働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

56

ママなら知りたい!赤ちゃんが眠りにつくのにおすすめ音楽まとめ

赤ちゃんが眠りにつくときに音楽をかけているでしょうか。特にかける必要を感じていないママは多いようです。しかし、音楽をかけると赤ちゃんが眠りにつきやすくなるだけでなく、意外な教育的効果を発揮してくれる場合もあるのです。ここでは赤ちゃんの眠りのためにおすすめしたい音楽をタイプ別に紹介します。

定番のわらべ歌や子守唄

sac's_toysさん(@sacs_toys)が投稿した写真

赤ちゃんが眠りにつくときの定番といえばわらべ歌や子守歌です。これらの音楽はテンポがゆっくりなうえ、優しいメロディーで赤ちゃんが心の底から安らぎを覚えます。

赤ちゃんは夜、眠るときの暗闇を怖がる場合があります。暗闇は赤ちゃんに恐怖を与え、悪いイメージを浮かばせてしまいますが、これらの音楽をかけることによって恐怖を取り除いてくれます。また、わらべ歌や子守歌には覚えやすいというメリットもあります。CDをかけるのが手間なときにはママが直接歌ってあげられます。おでかけなどで赤ちゃんがぐずついたときにも、いつも寝るときに聴いている子守唄を歌ってあげると、反射的に大人しくなる効果があるでしょう。

人気曲のオルゴールアレンジ

アニメソングやディズニー映画の音楽など、眠りにつくときには赤ちゃんの好きな音楽をかけてあげたいところです。しかし、騒がしい曲をかけてしまうと眠りにつきにくくなりますし、一緒に寝ているママやパパにとってもうるさいことでしょう。

そこで、おすすめなのがオルゴールアレンジです。人気曲のオルゴールアレンジはCDやダウンロードなどで簡単に手に入ります。赤ちゃんからすれば、昼間にDVDやテレビ番組で親しんでいる音楽にひたりながら、楽しい気持ちで眠りにつくことができます。ママやパパも耳障りに感じることはないでしょう。また、オルゴールの音にはリラックス効果を得られるα波が含まれていると言われており、まさに快眠にぴったりな音楽なのです。

教育にも役立つ英語の曲

mini_riderさん(@mini_rider)が投稿した写真

せっかく眠りにつくときに音楽をかけるのであれば、睡眠だけでなく教育にもいい音楽をかけたいところです。そこで、日本語よりも英語の曲に触れる機会を多く作ることをおすすめします。日本でもよく聴かれている童謡には発生が英語圏のものがいくつもあり、これらの曲は英語バージョンのものが手に入りやすくなります。

また、映画やアニメのサントラなどでも英語の曲はたくさんあります。効果的なのは、睡眠時に聴いてもぴったりな優しい曲をママが編集して、ミックスCDを作ってしまうことです。歌っている意味はわからなくても、ふだんから英語を聞く習慣をつけることで英語への親しみがわき、英語教育のサポートになることでしょう。

お腹の中を思い出す胎内音楽

wakanaさん(@rhythm7k)が投稿した写真

赤ちゃんが眠りにつくとき、リラックスするのは『歌』だけとは限りません。赤ちゃんにとって心地がいい音で作られた胎内音楽もおすすめです。

胎内音楽とは、赤ちゃんが子宮にいたときに聴いていたであろう音を再現し、音楽の形にしたものです。この音を聴くと赤ちゃんは子宮にいたときのような安心感と幸福感を得て、快眠できるといわれています。そのほか、赤ちゃんが好きなのは砂嵐や心臓の音です。砂嵐のザーザーという音は、子宮にいるときに聞こえるお母さんの血流の音に酷似しています。また、心臓の音は人間にとってもっとも安らぎを得られるテンポだといわれており、いずれも赤ちゃんから不安を取り除く効果があるのです。

まとめ

赤ちゃんが眠りにつくときに流す音楽でもっとも大切なのは、どれだけ赤ちゃんが心地いいと感じてくれるかです。ママの音楽の好みよりも赤ちゃんがリラックスできる音を選んであげるようにしましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事