働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 22464

食育アドバイザーが教える、しらす離乳食メニュー

こんにちは! 食育アドバイザー、離乳食ブランド【bebemeshi】ディレクターの平沢朋子です。
GW、みなさんはどう過ごされましたか?
先日静岡に出張に行った際、「静岡のしらすは今が美味しい季節です!」と教えていただきました。
しらすは扱い方も簡単で、離乳食でも初期から使える食材のひとつ。今回は、春と秋に旬を迎えるしらすを使った離乳食メニューを月齢別にご紹介します!

しらすは栄養をまるごといただけます!

ところで、しらすって、イワシの稚魚だと知っていましたか?
2~5cmのものを「しらす」と呼び、成長に伴って、「ジャコ」「イワシ」と呼び名が変わっていきます。

また、しらすは骨や内臓もぜ〜んぶまるごと1匹食べられる魚なので、栄養価も高くカルシウムも豊富。
カルシウムの他にも、魚の脂肪酸であるDHAやEPAが多く含まれているので、ぜひ離乳食にも活用したいお魚です。

ただ、しらす干しには塩分が多く含まれているので、離乳食に使う際は、熱湯をかけて塩抜きしてから使いましょう。

【月齢別】しらすを使った離乳食メニューをご紹介!

たんぱく質は、早い時期から大量にとると内蔵に負担がかかるので、離乳食をスタートしてから2週間ぐらい経ってから少しずつ始めましょう。

▶5〜6ヶ月頃におすすめ【しらすのおかゆ】

①しらす干しは茶こしなどに入れて熱湯を注ぎ、十分に塩抜きしたらすり鉢で細かくすりつぶします。
②大さじ1〜2杯くらいの10倍粥に、しらす小さじ1〜3杯くらいをのせて完成。

すりおろした大根にすりつぶしたしらすをあえてもOK。

▶7〜8ヶ月頃におすすめ【しらすと小松菜のおかゆ】

①しらす干しは茶こしなどに入れて熱湯を注ぎ塩抜きしたら、包丁で細かく刻みます。
②小松菜はやわらかくなるまで茹でて、冷水にとったら2〜3cmに細かく刻みます。
③7倍粥に小松菜を混ぜ合わせたら、しらすをトッピングします。

小松菜はほうれん草やブロッコリーなどでもOK。

▶9〜11ヶ月頃におすすめ【しらすの手づかみおやき】

①しらす干しは茶こしなどに入れて熱湯を注ぎ塩抜きし、軟飯(80g)は人肌に温めておきます。
②かつお節と片栗粉(小さじ1)も一緒にボウルに入れて混ぜ合わせ、平たく丸めてフライパンに並べ、弱火で焼きます。中まで火が通り、両面に焼き色がついたら完成です。

▶12ヶ月頃〜におすすめ【しらすのチャーハン】

①干しは茶こしなどに入れて熱湯を注ぎ塩抜きし、にんじんや玉ねぎなどお好みの野菜をみじん切りにしておきます。
②フライパンに少量の油を熱し、しらす、野菜を軽く炒め、ごはんを投入します。醤油と水を数滴たらし、一気にからめたら完成です。

しらす干しは冷凍保存もできるので、使う分ずつ小分けにしてストックしておくのも便利です。

他の離乳食の記事はこちら

まとめ

面倒な下処理なども必要のないしらす干しは、離乳食の強い味方。たんぱく質、カルシウムを摂れる食材としてぜひ活用してみてください。
ご紹介したメニューの他にも、うどんにのせたり、スープに混ぜたり、いろいろな使い方ができますよ!お魚ももりもり食べれる子に育ててあげたいですね。
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

平沢 朋子

離乳食ブランド「bebemeshi」ディレクター、食育アドバイザー、フリーランスライター、1児のママ。 ビューティー&ファッションライターとして女性誌やWebマガジン等で活躍。2014年に女児を出産し、仕事復帰と同時に離乳食がスタート。自身の経験から離乳食ブランド「bebemeshi」を企画・開発。その後、食育アドバイザー資格を取得し、離乳食と食育の観点から、子供の「食」の大切さを広める活動を行っている。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事