働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 24264

労働時間はブラック企業以上!? 夫が多忙なワンオペ育児を楽しく乗り切る方法

「ワンオペ育児」という言葉を聞いたことはありますか?
2014年、大手牛丼チェーン店が常態的に、たったひとりだけの従業員で深夜営業を行っていることが発覚。過酷な労働状況がが社会問題となり、「ワンオペレーション(ワンオペ)」という言葉が広く知られるようになりました。「ワンオペ育児」は、そこから生まれた言葉です。

ところで…3歳の男の子と最近出産した次男を育てる私も、ワンオペ育児の真っ最中。ここでは多忙な夫とやんちゃ盛りの息子を支える日々を送っている私が、どのようにワンオペ育児を乗り切っているのか、その具体的な方法をご紹介します!

ワンオペ育児の原因と問題点

冒頭で述べた大手牛丼チェーン店での労働状況のように、「たったひとりだけで労働を行うことが常態化」「休憩はおろかトイレに行く時間もない」というポイントが、現代の育児の問題点とも重なることから、どちらか一方の親(多くがママのため、以下ママとして表記します)がひとりだけで育児を行う過酷な状況をさして「ワンオペ育児」という言葉が使われるようになりました。

では、ワンオペ育児、といういびつな状況が生まれてしまう原因は、いったいどこにあるのでしょうか?

パートナーが仕事で忙しく育児に関わることができない、単身赴任のため別々に暮らしている、そもそも育児に興味を持ってくれない、など様々なケースが考えられます。

かつては育児の協力者といえば、実家・義実家が主でした。しかし、両親も就業中である、高齢・病気・介護などの事情を抱えている、地元を離れている、関係性があまりよくない、などの理由から協力を得ることが難しいケースも増えているようです。

ワンオペ育児の問題点

ここで、ワンオペ育児の問題点についても触れておきたいと思います。

実際にワンオペ育児中のママたちに「ワンオペ育児の何が大変か」という聞き取りを行うと「24時間ひとりで子供をみなければならないため、精神的に休まらない」「ごはんを食べる時間もないし、トイレにも自由に行けない」「夜間も授乳が必要なため、睡眠時間がたりない」「風邪をひいても病院に行けない」「相談できる相手がいない」などの回答が返ってきました。

このように、周囲からの十分な協力を得ることができず、ブラック企業以上の労働時間と仕事量(育児)に、たったひとりで取り組まなければならないのが「ワンオペ育児」。放置すると産後うつや虐待に繋がる恐れもあると言われています。

総括すると、ブラック企業以上の労働時間と仕事量(育児)をひとりでこなさなければならないという身体的なしんどさ。しかも自分のミスが子供の命に直結するため、失敗が許されないという状況でありながら、相談相手・協力者がいない、という精神的な辛さ。主にこの2つが、ワンオペ育児の問題点と言えるのではないでしょうか。

ワンオペ育児に解決法はあるか

では実際にワンオペ育児真っ最中の私が、そんな辛さを抱えているか…と問われれば、案外そうでもないんです。

私は、夫の転勤にともない、縁もゆかりもない、頼れる親戚どころか知り合いもいない土地を転々としながら育児をしていて、夫も多忙。ワンオペ育児の条件にはピッタリ当てはまっているのですが…。

たとえワンオペ育児中であっても、コツさえつかむことができれば、うまく自分の時間をつくり、毎日を楽しく過ごすことは可能です。私が見つけた、ワンオペ育児をHAPPYに乗り切る極意…そのポイントを4つにまとめてみました。

①家事を減らす
②子育ての負担を減らす
③ひとりぼっちにならない
④夫婦円満のための努力を怠らない

ここからはこの4つのポイントについて、具体的に紹介していきます!

