働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 888

使用頻度と使いやすさを重視する!上手な搾乳器の選び方

母乳育児をしているママにとって搾乳器はいろいろと便利に使える育児グッズのひとつです。たとえばママが都合により長時間赤ちゃんのそばにいれないと、母乳が詰まって乳腺炎などのトラブルが起こりかねませんが、搾乳器があると簡単に母乳を絞り出すことができます。搾乳器と一口に言ってもいろいろなタイプがありますし、購入かレンタルかも選べます。搾乳器を選ぶ時に参考になるポイントや人気の商品について紹介していきますね。

レンタル?購入?どちらを選ぶべき?

_ _ _a s mさん(@asm_tro)が投稿した写真

母乳を与える期間は人それぞれですが、ご飯を食べる量が増えてくる1歳前後に卒乳するママが多く見られます。また6ヶ月頃から離乳食を与えるようになると母乳を飲む量も減ってくる赤ちゃんが多いのです。そのような事情を考えると搾乳器は短期間しか使用しない可能性が高く、レンタルを考えるママも多いでしょう。搾乳器には電動で絞り出すタイプ、手動で絞り出すタイプなどがあり、商品によって値段が異なりますので、レンタルか購入のどちらがお得なのかは一概には言い切れません。またおっぱいは実際に与えてみないと出る量もわからないですし、搾乳器を必要とする機会がどれだけあるのかは予測しづらいのです。自分に合った搾乳器がどのようなタイプかわからない状態で購入すると失敗することも考えられます。一方でレンタルはいろいろな搾乳器を試せるのですが、レンタル期間が長くなると購入したほうが結果的に安くなります。そこで自分に合う搾乳器や使用頻度を見極めるためにも最初の2か月くらいはレンタルをして、それから購入するのがベストな方法だと考えられます。

初心者でも使いやすく疲れにくい手動搾乳器

手動搾乳器は自分でおっぱいを絞る手間はありますが、力加減や出す量を調整できるというメリットがあります。【メデラ】「ハーモニー」はスイスのブランドでこのメーカーが出している搾乳機は手動でも搾乳しやすいと評判の商品です。赤ちゃんが母乳を吸いこむ様子や力加減を研究してそれと同じリズムで搾乳できるように作られているため、短時間でも母乳を多く搾乳できるのが特徴になります。しかも母乳を絞り出すハンドルも握りやすさや疲れにくさを最優先に考えて設計されていますのでママの負担も減らせます。

多くの産院で使われていて衛生面でも安心な手動搾乳器

【ピジョン】といえば有名な育児グッズを販売するメーカーです。【ピジョン】からも搾乳器が販売されていて産院での導入実績も高いのです。片手で楽々搾乳ができること、さらにはハンドル操作で簡単に吸引とスピードを調整することができるという使い勝手の良さとコスパの高さが特徴です。また赤ちゃんは抵抗力が弱くて菌にも耐性ができていませんので、赤ちゃんが使用するグッズは毎回消毒や洗浄をこまめに行って清潔にしておく必要があります。【ピジョン】の搾乳器は全ての部品が分解できて洗えるようになっていますので衛生面でも安心して使用できるのです。

細かい調整が可能で搾乳を楽にしてくれる電動搾乳器

まゆさん(@mayutake1019)が投稿した写真


 

搾乳頻度が増えてくると手動でおっぱいを絞り出すのにも疲れてきます。そんなママにおすすめなのが電動の搾乳器です。【リッチェル】から販売されている電動搾乳器は、搾乳モードだけでなくマッサージモードも選べるのです。搾乳モードでの使用時は細かく圧を設定できるようになっていますので、自分に合った力加減で搾乳することができますし、弱めの圧力で搾乳をすれば毎日使用してもおっぱいに負担をかけません。夜中でも頻繁に授乳したりおっぱいが張ったりすることがありますが、この電動搾乳器はバックライト付きの液晶画面がついていますので暗い中での搾乳も簡単です。部屋を明るくせずに搾乳できますから赤ちゃんを起こす心配もありません。しかも本体以外は全て消毒ができますので長く清潔に使えるのもうれしい点です。

まとめ

自分にとってベストな搾乳器を選ぶコツ

搾乳器を調べてみるとさまざまなタイプの商品があることがわかります。母乳の出る量や搾乳頻度によって使いやすい搾乳器は人それぞれ異なってきます。出産前に搾乳器を購入してもいいのですが、産まれてから購入したほうが失敗は少ないのです。まずは実際に使ってみて自分にとって使いやすい商品を調べてみる、使用頻度に適した商品を選ぶのがベストな搾乳器を探すコツになります。

Yuki.

RELATED POST

あなたにおすすめの記事