働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 14240

【アンガーマネジメントでハッピーママ3】人はなぜ怒るの?

こんにちは、アンガーマネジメントコンサルタントの川嵜です。
子供にイラッ、夫にイラッ、自分にイラッ、知らない人にイラッ……。
エレベーターが来なくてイラッ、店が混んでいてイラッ、雨が降ってきてイラッ……。
あなたは、最近、誰に、何に、イラッとしましたか?
そもそも人はなぜ怒るのでしょう?

あなたをイライラさせる正体とは?

子供に「あ~もう、なんでこんなに汚すの」とイラッ。
夫に「ねえ、全然聞いてないでしょ。スマホをさわってばかりで」とイラッ。
自分に「あ~っ、持ってくるの忘れた。せっかく準備したのに」とイラッ。
知らない人に「誰、ここにクルマ駐めたの。通れないじゃない」とイラッ。

怒りの正体は何でしょう?
それは「べき」です。
「べき」?

人が怒るのは、「こうあるべき」という、自分の常識、当たり前が守られていないからです。あるいは、「こうあってほしい」という、自分の期待が裏切られたからです。

怒っている人の言い分と「べき」

怒っている人の言い分と、心の中の「べき」「期待」を探ってみましょう。

言い分:怒る理由?子供が汚すから。
心の中:汚さないでほしい。

言い分:夫がスマホをさわって、聞いてないから腹が立つ。
心の中:人が話をしているときは、相手を見て、きちんと聞くべき。スマホをさわるべきではない。

言い分:なぜイライラしているかって?持ってくるのを忘れたからよ。
心の中:忘れずに、持ってくるべき。

言い分:だって、クルマが駐まっていて通れないからでしょう。
心の中:クルマを歩道に停めるべきではない。人に迷惑をかけるべきではない。

怒っている人が、よく「どうして?信じられない」と言うのは、常識を守らない人、期待に応えない人が信じられないという気持ちです。

怒っている人は、つねに「自分が正しくて、相手が間違っている。相手が悪い」と思っています。「だって常識でしょう」「わかっているはずよね」と。

自分と相手では「べき」が違う。それが前提

自分の「べき」が裏切られたときに、人は腹を立てますが、「べき」はひとりひとり違います。
これまで過ごしてきた環境、経験などによって異なり、同じということはありません。

相手にも「言い分」や「べき」はあります。

子供は、「汚さないでほしい」という期待を理解していません。単にやりたいことをやっています。

夫の言い分は、「聞いているよ。だから、調べていたのになんで怒るの。それに、そっちだって聞いてないことあるし。一方的に怒るべきではない」です。

知らない人も、「寄せておかないと、ぶつけられたら大変」と思っていたかもしれません。

自分と相手は違う人間で、「べき」も違うという前提で、考えてみましょう。
自分はどういう「べき」「期待」を持っているのか、相手はそれをわかっているのか。

相手の「言い分」「べき」も聞きながら、あなたの「要望・期待」「べき」も伝えてみてください。

まとめ

人は「べき」や「期待」が裏切られたときに怒ります。
けれども、「べき」は一人ひとり違い、「期待」も分かっていないかもしれません。
自分と相手は違う人間で、「べき」も違うので、伝え合うことが必要です。

川嵜 昌子

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント 本部委員 九州支部副支部長。 経営者向け雑誌の編集長、部門長等を経て、経営コンサルタントとして独立。 5000人以上の経営者を取材、コンサルティングするなかで、うまくいく人は、怒りや不安など負の感情と上手に付き合っていることを発見。 自身も働くママとして、アンガーマネジメントのセミナー、研修、アドバイスを行なっている。 怒りと上手に付き合おう~アンガーマネジメントのすすめ http://angermanage.info/

RELATED POST

あなたにおすすめの記事