働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 8808

2万円で私立大学へ行く方法

ワーママにとって出産後、まず気になるのは保育園。その後小学校、中学校と子供は成長していきますが、保育園に預けられるか頭を抱える時期に、大学入学のことなんて!
遠い現実味のない話しですよね。ところが、将来的には小学校、中学校、高校、大学と子供は進学していきます。ステップ直前にまとまったお金が必要になり、あたふたするのは御免。そこで、今回はマネーコンサルタントの加藤様から教育費についてプランニングの仕方をお伝えします!



(画像: あんしんFPパートナー株式会社 加藤様)


貯金は産まれたらすぐスタート

子供が産まれると、まずは生命保険貯蓄型、学資保険など満18歳で受け取りができる学資貯金をするご家庭も多いはず。
もちろん、これでも十分ですが、子供の進路や家庭収入によって貯金額を見直すことは大切です。
一応子供を私立大学と考えていても、文系と理系でもかかるお金は変わってきます。塾代、入学金などを含む私立大学の場合、その額なんと400万円以上。
子供が産まれてから12年間、月々2万6千円程度の貯金をしていくと中学までに大学資金が確保できるわけです。
しかし、これはあくまでも中学高校が公立の場合。中学から私立受験を考えているご家庭は大学までで1千万円以上の金額がかかるので倍以上の貯蓄が必要です。



(画像:加藤様ご提供 幼稚園から大学までの養育費)

保育園期はまさに「貯め時」


子供は成長とともにお金がかかるものですが、まさにそれを実感するのが教育費です。
また夫婦の年齢的にも働き盛りであるため、まさに保育園の時期は貯め時です。共働きができる間に月々2万6千以上の貯金をしておけば、小学校卒業までに大学資金を用意できます。病気や両親の介護など、資金繰りをせねばならない時期に、子供の受験や入学が重なることもあることも頭にいれておきましょう。外食も買い物も旅行も、もちろんそれを楽しむことも大切です。ですが、マネープランニングを立てた上で賢く使いましょう。

大事なのは「目標と期間」


前述したように子供の教育資金は、どこを目指すかによって変わってきます。その場しのぎでは生活に支障をきたす場合もあるので、私立大学を目指すのか、中学受験から目指すのかゴールを決める必要があります。
産後、またはそれ以降になるのか、始める時期によっても貯蓄額が変わってきます。設定した上で早く始めれば坂は緩やかですし、遅ければ遅いほど坂は急になり貯蓄額が上がっていきます。
また、プランが変更になった場合や月々の額を減らしてボーナスを使って貯める方法もあります。最終的にゴール金額に達すればいいので、どのような貯め方が良いのかもご家庭で話し合うと良いでしょう。いずれにしても「目標と期間」が大切です。

(文・森 初世)

取材協力
加藤寛貴
あんしんFPパートナー株式会社
AFP (日本FP協会認定)
2級ファイナンシャルプランニング技能士
子育てマネーアドバイザー

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事