働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 824

メーカーもカラーもさまざま!鍵盤ハーモニカはどう選ぶ?

 小学校になると音楽の時間に必ず使用するのが、リコーダーと鍵盤ハーモニカですね。鍵盤ハーモニカは幼稚園や保育園で使用する場合もあります。1人1台の購入が必要となりますが、いろいろなメーカーから販売されているので迷ってしまうことでしょう。そこで、それぞれのメーカーの特徴や選び方をご紹介します。

まずは鍵盤数と音域に注目!

akiさん(@a1008k)が投稿した写真

鍵盤ハーモニカを選ぶ際にはどういったことに気をつければいいのでしょうか。まず、鍵盤数に注目です。鍵盤数には「25鍵」「32鍵」「37鍵」などと違いがあります。小学校では基本的に「32鍵」の鍵盤ハーモニカを使用するため、園児のときから「32鍵」を購入するとそのまま使い続けることができますよ。また、音域も高音域の「ソプラノ」、中音域の「アルト」、低音域の「バス」といったように違いがあります。小学校で使われるのは「アルト」が基本です。とくに園からの指定がなければ、「アルト」を選ぶようにしましょう。

ハードケース?それともソフトケース?

@yorkasakaが投稿した写真

鍵盤ハーモニカのケースで代表的なのが、ハードケースとソフトケースの2種類です。ハードケースは付属品の長いホースや吹き口もケースにはめ込んで、スッキリと収納が可能です。また、パカっと開いたフタの部分がそのまま譜面立てとして使えるタイプもあり、大変便利です。プラスチック製でしっかりとしているので、楽器を衝撃から守ることもできますね。一方、ソフトケースはチャック式の作りになっています。楽譜立てとしては使えませんが、軽くて持ち運びやすいのが最大のメリット。ハードケースは持ち手の穴が小さい作りですが、ソフトケースは持ち手に余裕があります。腕に通して持ち運べる点も、良いところでしょう。

安心感のある有名メーカー

鍵盤ハーモニカを「ピアニカ」と呼ぶママも多いのではないでしょうか。実は、ピアニカとは【YAMAHA(ヤマハ)】の商品名です。さまざまな楽器を作っている一流メーカーなので、安心感がありますね。【鈴木楽器】の「メロディオン」と【ZEN-ON(ゼンオン)】の 「ピアニー」も、【YAMAHA(ヤマハ)】と並んで音楽教育の現場でよく使われている人気商品です。【鈴木楽器】からは、セミハードケースの鍵盤ハーモニカも出ています。ハードケースとソフトケースの良い面が組み合わさっていて、楽譜立てとして使えるタイプでありながら軽量です。持ち手も広めでラクラク運べますよ。

豊富なカラーバリエーション

Midoriさん(@midori9bin)が投稿した写真

鍵盤ハーモニカの色と言えば、ブルーやピンクが一般的ですね。でも、みんなと一緒ではものたりない人もいるかもしれません。そんな人にピッタリなのが、【キョーリツコーポレーション】 の「メロディーピアノ 」です。なんと全部で12色のカラーが出ています。青系だけでもネイビー、ソラ、ブルー、ライトブルーと4色もあります。サクラ、パープル、レッドといった女の子が喜びそうな色もあれば、イエローやブラック、ライトグリーンといった個性的な色もありますよ。ちなみに、ソラとサクラは黒鍵の色がそれぞれ水色とピンクになっていてとってもキュートです。

リーズナブルで満足な品質

nonさん(@nonko56)が投稿した写真

鍵盤ハーモニカの気になるお値段ですが、ほとんどのメーカーが5千円前後します。けっこうなお値段ですよね。とくに兄弟の年が近い場合、それぞれ1台ずつ必要となるので出費もかさんでしまいます。先ほどご紹介した【キョーリツコーポレーション】 の「メロディーピアノ 」であれば、半分ほどの価格で購入が可能です。他には、【キクタニ 】の「鍵盤ハーモニカ」も同じぐらいの値段です。色はブルー、ピンク、グリーン、ブラックの4色から選べます。「値段が安いと粗悪品なのでは…」と心配になるかもしれません。でも、口コミでは「色も音もきれいで満足。問題なく使えている」と評判も上々です。

まとめ

どれを選ぶか迷ったら…

鍵盤ハーモニカを選ぶときには、有名メーカーか個性派カラーかリーズナブルな値段か、どれを一番重視したいか考えて選ぶと良いでしょう。なお、園や学校によっては色やメーカーが指定される場合もありますので、必ず確認してくださいね。

Yuki.

RELATED POST

あなたにおすすめの記事