働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2528

夏のUVも怖くない!実践したい子供のための紫外線対策

「子供が真っ黒に日焼けしているのは元気な証拠、夏場はこんがり日焼けをさせましょう」
ひと昔前まではそんな考え方が主流でした。しかし近年、環境破壊などの影響で年々紫外線量は増えています。紫外線を浴び続けると、将来皮膚がんや白内障を発症するリスクが増加してしまいかねません。大切な子供を守るため、紫外線対策の重要性と具体的な対策方法をご紹介していきます。

子供の紫外線対策が重要な理由

自分も幼い時からUV対策をしてもらっていた、というママはどのくらいいるでしょうか。
この記事を書いている私自身、子供の頃は「誰が一番日焼けをしたか」を友人同士で競い合い、保育園でも「一番日焼けをして真っ黒になった子供を決める」というイベントが行われていたほど、UV対策とは無縁に育ってきました。

ドラッグストアなどで子供用の日焼け止めクリームといったUV対策グッズを目にするようになったのは、ごく最近ですよね。

今までは子供は真っ黒な方が健康だと言われていたのにも関わらず、急に「UV対策をしましょう」と変化した理由として、冒頭でもお伝えした紫外線量の増加が大きく関わっているようです。

それに加え、子供の肌は大人と比較すると薄くて未熟ですので、大人よりも紫外線ダメージを受けやすいと言われています。

紫外線は目に見えるものではないので、子供の頃大量に浴びた紫外線の影響で、大人になってから深刻な病気を患ってしまう可能性も…。

「まだ子供だからいいか」ではなく、子供だからこそ紫外線対策が重要だと言えるのではないでしょうか。

紫外線対策グッズと、その選び方

子供のための紫外線対策グッズにはどのようなものがあるのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

①帽子
紫外線対策の必需品と言えば帽子ですよね。通常の帽子でもかぶらないよりはマシですが、より高い効果を求めるのならば「UVカット帽子」を選びましょう。UVカット率も表示されていますので、参考にしつつ選んでみてくださいね。
また、首の後ろを紫外線から守るためのフラップがついているものや、あご紐がついているもの、それらを取り外しできるかどうかと言った機能性もしっかり見た上で選ぶようにしましょう。

➁アウター
羽織るだけでUVカットできるアイテム、アウター。
こちらの商品のようなUVカットを目的としたアウターはいかがでしょうか。

【エポカル】ブレッサブルUVパーカー

海やキャンプといったアウトドアに活躍するアウターは、着るだけでUV対策が出来る優れものです。
背中がメッシュになっているものは蒸れませんので、暑い夏でも快適に過ごせます。

➂サングラス
紫外線の影響から大切な子供の目を守ってくれるのがサングラス。子供用という事で、落としたりぶつかったりしても壊れにくい事が特徴です。選び方ですが、必ず紫外線透過率かUVカット率の表示があるものを選ぶようにしましょう。紫外線透過率の場合0.1%以下など値が低くなるほど紫外線カット機能が上がり、UVカット率の場合は値が高くなるほど紫外線カット機能が上がります。

UVクリームの選び方とおすすめアイテム

子供のUVクリームを選ぶ上では、いくつかの注意点があります。間違ったものを選んでしまうと肌トラブルを招いてしまいますので、注意してくださいね。

選び方のポイントとしては3点あります。

①ノンケミカルで無香料・無着色なもの
②しっかり簡単に落とせるもの
③SPF20以下のもの

私達大人であれば「UV対策=SPFが高いものを選ぶ」と思いがちですが、子供の肌は敏感です。
そのためSPFが低いものをこまめに塗ってあげた方が、肌への負担が少なくて済みます

おすすめのUVクリームはこちらです。
【アロベビー】UVクリーム60g

100%天然成分に加え、純国産でありながら、無香料・無着色。おすすめしたいポイントはまさにこれです。大切な子供の肌に直接塗るものなので、ママとしてはより安心なものを選びたいですよね。赤ちゃんはもちろん敏感肌の大人にも安心して使用できるUVクリームです。

海やプールではせっかく塗ったUVクリームが流れ落ちてしまいますので、2時間ごとを目安にこまめに塗りなおしてあげましょう。日差しが強い時などは先ほどご紹介した帽子やアウターを着用して対策してあげると良いですね。

赤ちゃんへの紫外線対策

生後間もない赤ちゃんにUVクリームを塗るのは基本的にNG
生後3か月頃までの赤ちゃんの肌は、とても敏感なのです。新生児から使用可能と記載されているものであればかまいませんが、赤ちゃんの肌を守るためには極力控えた方が無難です。

UVクリームに頼らず、赤ちゃんに直接日光をあてる事のないように、ベビーカーにサンシェードを付ける等の対策をとりましょう。

まとめ

大量に浴び続けると恐ろしい病気になる可能性が潜んでいる紫外線。ご紹介したアイテムを上手に取り入れ、紫外線からの影響を最小限に抑えましょう。ママはもちろんですが、子供の紫外線対策も怠らず、夏の楽しい思い出をたくさん作ってあげてくださいね。

kao

保育士。子供を出産後、保育士として現場復帰した男の子ママ。保育士向けメディアや子育て中のママ向けメディアで活動中。 子供と過ごす時間を大切に、楽しく過ごすためのヒントをお伝えしていきたいと思っています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事