働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3128

赤ちゃんも興味津々!ママがおすすめする絵本を紹介します

赤ちゃんは絵本が大好き。それはママやパパが読んでくれるから。読み聞かせてあげるなら、人気の絵本を選びたいですよね。

人気の絵本は、赤ちゃんが絶対に興味を示すものから赤ちゃんのためになる絵本、将来長く読み続けることができる絵本まで様々です。0歳から1歳の赤ちゃんにおすすめの絵本を8つご紹介します。

0歳児から1歳児の赤ちゃんに絵本を読む目的と選び方

絵本0

絵本を読むことは大切なことなのでしょうか?絵本の読み聞かせは、乳幼児期の発達にとても効果があると言われています。また、集中して話を聞くという練習にもなります。

そのため、絵本の読み聞かせはとても大切だと言われていますが0歳から1歳の赤ちゃんにとっても大切なことなのでしょうか?実は0歳から1歳と言えば、脳の発達がものすごく早い時期。その成長スピードはこの時期にしかないとも言われています。

絵本の読み聞かせなど1年間の間に聞いていた言葉や家族との触れ合いによって、言葉の発達、行動や知能の発達などに良い影響が出ると言われているので、0歳から1歳の時期はとくに読み聞かせが大切な時期だと言えます。

0歳から1歳の子に、5歳の子に読み聞かせるような絵本を読んでも意味がありません。0歳から1歳の子にはその年齢に合った本があるので、人気の絵本がどういったものなのか見てみると早いでしょう。

『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』

絵本2

出典:http://books.rakuten.co.jp/rb/6180027/

『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』というのは人気のファーストブックシリーズで、「だるまさんシリーズ」と呼ばれています。3冊がセットになっていて出産祝いにもぴったりです。専用の化粧ボックスがあるので、絵本をしっかり保管しておくことができます。

「だるまさんが」では、だるまさんが左右に動いたり大きく笑ったり伸びちゃったり。いろんな様子と効果音が楽しい絵本となっています。「だるまさんの」では、メガネ、手、毛、歯など赤ちゃんの身の回りのものを教えてくれる絵本。「だるまさんと」シリーズにはなんとだるまさんのお友達が登場しちゃいます!

赤ちゃんは「物語」というのがまだよくわかりません。そこで「びろ~ん!」「にこっ!」などの擬音語を使うことで赤ちゃんの感性を刺激できる絵本となっています!

たまひよはじめてえほん おしり 赤ちゃんとママ・パパのための (たまひよ絵本)

ehon

出典:http://item.rakuten.co.jp/neowing-r/neobk-1253709/

たまひよはじめてえほん おしり 赤ちゃんとママ・パパのための (たまひよ絵本)は「たまごクラブ」から登場した赤ちゃんの初めての絵本におすすめな本です。小さくてたまひよのキャラクターが特徴的な絵本ですが、持ち運びがしやすいサイズで0歳からおすすめです!

赤ちゃんのファーストブックに購入される方が多く、出産祝いなどにも最適です。赤ちゃんの視野を考えたサイズで、厚手で丈夫な素材が使われているので赤ちゃんが舐めても安心!

たまひよはじめてえほんはシリーズがあり、この「おしり」以外にもたくさんあります。このたまひよはじめてえほんおしりには動物たちがたくさん出てくるので、赤ちゃんが喜ぶこと間違いなしです。

ノンタン いないいなーい(赤ちゃん版ノンタン)

絵本3

出典:http://books.rakuten.co.jp/rb/304217/

赤ちゃんは「いないいないばぁ!」というあやし方が大好きですよね。どうして好きなのかというと、今あった目や鼻、口が、ばぁ!という声とともに出てくるからです。赤ちゃんがいないいないばぁをして笑うのには、驚き、喜び、嬉しさなどの感情が込められています。

このノンタン いないいなーい(赤ちゃん版ノンタン) は、そのいないいないばぁをテーマにしたノンタンの絵本です。ノンタンは猫ちゃんのキャラクター。愛らしい姿と、幼児にも通じるキャラクターだからこそ長年愛され続けてきました。

動物たちはいろんな工夫をして、いないいないばぁをしてくれます。内容はありきたりですが、3~4歳になるまで夢中で読める絵本です!

