働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2984

事前準備でグンと成長!大充実の夏休みにする方法【小学生編】

子供が小学生になって心配なことのひとつに、夏休み中の宿題の多さがありませんか。
とは言っても、夏休みは1ヶ月半弱ありますし、終わらないような量の宿題ではないはずなので、親子で事前に計画を立てておけば何も問題ありません。遊ぶ時間もたくさん取れます。
今年小3のママになった私が、小1・小2での夏休みを振り返り、ママがなるべくストレスフリーでいられて、子供にとって学びの多い夏休み準備のコツを簡単にまとめてみました。

夏休み準備で大事なことは事前計画

楽しい夏休みなんて、長いようで意外とあっという間。小1・小2でも、宿題は色々な種類のものが出されます。
歯磨きカレンダー・ラジオ体操カレンダーに、国語や算数のプリント・ドリル、読書感想文、絵日記・植物の観察日記、そして自由研究や工作。無計画で迎えてしまうと、後々大変なことになってしまいます。しかも絵日記などは、「この日のことを書く」と先に決めておかないと、後から「あの日のことを描こうかな」と振り返っても、子供は鮮明に思い出せません。

通常授業のある時期は「その日の宿題」しか出ないことが多いですしこういった長いスパンでたくさんのことを計画するトレーニングはなかなかできません。
初めはママ・パパも関わってあげないとできないかもしれませんが、夏休みの宿題を通して自分で予定やタスクを管理する能力を養うことは、とても重要です。

私たちママ世代とは違い、今の子供たちが大人になる頃には、知識や情報をたくさん持っていることよりも“知識や情報を使いこなせる管理能力・リーダーシップを持っていること”が大事になってくると言われています。この管理能力やリーダーシップについては、学校で教わる機会もあるのかもしれませんが、なかなかトレーニングが難しいことのひとつだと私は感じています。夏休みの計画をママ主体ではなく子供主体で立てさせ、これらの能力を家庭で育てていきましょう。

塾に通っている子供なら、小学3年生くらいには親や先生に頼らなくても自分で学習プランを立てられるよう指導しているところもあります。
家庭でトレーニングするなら、親子で楽しいことを沢山考えながら計画を立てることで、親子の距離も縮まるでしょう。また、準備は大変でも、この計画表があると「今日何をしたら良いか」「いつごろには宿題から解放される」「この日はママの予定を入れても大丈夫な日」など、色々なことが一目でわかり、ママにとっても楽です。

「とにかく頑張りなさい」という指示では子供はどうしたらいいのかわかりませんが、計画表を準備しておけば、今日・明日やることも、これをやったら終わりというゴールも、自分でわかります。夏休みの宿題は、実際に書き出してみるとそれほど多くなく、遊びの予定を入れられる日もたくさんあることにも気づくでしょう。

待ちに待った夏休み。事前計画を有効活用して、親子ともに楽しく学べる夏にしたいですね。

夏休み準備①決まっている予定を書き込む

では、カレンダーや予定表を準備して、早速計画を立ててみましょう。
ちびむすドリルというサイトの計画表は、小学生用の期間別のものもあり、おすすめです。

まず書き込むのは、既に決まっていることから。終業日、始業日、おじいちゃん・おばあちゃんの家へ行く日、旅行、習い事、パパのお休みの日、ママのお仕事の日、など。変更や書き足しなども出てくるので、鉛筆や消せるペンで書いておくと、夏休みが終わるまで読みやすい予定表をキープできると思います。

さらに、この時点で自由工作もしくは自由研究を何にするかも相談しておくといいでしょう。市販のキットを使った工作を予定しているなら、夏休みに入ってから買いに行っても欠品になっていることがあります。博物館などに行って研究するなら、その予定を立てておきましょう。

ちなみに、我が子は工作好きなので、市販のキットではなく、家の工作スペースにためていたペットボトルや段ボールなどを使った製作物にしました。女の子でしたら、手芸屋さんなどに行くと好きなものが見つかるかもしれません。
読書感想文用に読む本も、この時点で探しておけると良いですね。