ワンオペ育児解決法① 家事を減らす

ワンオペ育児をしながら家族を支える上で、一番手を抜いても問題が無いのは「家事」であると考えています。なぜなら、部屋が散らかっていても、洗濯物がたまっていても、人間は死なないからです。そのくらいのユルい気持ちで、上手に家事の手を抜きましょう。そして、外注できるものは、できるだけ外注する、という割り切りも重要です。

・洗濯・アイロンがけは「クリーニング」に頼る。
・買い物は「ネットスーパー」を利用。
・料理がしんどいときは、お惣菜を活用。「宅食」も視野に。
・いざというときは、「家事代行サービス」がある。
・自動おそうじロボットや、食洗機の導入を検討する。

まずは、クリーニングについて。洗濯+アイロンがけの労力を、Yシャツ1枚100円前後で引き受けてくれるクリーニングは驚異的なコストパフォーマンスです。アイロンの手間だけを考えるなら、Yシャツは形状記憶のものしか買わない、という方法もあります。

続いて、いつでもどこでもインターネットを利用して買い物ができるネットスーパー。これを活用しない手はありません。ネットスーパーが使えない地域でも、【大地を守る会】【oisix】など宅配便を経由した食品配送サービスや、日用品なら【Amazon】等を利用するだけで、買い物の負担はグッと減ります。

そして料理。外食・中食産業がこれだけ発達したいま、辛いときにお惣菜やお弁当に頼ることは何も悪いことではありません。実際に私も、出産から床上げまでの数週間は「宅食」という、毎日決まった時間にお弁当を配送してくれるサービスを利用し、料理は一切しませんでした。

さらに、いざというときには家事代行サービスがあります。高額なイメージがありますが、私が利用している【シルバー人材センター】の家事代行なら、1回2時間で1,750円です(地域により異なります)。この値段で家事ストレスから解放されるのであれば、検討に値するのではないでしょうか。

また、掃除機かけは自動お掃除ロボットに、食器洗いは食洗機に…など、便利な家電を導入すると、ぐっと家事負担が減るものです。かつてはかまどで炊いていたご飯だって、いまは炊飯器を使うのが当たり前。時代の流れに合わせて便利な家電に頼るのは、なにも恥ずかしいことではありません。

ワンオペ育児解決法② 子育ての負担を減らす

家事とは違い、子育ての手を抜く…というのはママとして、ちょっと気が引けるもの。子供に関わる問題は、手を抜くわけにはいかないけれど、上手に周りに頼ることでママの負担を減らすことはできます。

・保活激戦区でも、一時保育は使える。
・信頼できるファミリーサポート・ベビーシッターを探そう。
・いざとなったら里帰りも!

まずは保育園の一時保育。待機児童が社会問題化して久しいですが、一時保育であれば、意外と利用できるもの。私もかつて保活激戦区にて育児をしておりましたが、月に1.2回であれば、認可保育園の一時保育を利用することができました。これは仕事や用事があるときだけでなく、リフレッシュ目的での利用もOKです。

また、無認可保育園でも、一児保育を行っている園はたくさんあります。無認可、と聞くと、怖いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、認可保育園以上に細かい対応をしてれる園もたくさんあるのです。

一時保育の利用は、ママの育児負担を軽減するだけでなく、子供の社会性を養うという観点からも大きな意味があります。ワンオペ育児に悩んでいる方は、どうか罪悪感を持たずに、一度利用を検討していただきたいです。

さらに、1対1で子供を預かってくれる自治体主導のファミリーサポートサービスや、民間のシッターサービスも、いざというときには頼れるもの。最初は「1対1で預けるのは心配だな…」と考えていた私ですが、ファミサポスタッフやシッターさんは専門資格を持った方や、育児経験の豊富な先輩ママがほとんど。利用の前にはきちんと面談をし、信頼できる方を選ぶことで、安心して子供を預けることができました。

そして、実家・義実家との関係性が悪い…ということでなければ、里帰り、という方法もあります。たとえ数日でも、信頼できる両親・義両親の手を借りることで、育児ストレスが解消されるかもしれません。

ワンオペ育児解決法③ ひとりぼっちにならない

夫の転勤に伴って、縁もゆかりもない土地を転々としていると「ひとりぼっちにならない」ということが本当に重要だな、と感じています。特に育児中には、日常的な困りごとを相談できる相手、いざというときにSOSを出せる相手をできるだけ多く見つけておくことが大切です。

・子育て支援センターや児童館など、スタッフのいる市の施設へ出向く。
・地域の子育て関連イベントや行事には片っ端から参加する。
・子連れOKの美容室・ネイルサロン・マッサージ・習いごとを探す。