くっついた 三浦太郎(こぐま社)

絵本8

出典:http://books.rakuten.co.jp/rb/3626406/

くっついた 、はページをめくると「くっついた」が繰り返される赤ちゃん向け絵本です。最後は赤ちゃんのほっぺ、ママ、パパがくっついた、と大人までほっこりするような内容となっています。

どれだけ忙しくても育児や家事に追われていても、子供がほっぺを寄せてきて「くっついた!」と言うと、笑うしかない、そう感想が寄せられています。ぞうさんがくっついた。金魚さんがくっついた。この単純な流れが赤ちゃんの心をくすぐるのかもしれませんね。

ほっこりできるような、優しい絵本をお探しの方におすすめしたい内容です!「くっついた!」という言葉に、すぐに反応してキャッキャッと騒ぐようになるでしょう。

HABA クロースブック・リトルリーフハウス

絵本5

出典:http://item.rakuten.co.jp/nicoly/t1485/

内容は英語ですが、赤ちゃんが大好きそうなしかけ絵本!優しい色合いが可愛いマスコットがついたドイツの絵本です。人形は指人形として遊べてお話が読めるという方は読み聞かせをしていたら赤ちゃんも夢中になって聞いてくれるでしょう。

お話が読めないという場合も大丈夫。デザインやしかけなどを駆使して読み聞かせをすれば、赤ちゃんの大好きな絵本になること間違いありません。

話の内容は自分で作るのも良いですし、ドイツの布絵本をご紹介した理由はここにあります。話の内容を作り、ママと赤ちゃんとだけの絵本を共有することで、きっと赤ちゃんも夢中になれるような楽しいお話ができると思うのです♪

これぞ定番!はらぺこあおむし(ボードブック)

絵本6

出典:http://books.rakuten.co.jp/rb/921996/

内容は単純な話になっていますが、実ははらぺこあおむしの絵本には歌があるので、歌を歌いながら読み聞かせができると、保育園や幼稚園でも人気の絵本です!

「おや葉っぱの上に、小さな卵。お月様が空から見て、言いました。」おだやかに始まるその内容は、あおむしが失敗する姿、頑張る姿、成長する姿が描かれています。

カラーがとても綺麗で、赤ちゃんでもめくりやすい頑丈な絵本。そして絵もとても素敵な絵本なので、赤ちゃんのファーストブックにおすすめです!

布絵本!はじめてのほんBaby's Book あひるさん!

絵本7

出典:http://item.rakuten.co.jp/rompers/u-lp042/

文字が書いていない布絵本!カラフルな色遣いで、手触りがとても楽しい絵本です。やわらかい布を使っているので赤ちゃんでも楽しめますし、口に入れても安全です。

カラカラとなる玩具、シャンシャン音がするおもちゃ、キラキラ羽のみつばちやいないいないばぁ!で出てくるわんちゃん。鏡などの仕掛けがあるので、赤ちゃんは真剣に遊んでしまうかもしれません。

読み聞かせとはいえないかもしれませんが、「鏡にうつるのはダレかなぁ?」なんて声をかけながら読み聞かせると、きっと楽しいでしょうね!

どうぶつぶっく 赤ちゃんの脳を育てるBABY TOUCH

絵本4

出典:http://books.rakuten.co.jp/rb/11114891/

どうぶつぶっく 赤ちゃんの脳を育てるBABY TOUCHは赤ちゃんのファーストブックとして人気の絵本で、遊びを通じて脳を育てることを目的とした知育絵本です。

動物の鳴き声、動物が動く音、赤ちゃんが大好きな擬音語を何度も繰り返して読み聞かせをすることで、赤ちゃんが夢中になること間違いなしです!

めくりやすく絵本の触り心地も良いと評判で、ママに人気の理由が伺えます。0歳の頃から読み聞かせていたら将来は自分で読むようになるかも。それくらい夢中になっちゃいます!

まとめ

いかがでしたでしょうか。絵本を読み聞かせるというのは、赤ちゃんへの発育効果だけではなく、ママと赤ちゃんとのコミュニケーションにもなります。
たまにパパが読むのも良いですし、他の家族との赤ちゃんの絆を作るためにも絵本の読み聞かせはとてもメリットがありますよね。
是非、絵本選びの参考にしてみてくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事