞くだけで、ママがイヤイヤ。と思ってしまう、2歳頃に現れるというイヤイヤ期。まさに今イヤイヤ期真っ最中というママも、これからうちも迎えるのかな…と心配なママにも、私が実践したイヤイヤ期を楽しく乗り越える方法をお伝えします。

そもそも2歳頃に訪れるという「イヤイヤ期」とは?

2歳頃は、自我や自立心が強くなることにより自己主張がはっきりしてきます。その自己主張が激しくなることにより、様々なことでイヤイヤを繰り返し「イヤイヤ期」と呼ばれています。例えば、食事中に物を投げたり、着替える際に大泣きしたり、おもちゃを叩きつけたり。イヤイヤの現れ方にも個人差はありますが、2歳頃になると自我が育ってきているものの、上手くできなかったり、伝えられないことにより、癇癪やイヤイヤを繰り返す。とされています。現れ方も期間も個人差はあるようですが、とくに2歳頃がイヤイヤ期のピークとされ「魔の2歳児」などとも呼ばれたりしています。

ママの心身の状態が安定すればイヤイヤ期も怖くない!

イヤイヤ期を楽しく乗り越えるには、ママ自身の心身の状態がとても重要になってきます。イヤイヤ期真っ最中のママは、子供の「イヤイヤ!」に毎日頭を悩ませますよね。私の娘も現在2歳。俗に言うイヤイヤ期の真っ最中です。
毎日イヤイヤされていては、ママまで疲れてしまいます。私の周りでもイヤイヤ期真っ最中のママ達は、それぞれ自分の子供のイヤイヤ期の現れ方の苦労話や、対処法などの意見交換や話題が飛び交っています。身近なママ達の意見や、イヤイヤ期を越えた先輩ママ達の意見を聞くことも参考になりますが、なによりそこで自分自身が悩んでいることを言葉に発する、ということも重要です。

最近では、SNSの普及によりたくさんの子育てブログなどから、簡単に情報を得たり交換することもできます。しかしSNSは手軽ですが、一方的な情報で良く見えてしまったり、逆に1人で抱え込んでしまう原因にもなりかねません。だからこそ、リアルに話せる周りのママ友や友人。パパなど身近な人に自分自身の言葉で相談する方が意外とスッキリします。話すことでママ自身がスッキリとした気持ちになり、リフレッシュや心の安定に繋がります。ママ自身の心身が安定すれば、子供にイヤイヤをされても子供の態度にも冷静に楽しく向き合えることができるのではないでしょうか。

イヤイヤ期こそ一緒に新しい事を楽しもう!

我が家では、イヤイヤ期の時期にあえて「リアルおままごと」をしました。料理のお手伝いを始めてもらいました。2歳頃になると、ママのやることや大人のマネをしたがり、上手くできなくても、積極的に自分でやりたがる子も増えてきます。イヤイヤ期と一言で言うと大変な気もしますが、落ち着いて考えてみると、それだけ自我が芽生えて子供も成長した証です。だからこそ、たくさんの「できた!」を伸ばすことで成長するチャンスと捉えて、新しい事に挑戦させてみようと思いました。子供と一緒にやることで、親子のコミュニケーションにも繋がりますし、自分は大切にされているという自己肯定感を高めることにも繋がります

娘にはお米を研いだり、ママが切ったものをフライパンなどに入れてもらうというような、簡単でケガの危険性が少ないものからスタート。普段ならママが1人でやることを一緒にやるだけで、子供は楽しそう手伝ってくれますし、新たな子供の成長にも気づきました。

そんな子供のニコニコした顔に私もにっこり。イヤイヤ期中だからこそ、楽しい事を一緒に始め、一緒に笑い合う時間を大切だと思います。
おままごとが好きだったので料理のお手伝いでしたが、子供が好きな事ならなんでもOK。ママの余裕がある日にスタートするのがおすすめですよ。

イヤイヤ期だからこそママもリフレッシュ!

毎日、イヤイヤ期と戦うママのみなさん、今1番やりたいことはなんですか?

・ショッピングに行く。
・今流行りのスイーツを食べに行きたい。
・ゆっくり映画館で映画を観たい。

など、それぞれやりたいことがあると思いますが、時にはママもリフレッシュ。パパや一時保育などに預けて数時間でもリフレッシュの時間を作ってみるのもおすすめです。毎日イヤイヤばかりだと、ママもストレスや疲れが溜まってしまいますよね。育児に追われてしまうと、自分1人でゆっくりする時間というのがなかなか少ないものです。
ゆっくり睡眠をとることや、食事をすること。スーパーへの買い物でも、子供が生まれる前や独身時代には自由だった時間も思うように取れず、ストレスを感じるママも少なくありません。パパや一時保育にまで預けて自分の時間を優先することに抵抗があるママもいるかと思いますが、疲れ切ってイライラしたり、落ち込んでいるママの姿より、ニコニコしているママの方が子供にも家族にも良い影響を与えるのではないでしょうか。

だからこそ、時にはママも自分の時間を大切にしてみましょう。時には1人の時間を持つことで、イヤイヤ期は大変だけど頑張ろう!と前向きな気持ちにもなれますよ。毎日の生活の中でも、自分の好きな音楽をかけたり、お気に入りのティータイムセットを用意する(コーヒー・紅茶・ハーブティーなど)、お気に入りの香りで癒されます。自分自身を癒しとリフレッシュする方法を用意しておくのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
私が実際イヤイヤ期に実践したことや、乗り越えるための方法を紹介させていただきました。子供と接する時間が1番多いママだからこそ、イヤイヤ期も悩みやストレスの一つになります。今回紹介させていただいた方法が、少しでもイヤイヤ期に頭を悩ませるママ達の楽しく乗り越えられるきっかけになれば幸いです。

kazuyo

栄養士、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、ジュニアファスティングコンシェルジュ。2児のママ。食事で美しく・健康になりたい女性をサポートすべく、美容・健康・妊活・育児などのコラム執筆、食提案など幅広く活躍中。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事