働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

5168

2歳、3歳の子供のトイレトレーニング、いつ、どうやって始める?

おむつを卒業して、トイレで排泄できるようになるための練習のことを「トイレトレーニング」といいます。
2歳~3歳ごろに開始する例が多いですが、もちろん子供によって時期はバラバラ。どうやって開始すればいいのか?どんなグッズを使えばいいのか?ママには不安がいっぱいです。

そこで、経験談をふまえて、トイレトレーニング開始のタイミングについてまとめてみました。

経験談から、子供のトイレトレーニング開始のタイミングを考察

image

まず、私の息子の経験談です。
息子は2歳を過ぎてから急にお話がたくさんできるようになり、2歳3か月ごろからおむつにたまるおしっこの間隔があくようになりました。
そのタイミングを見計らってトイレに連れていきましたが、はじめは便器を怖がり、乗ってくれませんでした。我が家ではおまるを使用せず、大人トイレの便座の上に子供用の補助便座をのせていました。2歳半ごろから、だんだんと怖がらずに便器にのっておしっこをしてくれるようになりました。

しかし、息子自らが「おしっこ」とは言わないので、2~3時間おきに強引にトイレに連れて行くしかありません。タイミングが合わないともちろんおむつでもおしっこをしていました。
現在3歳になりましたが、まだまだトイレトレーニング中です。

始めるタイミングはきっと人それぞれだと思いますが、ある程度会話のやり取りができるようになって、おむつのおしっこの間隔が空いてからが良いと思います。

子供に効果があった、トイレトレーニングのおすすめグッズは?

image

トイレトレーニングのおすすめグッズを紹介します。

まずはおむつを普通のおむつから「トレパンマン」に変えました。漏れずに10倍、濡れた感覚を味わえるそうです。おしっこは2回分吸収してくれます。

その次に「トレーニングパンツ」を使用しました。こちらは6層から3層までありましたが、まずは6層でチャレンジしてみました。6層でもおしっこをしてしまうとベチャベチャになります。何回も替えが必要になるので、何枚も購入しといたほうが良いです。

「ベビーザらス」や「赤ちゃん本舗」などで売っていましたが、私は1番安かった「西松屋」で購入しました。このベチャベチャ感が息子にとって効果があったようで、この頃からおしっこをしたくなったら自分でトイレに行くようになりました。

ママは焦らず、じっくりと時間をかける気持ちで見守りましょう

image

このようにおしっこはうまくできるようになってきましたが、息子はまだトイレでうんちができません。トイレに連れていくと出なくなってしまい、便秘になってしまいます。親が急かしたとしても、結局は子供次第。思うようにはならないことなので、焦らずじっくりと時間をかけようと思います。

また、雰囲気作りも大事です。子供が「トイレに行きたい」と思えるように、「明るい」「清潔」「安全」を意識しながら、トイレ内に楽しいカレンダーや子供の好きなキャラクターのポスターなどを貼り、トイレへの興味や意欲を刺激します。息子はトイレに置いた絵本もよく読んでいました。

トイレトレーニングはパンツ、シーツなど洗濯物が増えるので夏がおすすめです。
スタートの時期を見計らっていたママは、この夏に始めてみてはいかがでしょうか。

後戻りしても大丈夫!子供の一進一退を見守る

トイレトレーニングに限らず、子供は何度も繰り返してやってみることで、初めて何かができるようになります。

昨日は成功して大喜びしたのに、今日はお漏らしばかり、それどころかもっと後退してしまったり。

トイレトレーニングは一進一退の繰り返しです。
後戻りの原因としては

①環境の変化/外出、旅行、ママの妊娠、出産、お子様の病気
②子供のストレス/失敗を強く叱られたなど
③季節的な理由/季節が変わって寒くなって、おしっこのタイミングやリズムがずれる

などが考えられます。

とてもデリケートなものなので、ゆっくり焦らずに!
もう一度子供の様子を観察して、今まで記録してきた「おしっこ、うんちの記録」表と現状を比較してみましょう。そして、トイレ(おまる)に誘う回数を減らす、誘うタイミングを変えるなどし、子供ができる段階まで戻して再チャレンジを!

まとめ

トイレトレーニングは「出る前申告」と「出た後申告」が大事です。
子供が「おしっこはトイレでするもの」と理解しても、「おしっこがしたくなったときにトイレに行く」という行動に結びつけるには、またハードルがあります。
ママはおしっこやうんちが出る前に教えてほしいものですよね。

でも、すぐに「出る前申告」ができるようになる子供もいれば、「出た後申告」はできても「出る前申告」がなかなかできない子供もいます。この違いは、感性や感受性によるもので、いつかは必ず「出る前申告」ができるようになるので心配はいらないそうです。
「出る前申告」ができるようになったら、昼間のおしっこ、うんちのトイレを習得するまであと少しのプロセスです!

ママが「おしっこ出る?」と聞けば「出る」と答えられるのに、子供が自ら「出る前申告」をしてくれず、もどかしいこともあるでしょう。「したい」感覚は少しずつ分かるようになっていきますが、まだ十分ではないだけです。はっきりと自覚できるようになれば、出る前申告」ができるようになりますよ!

ママは「もう一歩のところまできている」と子供を評価してあげましょう。ママが察して「おしっこしたい?」としつこく声掛けをしてあげることが大事です。

トイレトレーニングはママと子供の協力作業です。私もまだまだ頑張ろうと思います。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事