.
まず、地域の子育て支援センターや児童館には、ぜひ出かけてみて下さい。おすすめは保育士や社会福祉士などの専門スタッフが常駐している場所。子供を遊ばせるだけでなく、日々の育児の相談に乗ってくれたり、役立つ情報を教えてくれたりします。

私の場合、子育て支援センターが遠かったため、近所にある高齢者のための施設に出入りしていました。本来子供向けの施設ではありませんが、地域のお年寄りや、自治体の職員さんと親しくなり、子供と遊んでもらいながら世間話をしたり、地域の便利な情報を教えてもらったりと、ずいぶん助けていただきました。風邪をひいてしまい、どうしても病院に行きたいときに、子供を見ていてもらったこともありました。

そして、地域の子育て関連イベントや行事(ラジオ体操やゴミ拾いなど)には積極的に参加しました。お出かけをしたい、というのももちろんですが、イベントを通じて気の合うママ友ができましたし、近所の方と顔見知りになって地域のコミュニティに溶け込むこともできました。

また、子連れ歓迎の美容室やネイルサロン、マッサージ、習いごと(ヨガやフラダンス、料理など)も探してみると意外とたくさん見つかるものです。子供と一緒にいながら自分もリフレッシュすることがきるので、ぜひ出かけてみてほしいな、と思います。

ワンオペ育児解決法④ 夫婦円満のための努力を怠らない

ワンオペ育児を乗り切る上で、最後に自分を支えてくれるのはパートナーの存在。育児に関わってもらう時間的余裕は無くても、「いつもありがとう」「おつかれさま」の言葉がけがあるだけで、精神的な負担はグッと軽減するものではないでしょうか。

・良い意味で期待しすぎない、亭主元気で留守がいい、のマインドで。
・夫婦は合わせ鏡。まずは自分から愛情を。
・パートナーが妻に望むことは?を考える。

まずパートナーに対しては、良い意味で期待しすぎないことが重要です。「どうして手伝ってくれないの?」「私はこんなに大変なのにあなたは…」という発想が生まれるのは、相手に期待をしているから。「育児は私の担当」と最初から割り切ってしまえば、いちいち腹を立てることもありません。逆に、仕事が忙しくパートナーが不在がちなら「家事の手を抜けてラッキー♪」くらいの発想でいると自分にストレスがかかりません。

そして夫婦は合わせ鏡。ワンオペ育児の最中はついつい自分ばかりが大変だ…という思考に陥ってしまいがちですが、そんなときこそ笑顔で「おつかれさまでした、いつもお仕事ありがとう」の声かけを。自分からたっぷりの愛情をそそぐことで、パートナーにもねぎらいの気持ちが生まれるものではないでしょうか。

さらに、常に「パートナーが妻に望むことは何か?」を考えて動くこと。もちろんそれぞれニーズは違いますが、明治安田生命生活福祉研究所のアンケート調査によると、夫が妻に望むことの1位は「短期・ヒステリーをやめてほしい」なんだとか。完璧に家事育児をこなし、疲れてイライラするよりも、上手に息抜きをしていつもニコニコしている方が、パートナーにとっては、良い妻、ということなのかもしれないですね。

※自分への戒めの気持ちも込めて書いています…。

まとめ

ブラック企業以上の労働時間と仕事量で、世のママたちを蝕むワンオペ育児。そんなワンオペ育児中であっても、上手に家事の手を抜き、周囲に頼りながら毎日をHAPPYに過ごす、私なりのテクニックをご紹介しました。

真面目で完璧主義なママほど、負のスパイラルに陥ってしまいがち。もともとは私もそんな性格で、精神的にも追いつめられてしまった時期がありました。

それでも、少しずつ手の抜きどころを覚え、周りに頼ることを学び、地域に溶けこむ努力をすることで、いまではワンオペ育児ライフすらも楽しむ心の余裕ができました。
今回の記事が、どれかひとつだけでも、いまワンオペ育児に悩んでいる方のお役に立てばうれしいです。

宮森 渚朝

ベビーマッサージ講師、webライター。高知県在住。3歳・0歳の男の子ママ。 育児がもっとhappyになるベビーマッサージ教室「ハッピーアイスクリーム」を主宰。読者モデルとして活動中。 息子との毎日や、読者モデルとしての経験、ベビーマッサージ講師の活動などから、ママに嬉しい情報を発信していきます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事