働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 456

ママになるなら知っておきたい。母子手帳の貰い方や使い方について

妊娠したら誰もが必要となる母子手帳ですが、意外とどこでどのようにすれば貰えるのかわからない方も少なくありません。そのほか、具体的にどのように使うのか、また里帰り出産する方や出産前に引っ越しが決まった方は貰った母子手帳をそのまま使って大丈夫なのか、などという疑問もあるでしょう。そこでこの記事では、母子手帳の貰い方や使い方などについて詳しくご紹介します。

そもそも母子手帳はどんなもの?

母子手帳は正式には「母子健康手帳」といい、現在住んでいる市町村に妊娠の届け出を出すと自治体から交付される手帳のことです。妊娠中は妊婦さんの健康状態や検査経過、胎児の発育の記録などを、出産後は健康診断の結果や赤ちゃんの発育記録、受けた予防接種の情報など医療機関が記入し、さらにママやパパがこのときどんな気持ちだったのかといったことも記入できるもので、妊娠初期から小学校入学までの乳幼児期の貴重な記録となります。

母子手帳はどうやってもらえるの?

母子手帳は自分が住む市町村の役場か保健センターでもらえます。申請には妊娠届が必要です。妊娠届とは、妊婦の氏名や生年月日、住所、電話番号、受診年月日、出産予定日などを記入するシンプルなもので、自治体窓口や産婦人科で貰うか、または自治体のホームページからダウンロードすることができます。自治体によって異なりますが、多くは妊娠届を提出すれば即日、母子手帳を交付してもらえます。つわりがひどいときは代理申請でもいいところがあります。
母子手帳をもらうタイミングは特に決まりがありませんが、赤ちゃんの心拍が確認され、掛かりつけの産婦人科医から「母子手帳をもらってきてください」と言われて発行してもらいにいくのが一般的です。また母子手帳と一緒に、妊婦健康診査の受診券や補助券、マタニティストラップなどをもらったり、母子健康サービスの案内を受けたりすることができます。

母子手帳はいつどのように使う?

はむさん(@tmwedding05)が投稿した写真

母子手帳は妊娠中や出産後の定期健診をはじめ、予防接種や保健指導などの際に医療機関が記録してくれます。また、予防接種や離乳食を始めるタイミングなど妊娠中から乳幼児期までに必要な正しい情報も記載されているので、健診時だけでなく日ごろから役に立ちますし、万が一外出中に調子が悪くなった時にも、医師が母子手帳を見るだけで対処しやすくなるので常に携帯するのが基本です。母子手帳ケースを用意しておくと持ち歩きにも便利でしょう。
このほか、母子手帳をもらうことで母親学級や離乳食講習会といった自治体のサービスを受けることもできますし、おたふく風邪や水疱瘡といった感染症に何歳頃かかったかといったことも記録しておけるので、乳幼児期が過ぎて大人になってもずっと使うことができます。

引っ越しや里帰り出産することになったら?

beby

住む場所が変わっても、母子手帳は全国どこでもそのまま使い続けることができます。しかし妊婦健診受診票は自治体が変わると使えなくなってしまうので、引っ越しする場合は引っ越し先の自治体窓口に母子手帳と妊婦健診受診票を持っていき、未使用分の受診票などと交換する手続きを行いましょう。
一方、里帰り出産の場合は注意が必要です。妊婦健診受診票は住民票のある自治体でのみの交付となるので、里帰り先では妊婦検診受診票が使えず、全額自己負担となってしまいます。しかし中には里帰り出産する人を対象に、受診費用の助成制度を設けている自治体もあるので、事前にしっかり調べておきましょう。

まとめ

母子手帳は一生もの。子供とのコミュニケーションにも使えます。母子手帳は妊娠期や乳幼児の貴重な記録ですが、乳幼児期だけでなく子供が成長したとき、「あなたがお腹にいたときはこうだったのよ」などとコミュニケーションツールとしても大活躍します。いろいろと書き込んだり写真を入れたりして、楽しみながら母子手帳をうまく使ってくださいね。

Yuki.

RELATED POST

あなたにおすすめの記事