働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2808

「“ひらがな”は就学前に覚える」は本当?読み書きの必要性と教える時期やコツ。

ひらながの読み書きは小学校で学びますが、幼児期にできることはあるのでしょうか?
近ごろは年少ぐらいでひらがなが書ける子もいて「うちの子はまだ……」とちょっとそわそわすることはありませんか。

そこで今回は、ひらがな読み書きの必要性やひらがなをいつから教えたか、子どもに教えるコツなどの体験談をお届けします。


就学前にひらがなを覚えることは必要?

園でお友だちから手紙をもらう

筆者の息子が年少の頃にクラス内で手紙交換がブームになり、お友だちから何通かお手紙をもらいました。まだぎこちない文字で

「〇〇くんへ、いつもあそんでくれてありがとう。こんどつみきであそぼうね」

というかわいい手紙でした。

息子はまだ文字を書けなかったので、絵だけ描かせて、私が言葉を添えてお返事を渡しました。
今思えば、文字を覚えるいい機会だったのかもしれませんが、そのときはひらがなを覚えるまでには至りませんでした。

小学校の入学説明会で

入学前の説明会では、たいてい「自分の名前は書けるようにしてください」と言われます。

もちろん小学校ではひらがなを教えてくれますが、大抵の子がある程度わかっているという前提で進めていく場合もあり、学校や先生によっても差があることも事実です。

全てのひらがなの読み書きの練習はともかく、正しい鉛筆の持ち方や、直線や曲線など思うように動かせる「運筆」はなんとなくでも練習を進めておいたほうがいいかもしれません。


ひらがなを教えるポイント

まずは、ひらがなに興味を持つことから

いくら親が熱心に教えようとしても、子どもがひらがなに興味がないとなかなか覚えられないものです。好きな絵本やキャラクターグッズ、おもしろい看板など、子どもの目につく物から少しずつ自然と覚えられると無理がありません。

おえかきボードやおもちゃも便利

文字の練習は紙や鉛筆だけでなく、普段から馴染んでいるおもちゃを遊びの延長として使うと、楽しんで覚えられます。

磁気ボードや消せるペンで、絵を描きながら文字も添えてみたり、ひらがなの書いてある積み木を並べたり積んだりして、クイズなどにしてみると興味を持ってくれやすいです。

あいうえお順じゃなくていい

ひらがなの読み方がわかるようになってきたら、次は書く練習です。鉛筆をコントロールして直線や曲線などを書ける「運筆」をできるようになってから、ひらがなに入りましょう。

50音の「あ」から……とあいうえお順にこだわらなくても、書きやすい文字「く」「し」「つ」など、簡単なものからの方が始めやすいですね。


【体験談】楽しむのがいちばんの近道

興味がないのに押し付けていた

筆者の息子が2歳のとき、大きなひらがなや書き順が書いてある絵本を購入しました。寝る前の読み聞かせタイムに、子どもと一緒に「あ」から「あひるの“あ”だね」と言いながら指でなぞっていましたが、子どもは興味がなさそうで、集中して聞いていませんでした。

しかも私が一度に欲張っていくつも教えようとしたので、余計に退屈だったようです。教える私もこれは単調でつまらないかと気付き、やめてしまいました。

今思えば息子はまだ興味もなく、かといっておもしろくする工夫もしなかったので、ただの押し付けだったなと思います。

学習教室に通う

年中から、そろそろしっかり文字や数の勉強を始めさせたいと思い、近所の学習教室に体験レッスンに行かせたら、もっとやりたい!と気に入ってくれたので週に2回通い始めました。
先生に褒められることが嬉しかったり、もっと進んでいるお友だちに刺激を受けたりしていたようです。

自主的な方法だと、どうしてもやらない日が続くこともありますが、教室では毎回宿題も出るので、家で私が見ながら定期的に文字の練習プリントができました。
面倒に感じる日もありましたが、教室だけでなく、家でも繰り返しやることで定着していったと思います。

当時の先生も、「子どもは何度も忘れるので、繰り返しが大事」と言っていました。家でやる場合は、曜日や時間を決めると続けやすいと感じました。

絵本を使う

教室に通ったり、好きなキャラクターの名前を覚えることで、徐々に文字に興味を持つようになりました。

絵本の読み聞かせをするときには「ねずみの“ね”を間違えて“ぬ”にしちゃったら、“ぬずみ”になっちゃうね!」など、息子が間違えやすい文字を印象に残るように、笑いながら話を広げていました。

お風呂でクイズ

お風呂にはテレビなど余計なものもないので、文字を教えるのにいい場でした。
浴室の壁にひらがな表を貼り、消せるクレヨンや指で、曇った浴室の鏡や壁でなぞってクイズ形式にしながら楽しく覚えられたと思います。

また、たまにパパがお風呂でおもしろおかしく教えていたようで、男同士で長風呂を楽しんでいました。


長い目でみてあげましょう

子どもがひらがなを覚えるまでには、子どもの成長に合った工夫が必要で、時間もかかります。
小学校の授業ですんなり覚えられる子もいますが、中には曲線に苦戦したり、いびつな書き方になってしまったり、何度も間違えてようやく覚えられる子もいます。

子どもが関心を持つようになったら、それぞれの子どもの興味や性格に合わせて、長い目で教えていきたいですね。

提供元:KIDSNA[キズナ]

KIDSNA[キズナ]

KIDSNA(キズナ)は、子供とのおでかけ、教育、遊びなどの子育て情報を配信するお役立ち情報メディアです。人気作家による子育てエッセイ漫画や、有名人へのインタビューなどのオリジナル記事が満載!子育てをもっと楽しみたいママやパパを応援します。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事