働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 4880

【習い事体験談】男女ともに人気!幼稚園児と小学生のスイミング

新しいステージが始まる4月。ドキドキの毎日が少しずつ落ち着いてきた頃でしょうか?
そろそろ習い事のことも気になりますね。我が家は小学3年生と幼稚園年中児になった息子たちに、スイミングを1年半ほど習わせています。男女ともに、安定して人気の習い事ですよね。そんなスイミングスクールの実態を、月謝、準備品、友達付き合い、子供の成長、ママが大変なことなどの観点からシェアさせていただきます。

費用はどのくらい?用意するものは?

tomoeさん(@tutu_7514)がシェアした投稿

一般的なスポーツクラブのスイミングスクールの場合、入会金は10,000円ほど。(年に数回、入会金免除キャンペーンがあることも!)
入会の際には、水着や水泳帽、ゴーグルなど、各スポーツクラブ指定のものを揃える必要があります。我が家の場合は、1人につき水着・水泳帽・ゴーグル・お手紙ファイル・進級ブック・(送迎バスに乗る長男のみ)リュック・ラップタオルを用意しました。

月謝は、週1回で大体6,000〜8,000円ほど
週2回にする場合や兄弟がいる場合には、割引が発生することもあります。施設費などが月謝に含まれていない場合や、送迎バスが有料の場合もあります。
あと、幼稚園(小学校)後のスイミングの場合お腹が空くので、毎回おやつを準備しています。お友達と交換できるように少し多めに持たせる日もあります。

レッスン時間はどのくらい?内容は?

@___2678がシェアした投稿

レッスン時間は、大体1回1時間です。
振替制度はそのスクールによってかなり違いますので、必ず通われる前にチェックしてみてください。通うペースの参考になります。

レッスンの内容はもちろん水泳の練習ですが、スイミングの大きな特徴とも言えるのは、クラス分けが学年ではなく完全に能力(=泳力)別ということ。
1〜2ヶ月に1回くらいの頻度で進級テストがあり、受からなかったら、また同じ級の内容を引き続き練習します。テストに受かれば、新しい帽子の色になったり、スイムキャップやスクールバッグにつけるワッペンがもらえたりすることが多いです。
帽子にたくさんのワッペンが付いている子は、たとえ幼い子でも感心の対象です。新しいワッペンをもらえると、我が子も他の子供たちも、とても嬉しそうにしていますよ。

ママにはどんな負担がかかる?

ママの負担については、子供の年齢によって大きく変わるでしょう。
おむつが昼間だけでも取れている2歳半〜3歳ぐらいから、ママと一緒の親子スイミングではなくキッズスイミングクラスに入れることが多いようです。
レッスンの間、ママたちは観覧席で待ったり近所に買い物に出かけたり、小学生くらいになると付き添わなくなったりと様々ですが、大体の場合、子供の年齢が上がるにつれてママの負担は減っていくと思われます。

もうひとつ負担になりがちなのが、洗濯ですね。
夏になると、幼稚園と小学校での水泳指導に加えてスイミングスクールもあり、ラップタオルの洗濯に追われるような時期もあります。しかし、夏は幸いすぐ乾きますし、他のスポーツと比べれば着用するものが少なく、泥汚れもなく、手入れはかなり楽な方かと思います。

いつから習わせるべき?

