働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1976

両方経験したママがプレママに捧ぐ!産婦人科専門クリニックと大学病院の比較

出産は、ママの、ひいては家族の一大事。生涯に数回しかないことです。産院選びに苦労したママや、今ちょうど迷っているプレママも多いのではないでしょうか。大事な我が子をどこで産みたいですか?それは、“どんな風に我が子を産みたいか”に関わってくるのです。私は、長男を都内の産婦人科専門クリニックで、次男を都内の大学病院で出産しました。その産院ごとにポリシーも設備も違うため、単純に2グループに分けられるものでもありませんが、概ねどんな違いがあるのかを紹介させていただきますね。

体験談①産婦人科専門クリニック

kurinikku

まずは、アットホームな産婦人科専門クリニックです。産科・婦人科に通う方しか来ませんので、比較的小ぢんまりとした建物です。

出産に立ち会う医師が1人で、その医師が院長でもあるというケースが多くみられます。
医師の数が少ないため院長のポリシーが反映されやすく、院長が良しとする・得意とする出産スタイルを指導されることが多いのが特徴です。

例えば無痛・和痛はせずになるべく自然分娩、出産後は特別な理由がない限り完全母乳、出産の翌日から母子同室、立ち会いは配偶者のみなどの点です。

スタッフが多くはないため、赤ちゃんへの母乳・ミルク混合と、どの産婦に対しても一律の指導であったり、時間もスケジュール通りにしないと他の時間ではすぐに看護師が来られなかったり。陣痛中もそれほど手厚くは付き添っていてもらえなかったり…ということが私の場合ありました。(予め検診で通っているうちから母乳希望を伝える、陣痛中に頼もしい夫教育を行うなどの解決案・妥協案はあると思います)

産婦人科専門クリニックの場合、たいてい出産に立ち会うのは医師1名と看護師1〜2名ほど。とはいえ、逆に医師・看護師の少ないアットホームな場所だからこそ、自分や家族の顔を覚えてもらえましたし、同じ先生がいつもいるので、即決できない相談事がしやすかったです。

安全面については、基本的に特別なリスクがない出産においてはもちろん万全を期しています。妊婦検診で特別な懸念点がないと診断されていれば、クリニックでの出産に不安を覚える必要はないでしょう。多くの方が出産されていますし、そのための設備も整っています。

実際、私も何の迷いもなく長男をクリニックで出産しました。
ですが、年齢や胎盤の位置、赤ちゃんの状態などに心配な点がある場合は別です。輸血・麻酔科医・増員などの特例が必要になりそうな場合は、やはり大きな病院で出産しないと危険です。もちろん、クリニックに検診で通っていてそのような懸念点が発見された場合には、医師から転院を勧められます。私の場合もそうでした。

体験談②大学病院

産院_選び_プレママ2

次に、大学病院についてです。

私の場合は胎盤の位置が低いという問題で、50%くらいの確率で輸血が必要な出血量になるかもしれず、その場で転院を余儀なくされる可能性があったため、迷わず大学病院で出産することに決めました。

通院で感じたのは、やはり大きな病院なので毎回先生が違うことの不便さ。異常がないかチェックするだけなら先生が毎回違っていても問題ないかもしれませんが、相談事がある時もさかのぼって経緯を説明しなくてはならなかったり、やはり一度小さなクリニックでも出産しているため、「いつもの先生」がいる安心感を求めたい気持ちもありました。

もう1つ気になったことは、距離です。
それなりに設備が整った病院となると数が限られるので、実家からなるべく近い産院でも車で30分ほどかかり、出産前の週1で通う時も少し遠いと感じましたし、特に2人目は産気づいてから出産まで速いと聞いていたので、少しの陣痛でも「もう行っておいたほうがいいのでは」と入院のタイミングにはやきもきしました。

私の場合、リスク有り出産と診断されていたので、帝王切開の日取りを決め、術前検査も終えていたのですが、オペ前最終の検診の時に、「自然分娩でいけない状態にはとても見えない」と担当の先生から言われました。他の数名の医師も問題ないとの判断で、自然分娩に変更することになりました。

前駆陣痛で入院した際に赤ちゃんの脈が少し弱くなったり、これまでの検診でリスクについても聞かされていたので「こんな土壇場でプラン変更してしまって良かったのか」と1人目の時よりも不安なで気持ちでいっぱいでしたが、大学病院は多数の診療科に加え、大勢の医師・看護師、充実した設備が整っていたので「ここなら何かあったらどうにでも対応してくれるだろう」という安心感はありました。

出産の時も、昼間だったため、ちょうど研修医の方達が勉強のために病棟に来ていて、なんと10人前後の医師・看護師・研修医に囲まれての出産でした。
恥ずかしいというよりも、「これだけいたらもう安心!私もこの子も!何かあったら皆さんお願いしますよ!!!」という気持ちが強かったのを覚えています。

そして無事に出産を終えた後の病院生活では、かなり融通がききました。母子同室でも疲れた日の夜は1人で寝て、授乳の時間になったら起こしに来てもらえたり、母乳・ミルクの進め方も個々の希望に沿ってサポートしてもらえたり、ナースコールを押せば誰かがすぐに来てくれました。

部屋タイプも個室や大部屋など選択ができることが多いです。このような設備やスタッフ、サービスの充実は、大学病院ならではと言えるでしょう。

体験談③費用や面会のルール

産院_選び_プレママ3

最後に、気になる費用や面会のルールの違いについてご紹介します。

都内の産婦人科専門クリニックでは、安いところで40万円台前半、一番多いのは50万円台前半くらいです。
平成28年度の出産一時金(国から支給される保険適用外の出産費用補助)が赤ちゃん1人につき42万円(双子ならば42×2=84万円)なので、自己負担額はかなり抑えられますよ。
出産後の育児にこそお金がかかりますので、このコストは大きなメリットですね。

都内の大学病院では、充実した設備やスタッフの数などと引き換えに、安くても60万円くらい、一番多いのは80万円前後と、やはり小さなクリニックと比べると10万円以上高くなります。ブランド産院御三家のようないわゆる“セレブ産院”の場合、100万円を超える設定です。
ただし、お金はかかっても安全には代えられないので、リスクのある出産の際は大学病院を選んだ方が安心だと思います。

また、大学病院では難しくてクリニックではOKなことが多いのが、子供の面会です。
基本的に大病院では、感染予防などの観点で小児の面会はお断りされます。私もそうだったので、長男と次男が初めて会ったのは、退院のために産科病棟の扉から出た瞬間でした。

しかし、クリニックの場合、条件付きで子供(生まれて来る赤ちゃんの兄弟)が出産に立ち会える病院もあります。2人目以降の経産婦さんには大きなメリットではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。私は2回の出産を経て、クリニック・大学病院それぞれに一長一短があるのだなと体験しました。どちらのほうがいい、ということではありません。家族構成、予算、母子の健康状態、そして一番大事なことは、この大切な瞬間をどう過ごしたいか(子供に立ち会ってもらいたい、カンガルーケアがしたい、水中出産がしたい、ビデオ撮影がしたい、すぐに完全母乳育児を頑張りたい)というバースプランを事前にきちんと考えて、その希望にかなった“私らしい産院選び”をされることが、きっと後悔のない出産につながるのだと思います。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事