働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 432

子供にキックボードを買うときに気をつけたいポイント

キックボードは小さな子供に大人気の乗り物です。キックボードは単に楽しいだけの乗り物ではなくて、子供の成長をサポートしてくれる役割もあります。ここではそんなキックボードの購入を検討しているママに、知っておいてほしい情報をまとめました。

キックボードとはどんな乗り物か

Jzoomさん(@jzoomjzoom)が投稿した写真

キックボードとは車輪がついた平らな台からハンドルが伸びているだけのシンプルな作りになっています。自転車と違ってペダルがついておらず、操縦者はハンドルを握り、片足を台に乗せて片足で地面を蹴り、勢いをつけて前に進みます。その操縦方法からキックボードという名称がつきました。単純な操作性が受けて世界中で親しまれるようになっています。キックボードのデザインはさまざまで、年齢や技術に合わせてバリエーションを楽しむことができます。子供の乗り物というイメージが強いキックボードですが、十代の少年や大人でも利用している人はいます。持ち運びが便利なキックボードは通勤や通学で重用されることも多いのです。

子供にキックボードを買うメリット

@yopppy445が投稿した写真

子供の頃からキックボードを買い与えるメリットとして、まず子供の行動範囲が広がります。公園や友だちの家などに通いやすくなり、交友関係を広げることに役立ちます。次に、3歳程度の小さい子供であれば自転車の予習としてキックボードに親しませておくことができます。キックボードでバランス感覚を養わせることによって、近い将来自転車を買ったときにもすぐに乗りこなせるようになります。そして、何より重要なのはキックボードが楽しい乗り物だという点です。地面を蹴って進むだけのキックボードは小さな子供でもすぐ理解し、愛着がわきます。子供の毎日が楽しくなりますし、活発に外で遊ぶ機会が増えて明るく育つことをサポートしてくれます。親とは別に遊ぶようになり、自主性を育むことにもつながります。

キックボードを選ぶときのポイント

@ayuto717が投稿した写真

キックボードには数々の種類があり、子供の条件に合わせて選ぶことが大切です。いきなり年長向けのキックボードを買い与えるのではなく年相応のキックボードからスタートしてステップアップするようにしましょう。キックボードの対象年齢は3歳からといわれています。年少用のキックボードはサイズが小さいだけでなく車輪が前後に2つずつ、計4つついていてバランスが取りやすくなっています。年齢が上がるにつれ、三輪車、二輪車と少ない車輪を乗りこなせるようになっていきます。また、ハンドルの高さを調整したり、ブレーキがついていたりするなど機能にもいろいろな種類があるので必要に応じて選びましょう。

キックボードに乗るときの注意とは

tanahideさん(@tanahide)が投稿した写真

キックボードを買っても意外と忘れやすいのがオプションの存在です。子供の安全を考えたときに関連オプションも同時に買っておくことは大切です。たとえば、転倒時に身を守ってくれるヘルメットや肘あて、すねあてなどのアイテムは小さい子供ならなおさら必要性が高いといえます。そして、キックボードの遊び方にも注意しましょう。子供が小さいうちは家の敷地内でのみキックボードで遊べる、などのルールを設けておいたほうが安全です。外出時は大人が同伴するように心がけます。そうやって子供が成長し、道を覚えてきたところで一人でも出かけられる許可を出します。このときも危険な道や交通ルールはきちんと教えておきましょう。

まとめ

キックボードについて正しく知らなければ、子供に適切なキックボードを選んだり、キックボードの遊び方を教えたりすることはできないのです。大人もまた子供と一緒にキックボードを学ぶ姿勢を持つようにしましょう。

Yuki.

RELATED POST

あなたにおすすめの記事