夏休み準備②やってみたいことを書き込む

次は、まだ決まってはいないけれどやりたいことについて、家族で相談しましょう。

例えば、海、映画、博物館など。夏休みには、子供向けのイベントもたくさん催されます。ショッピングモールに工作コーナーができたり、大学や企業や自治体が体験教室を開催したり。インターネットや地域のお知らせ、ママ友との会話などから情報を収集してみましょう。
それぞれの日程・場所・費用などがわかったら、その中でどれに行くのかを決め、夏休み生活表に追加してみます。

個人的におすすめなのは、塾の夏期講習です。学校とは違い、塾は子供にとって少し緊張感があるもの。送り迎えも大変ですし、まだ通うのは早いと思っているかもしれません。
でも、夏期講習なら、1科目あたり50〜60分程度の1コマを大体3〜4日間こなすだけです。もちろん、通年通うするほどのコストインパクトもありません。
塾がどんなところなのか体験しておくこと、学校がない時期にも勉強する期間があること、学校の授業よりも少人数でフィードバックが得られやすい塾で苦手なところや克服方法を相談できることは、ママにとっても子供にとってもメリットが多いと感じました。

我が家の場合、塾が徒歩圏内にないことや、息子たちの他の習い事を考えると送迎する余裕もないため、今のところは通年での塾通いは考えていません。でも、去年の夏期講習で4日間集中して講習テキストに取り組み、学習計画を先生にいろいろと相談でき、長男の苦手な点が集約された宿題を出してもらえたことで、夏休み明けの息子の成績はぐんと伸びました。

勉強することを特別なことでなく、自然に日常に取り込むきっかけにもなったように思います。また、私にとっても、最近の受験情報を得られたり、息子の勉強のサポートの仕方を学べたりと、とても参考になりました。

夏休み準備③宿題のスケジュールを書き込む

予定が埋まってきたら、空いた日に宿題を振り分けて一旦完成です。
絵日記2日間分は、外出など特別な予定のある日に書くはずですから、すぐ決まりますね。
次は、勢いをつけてやれば1日か2日くらいで終わるであろう「ドリル」を、なるべく早めのスケジュールで2日分書き込みます。
ここまでは比較的スムーズに片付く宿題です。とにかく、ここまでは一気に進めましょう。7月中には終わると理想的です。

また、植物の観察日記も、早めに終わるよう書き込みましょう。考えて書かなくてはならない作文と違い、観察日記は、葉っぱの形や大きさは、花が咲いた数など決まったことを書くものなので、植物の成長予想に合わせてスケジュールを立てれば、意外と早めに終えられるでしょう。

そうすると、残りは読書感想文と自由工作または自由研究です。出かける予定や勉強をする日があることを考えながら調整して、無理なくできそうな範囲で、前倒し気味の日程で書き込んでみましょう。
いざという時に延期ができるよう、あまり先延ばしにしないのがポイントです。

まとめ

いかがでしたか?
“子供主体”というテーマを忘れないことがポイントです。子供が受け身になるのは、決まっていること・決まったことを書き込む時だけ。それ以外の時は、「どんなことがしたい?」「これとこれ、1つしか行けないのだけどどちらにする?」「この宿題はこういう日にやったほうが良いものなんだけど、どの日にやる?」などと、なるべく沢山のことを判断・管理させてみましょう。それを繰り返すことで、子供がどんどん頼もしく成長していくことを実感できると思います。愛する我が子の夏休み、実りある期間になるかどうかはママの腕の見せ所ではないでしょうか。

HITOMI

米国州立大学卒業後、結婚、出産。小学生と幼稚園年の男の子のママ。美容誌MAQUIA公式美容ブロガー5期目。読者モデル。 http://ameblo.jp/bunbiryoudou

RELATED POST

あなたにおすすめの記事