働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 6200

【日本テレビ解説委員:岸田雪子】AIに負けない子供の才能の伸ばし方

ママプラ読者のみなさん、はじめまして!岸田雪子です。記者、キャスターを経て、解説委員をしています。 最新ニュースをきっかけに、忙しいママさんに役立つ情報をFacebook「ママチョイニュース」でご紹介しているのですが、そのマンスリー版=「月刊 ママチョイニュース」を、ママプラでスタートさせて頂くこととなりました。 第1回目のテーマは「AIに負けない子育て」です。

10年後、人間の仕事は半分に減るの!?

business いまから10年〜20年後。子どもたちが仕事に就くであろうころには、いまある仕事のおよそ5割は、AIに奪われるーー数年前、オックスフォード大学准教授の論文が世界に衝撃を与えました。この論文はアメリカの話でしたが、その後、日本の研究所も、いま日本にある仕事の49%は、AIによって代替できるようになるだろう、と試算しました。

ニュースの世界を見渡しても。最近はスマホのショップや空港でロボットが人間のように活躍し、販売員や案内人の仕事を務めるニュースが増えました。というより、だんだんニュースとしての真新しさすら失せ、新たな日常の光景となりつつありますね。

そんな時代に生きる子どもたちに、わたしたち親は、どんなチカラを育てればよいのでしょうか。

AIにできないこと、を知る


先日、Yahoo!経営に携わる方とお話しする機会がありました。政府の審議会メンバーでもあり、経済や産業のあり方のプロである彼に、「AIにできないこと」は何か?聞いてみました。それは、「人間にしかできないこと」であるはずだからです。

彼いわく、AIは…

①意志を持つことができない
②五感をもたないので、知覚できない
③事例が少ないものには、対応できない
④問い、を生み出せない。対話ができるのは、人間だけ
⑤ひらめき、がない
⑥常識的な判断、ができない
⑦人を動かすこと、ができない
⑧枠組み、をデザインできない

言い換えれば、「意志」「五感」「対話」「ひらめき」は、人間にしかないチカラであり続ける、というわけです。
AI時代を生き抜くヒントは、この辺りにありそうです。

《五感》を磨き《ひらめき》を育てる

kids_feel
AIは、大量の情報(ビッグデータ)を処理し、パターン化することは得意ですね。でもそれはあくまで、パターンでしかありえない。つまり、今ないものを生み出す、クリエイティブな分野は、AIが人間に取って代わることはできないはずなのです。仕事で言えば、「新しいアイディアを生みだし」「総合的に見立て」「方向を定め」「人を奮い立たせ、人を動かす」ことは、人間にしかできない働き、といえるのでしょう。

クリエイティブなチカラ…と言われてもどう育てればいいのか、迷いますね。そこで、ヒントになるのは「五感」の大切さです。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の「五感」を育てる、「感じる心」が、クリエイティブな発想、ひらめきのベースになるそうです。

発達学の専門家は、幼いころの〝自由な遊び〟が「五感」を育てるのにとても有効だ、と指摘しています。与えられたゲーム機ではなく、子どもたち自身が自分で見つけた〝自由な遊び〟…たとえば原っぱを裸足で駆け回り、川の水の冷たさに触れ、石ころでお城を作る…などの遊びが、「人間のチカラ」の源泉のひとつとなるのかもしれません。

塾や習い事に忙しい子どもが増えるいま、かつては当たり前だった〝自由な遊び〟も、大人が意識して時間を作らなければ、できなくなっているのが実情かもしれませんね。

まとめ

やって来るAIの時代にむけて、プログラミング教育が人気ですね。小学校でも、プログラミングは必修科目になる見通しです。AIデータの扱いを学び、AIを活用する術を知ることは、これからの時代に生き残るため、なくてはならない能力になるのでしょう。

一方、小学校では英語教育も強化され、学校の授業数は増える傾向にあります。「脱ゆとり」と歓迎する親御さんも多いのですが、子どもたちの〝自由な遊び〟時間も、忘れずに守りたいところですね。

見て、聴いて、嗅いで、触って、味わう。忙しい子どもたちにも、五感を研ぎ澄まし、ひらめきや対話のチカラを育てる〝自由な遊び〟の時間をつくること。「人間にしかないチカラ」を育てることは、大人の大切な役割だと思うのです。

執筆者プロフィール
岸田雪子(きしだゆきこ)日本テレビ報道局で教育・医療・国際政治・スポーツなど幅広い分野での記者経験10年を経て報道キャスターに。 「スッキリ!!」「情報ライブ ミヤネ屋」のニュースコーナーキャスターや、BS「深層ニュース」(報道トーク番組)の司会などを経て、2017年より解説委員に。小4の息子の育児と実母の介護にも奮闘中。子育てで大切にしているのは『読み聞かせ』と『外遊び』の時間。

月刊 ママチョイニュース

日本テレビ【ママチョイニュース】とは・・ 「子育てに忙しくて、テレビのニュースを見るヒマがない!」というママやパパに、子どもや子育てをめぐるニュースを独自の目線でチョイスし、解説するオンラインコンテンツ。食べ物やオモチャの安全性や教育、子どもに流行する病気の情報など、子育て中だからこそ知っておきたいニュースをまとめてお届けしています。https://www.facebook.com/ntvmamanewsぜひチェックしてみてください!

RELATED POST

あなたにおすすめの記事