働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2288

育児のハードさがよくわかる!親と赤ちゃんの関係を恋人に置き換えたマンガが話題

ひとり育児の過酷さを“親と赤ちゃんの関係を恋人関係に置き換えて”描いたマンガがTwitter上で話題! 「そうそう!まさにこの通り!」と10万リツイートを越えるほどの人気なんですよ!

育児をしたことのない人でも育児のハードさがよくわかる!

Twitterで話題になっているのがこちらのツイート。


マンガをツイートしたのは、平八@おばバカ日誌さん(@heihachi083)です。
「親と赤ちゃんの関係を恋人関係に置き換えたら、育児したことのない人にも育児のハードさが伝わりやすいかもしれない」という想いで投稿したのだそう。

筆者も平八さんの話題の漫画を読ませていただきましたが、“育児”と“恋人関係”の両面からみても分かりやすい内容で、つい「そうそう!そんな感じ!」とうなずいてしまいました。育児中のママはもちろん、男性も女性も必見ですよ!

すべては愛する君のため…!?

それでは話題のマンガの内容を、ここでちょっとだけご紹介しますね!

ずっとそばにいて!食事作りもドラマティック

meshi


ママ大好きで常にかまってもらいたいのが赤ちゃんの性質。どんな作業だろうと、そばを離れるだけで大泣きしてしまうんですよね~。筆者宅もまさにこんな状態です! そろそろお腹が空くだろうと食事の準備をはじめれば「何してるの!?かまってよ!」と子どもが大騒ぎをはじめます。「いや…、君のメシ作ってるんだけど…遊んでもいいけど、お腹すいたらまた泣くよね?」と同じように困りながらキッチンに立っているママもきっと多いのでは?

こちらの気持ちはおかまいなしの気分屋さん♪

kibunya


大事な人においしい食事で喜んでもらいたい! そう思うのは、育児も恋愛も同じですよね? でも育児では、どんなに手をかけても「気分じゃない」「なんか違う」と言わんばかりに手すらつけてもらえないことも多々。でもいいんです! それが赤ちゃんだから…(泣)

夜中もひたすら寂しいの!

yonaki


こちらは子どもの夜泣きを例えたエピソード。寝付かせをしてやっと寝たと思っても、夜中に2度3度と繰り返されるお呼び出し。親はその間の少しの時間で必死に睡眠をとって生きているんですよね。
これが子どもや日によっては1時間間隔だったり、朝まで寝てくれないなんてことも…。

平八さんの表現力で面白おかしく描かれていますが、現実におきかえてみると育児を経験していなければ「こんなの無理~!」と思ってしまうはず。でも、育児ではしっかりお世話をしていかなくてはいけません。大切な大切な我が子ですが、ときどき疲れてしまうこともありますよね。

「わかるわ~!」と多くのママから大反響!

ひとり育児の大変さを表現したこちらのマンガ、ツイートされるやいなや「うちもそうです!」「すごくイメージしやすいです!」とママだけではなく、未婚の学生さんなどからも大反響! リツイート10万件以上、いいね11万万件以上と、トレンドになっています!
そんな、みなさんの共感の声もこちらでご紹介したいと思います。

現役ママさんを応援します!


平八さんはTwitterで「恋人はトイレもお風呂も自分でいくけど、赤ちゃんはそのお世話も親の手がいるから体力も気力もモリモリ必要」ともツイートしていらっしゃいました。ママの気持ちはもちろん、体調のことも考えると、やはりひとり育児の負担がとても大きなものだと実感しますね。

子育てママがおかれている状況がよく理解できました!


この方のほかにも「マンガを読んで、子育て中のママの大変さがわかったような気がします!」というツイートが多くあがっていました。ママにとっては覚悟のうえでの出産・育児ではありますが、やはり理解者が増えるのはうれしいことです。平八さんの漫画が、育児の理解者を増やすきっかけになっているんですね。

気持ちが少しラクになりました


育児の大変さを伝える平八さんのマンガには、多くの育児中のママが励まされたはず。実際に筆者もそのうちのひとり。「そうなのよね~!」と共感することで、大変なのは自分だけじゃないと思えたり、これだけがんばってきたんだと誇らしい気持ちになったりして、ますます我が子が愛おしく感じました。きっと同じように励まされたママも多いのではないでしょうか。

今回mamaPRESSで紹介するにあたり、作者の平八さんは「ひとりでの育児が過酷だということを多くの方へ知って頂き、育児に協力的な方が増えてくれればうれしい」とコメントしてくれました。

パパにもぜひシェアしてみてはいかがでしょう!?

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事