働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 9368

こんなにおしゃれなの?お食い初めで使われる人気食器とは

お食い初めとは生後100日頃に行う儀式で、「子供が一生食べることに困りませんように」という願いを込めて祝い膳を用意し、赤ちゃんに料理を食べさせる真似をします。今回は、お食い初めに使われる人気の食器についてご紹介します。

男女で違う!お食い初めの食器の色


お食い初めに伝統的なお祝い膳を用意したいなら、「箸付 黒内朱/総朱お食い初め食器セット」がおすすめです。お食い初めで使われる食器の色は男女で異なり、男の子は外側、内側ともに朱色の食器です。対して女の子は、外側が黒色、内側が朱色の食器となります。これは、平安時代には色で地位を表していたことに起因しており、黒よりも朱の方が地位が高かったからであると言われています。古くからの伝統に従って食器を用意したいなら、こういったことも覚えておくとよいでしょう。伝統的である上に、美しい塗の食器は現代でも多くの人に人気があります。

一生ものの食器を!本物志向のパパとママにおすすめ

お食い初めの儀式を行うにあたって、初めて赤ちゃんのために食器を用意するというパパとママも多いのではないでしょうか。「ITUTU 子どものための食器」は、カバザクラ材を用いて作られた本格的な食器です。カバザクラ材独特の温かみのある素材は触り心地も良く、また色合いも素朴で飽きがきません。お食い初めにはじまり、離乳食から大人になるまで一生使える食器です。

強化耐熱磁器を採用!ワンランク上の幼児食器

素材に強化耐熱磁器を採用した「みんなでたべよっ!幼児セット」は、磁器であるにもかかわらず、電子レンジやオーブンでも使用することができます。特に、離乳食は子供が食べる量も少ないため、食事の前に必要な分だけ電子レンジで温めてから食べさせているというパパやママも多いのではないでしょうか。また、強化耐熱磁器は一般的な磁器と比較すると約3倍の強度があり、割れにくいことも大きなポイントのひとつです。割れにくく、適度な重みがあるから食器も安定しやすく、幼いうちから自分自身で食べることができるようになります。自分の力で食べることができるようになると、子供の自信にもつながりますし、食事タイムそのものが楽しくなること間違いなしです。「みんなでたべよっ!幼児セット」はお食い初めはもちろん、毎日の食事タイムやおやつタイムにも大活躍してくれる食器です。

可愛らしいミッフィーが大人気

「ミッフィー円(まどか)お食い初めセット」は、男女ともに人気のお食い初めの食器セットです。お食い初めに必要な食器一式と天然木で作られた箸とお盆、ミッフィーの箸置きまでがセットになっています。子供の小さな手に合わせて設計された食器は手になじみやすく、お食い初めの後の離乳食期にも使えます。ミッフィーの絵柄は可愛らしく、またシンプルであるため、男女ともに人気の食器となっています。

世界にたったひとつだけの名前入り食器

世界にたったひとつしかないオリジナルの食器にこだわりたいなら、【accototoアッコトト】の名前入り食器のセットがおすすめです。【accototoアッコトト】の食器の絵柄は、ウサギ・ゾウ・キリンなどの子供たちに大人気の可愛らしいアニマルイラストが施されており、子供の名前入りにすることができます。一生に一度のお食い初めの儀式にふさわしい、世界にひとつしかない食器です。お食い初めが終わった後も普段使いできる点が【accototoアッコトト】の最も良い点です。【accototoアッコトト】に使用されている高級強化磁器と呼ばれる素材は手にもなじみやすく、また「幼い頃から本物の食器を」と考えるパパやママの願いもかなえてくれます。高級強化磁器でありながら、電子レンジやオーブンでの加熱はもちろんのこと、食器洗浄機でも洗うことができるので、デイリー使いにも最適です。

まとめ

それぞれの良さがある!お食い初め食器

お食い初めの食器はさまざまな種類がありますが、どれもそれぞれの良さがあります。伝統にのっとったものから、一生使えるものまであり、どれにしようか悩むところです。お食い初めの儀式は地方により若干の違いがありますので、迷った時は祖父母に相談してみるのもよいでしょう。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事