早ければ早いほど体は鍛えられるとは思いますが、2~3歳のうちはコーチの指導内容を頭で考えて実践することはおろか、コーチが言っていることを理解できるかどうかも難しいです。
進級ペースという観点では小学生くらいから始めた方が早く進みます。しかし、水に対して抵抗のある子は、幼いうちから始めた方が克服しやすいと思います。

また、周りのお友達も見ていると、兄弟やお友達と一緒だと初めてのスイミングでも緊張しにくいようです。ママと離れることへの抵抗が強い子は、幼稚園などで母子分離ができてからの方が、安心して通い始められるかもしれませんね。

我が家の場合

長男が小学1年生・次男が幼稚園入園前の2歳6ヶ月の夏がスタートでした。

<長男の場合>
長男は小学校の同学年の子が数名いたので、最初の頃から楽しそうに通っていました。
小学生からは、近所を巡回するスポーツクラブの送迎バスに乗せてくれるので、暗くなる帰りのみ近所のバス停まで迎えに行きますが、ほぼ1人で行ってくるという感じです。

<次男の場合>
次男は最初、1人で体験に参加しました。幼稚園のプレなどでも全然泣かない次男でしたが、初めての習い事・目の届かない距離での母子分離で、さすがに最初の30分は大泣き。30分過ぎた時点で吹っ切れたのか、泣き止み、黙々と参加していました。

その後週1で通い始めるようになりました。
未就園の時は知っているお友達もいなかったですし、そもそも本人は「うん」とか「トイレ」など、簡単な単語1語を発する程度のコミュニケーション段階だったため、お友達を作るということはありませんでした。
しかし、幼稚園に入ると話すのも上手になってきて、幼稚園のお友達が何人も同じスクールに通っていたので、すぐに距離が近づきました。今では一緒に行くのを楽しみにしています。

次男の場合、幼稚園のお友達と楽しく過ごすことはもちろん、幼稚園以外の交友関係も築けていましたので、早くから通わせたことに後悔はありません。
年少児の後半くらいに「今日は月曜日だからプールだね」と、1週間のカレンダー感覚の話ができるようになり、最近では「次のプールではワッペン(テスト)だね」と、進級に対しての意識も芽生えているようです。

スイミングを始めた時期としては、2歳スタートと1年生スタートで「こちらの方が絶対良かった」という思いはありません。やはり、子供自身の意欲や水への抵抗感、母子分離が可能かどうか、などが判断基準になると思います。

実際どうなの?スイミングを続けてみた感想

最後に、1年半続けてみての感想をお伝えしたいと思います。

息子たちをスイミングスクールに通わせている間、特に悩みの種だったのが、レッスンの振替を含む“通わせる頻度”でした。

我が家が利用しているスイミングスクールでは、欠席・振替登録を電話ではなくWebサイトにログインして行います。レッスンの1分前までに登録した欠席については、3ヶ月以内の空きのあるクラスに振り替えられるというシステム。
ですが、進級テスト週間には振替できなかったり、どの曜日も混んでいて思うように振替が取れないことがあったり、振替が取れても週に2回も往復するのは大変だったり…。

子供たちの体力的には週2日くらい通えそうですし、その方が進級も早そうなのですが、週1日でないとこちらが大変という状況です。
振替でなくとも、上達のために普段から週2回以上通えるスクールを探しているママもいるかもしれません。しかし、その分ママの負担も倍増してしまいますので、通わせる頻度については、スクールの立地条件やこの習い事に何を望むか次第で決めるのが良いと思います。

息子たちが友達と楽しく過ごしながら、競争心や成長意欲を育て、また体も丈夫になっていくスイミング。私は習わせて良かったなと思っています。
どこまで続けるかはわかりませんが、早くてもクロールが25m泳げるくらいまでは頑張ってもらいたいですね。
もちろん、本人たちが望むなら、もっと長く続けさせるつもりです。

まとめ

いかがでしたか。
スイミングを始めさせるなら、子供の水への抵抗感やママと離れられるかどうか、スクールの立地・システム、ママのスケジュールなどを照らし合わせて考えてみてください。新生活を展開していく上で、ママたちの参考になれば嬉しいです。

HITOMI

米国州立大学卒業後、結婚、出産。小学生と幼稚園年の男の子のママ。美容誌MAQUIA公式美容ブロガー5期目。読者モデル。 http://ameblo.jp/bunbiryoudou

RELATED POST

あなたにおすすめの記事