働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 18592

試して分かった!赤ちゃんの“背中スイッチ”解除の効果的な対策4つ

子どもを抱っこで寝かしつけても、ベッドに下ろした瞬間に「ギャー」と泣き出す…。ママの頭を悩ませるこの現象…。まるで赤ちゃんの背中に作動スイッチがあるかのようで、ママたちの間では通称“背中スイッチ”と呼ばれていますよね。

子どもが抱っこなしで眠れるようになるまでは、この繰り返しに悩まされるものです…。

私も、そんな背中スイッチに悩まされたひとり。我が子の場合、生後3ヶ月頃から寝かしつけに手こずるようになりました。

でも、いったいなぜベッドに下ろすたびに泣いてしまうのでしょうか? また、その対策とは? 今回は、私が実際に背中スイッチを解除できた方法4つを紹介します。

眠りが中途半端だとスイッチON!しっかり寝入るまでユラユラ抱っこを

そこで、私が試して効果があったのが、ベッドに寝かせようと“慌てない”ことでした。抱っこで寝てもしばらくそのままユラユラ、できるだけ眠りが深くなってからベッドにそっと下ろすようにします。

眠りが深くなったかどうかは、赤ちゃんの様子をみて判断します。例えば、うちの子の場合は、呼吸が深くなったり、口がパカッと開いたりしたときが寝入ったサインでした。その他には、手の力が抜けてダランとなったり、口の中を見て舌が上あごについていたり、目がうっすら開いていたりするのも我が子の熟睡のサイン。

それぞれ赤ちゃんの睡眠の様子がどんなふうに変化するか意識しながら寝かしつけてみると、ベッドに下ろすタイミングがつかみやすくなるはず。抱っこが長時間になりそうなら、抱っこ紐を活用すると体力的にラクになりますよ。

ママの腕ごと、頭、お尻、の順でゆっくりベッドに移動

眠りに落ちそうになったときに、急に寝ている場所を移されたら…? きっと大人でもビックリして目が覚めてしまうはず。そう考えると、赤ちゃんがギャーッと泣いてしまうのもうなずけますよね。そこで試したのが、赤ちゃんを下ろすときに、ちょっとずつ体を離す方法です。

抱っこからすぐベッドの上に寝かせてしまうのではなく、まずは抱っこしたまま、ママの腕ごとベッドに下ろします。ここで背中スイッチが作動しなければ第一段階クリア♪ 次に赤ちゃんの頭を下ろして様子見。最後に赤ちゃんのお尻と足をゆっくりベッドに下ろすことができれば、背中スイッチ解除成功です!

ポイントは、赤ちゃんのお尻よりも先に頭をベッドに下すこと。我が家の場合は不思議と頭を先に下したほうが成功率が高いんです。

ママの温もりと匂いで包む

人とくっついているときって、相手の匂いや温かさを感じていますよね。そこから急に離されると不安になってしまうもの。きっとそれは赤ちゃんも同じのはず。

そこで、用意するのはママが着ていた洋服です。TシャツやパジャマでOK。ママの匂いがついた服をタオルケット代わりに、赤ちゃんの体にかけた状態で寝かしつけます。

寝入ったらママの洋服ごとベッドへ。そうすればママの体は離れても、赤ちゃんはママの匂いを感じて安心していられるはずです。

赤ちゃんの“背中スイッチ”解除法

 

クッションごと寝かしつけて肌触りをキープ

赤ちゃんって抱っこされているときは、丸まった姿勢で、ママにくるまれるように寝ていますよね。でも、ベッドに下ろされると肌触りが変わってしまううえに、寝姿勢も変わってしまいます。きっとこれも背中スイッチを作動させてしまう原因のひとつ。

そこで、試して効果があったのが、できるだけ肌触りや寝姿勢を変えない対策です。

用意するのは、平たいクッションやベビーサイズに折りたたんだタオルケットなど、安全にベビーを寝かせられる小さなマット代わりになるもの。そこに赤ちゃんを寝かせた状態で、抱っこで寝かしつけます。

そして、抱っこから下ろすときにもマットごと下ろしてそのまま寝かせればOK。こうすることで肌触りなどの感覚が変わりにくく、背中スイッチも解除しやすくなるんです♪

おくるみやバスタオルで包んだまま寝かせるという方法もありますが、うちの子はおくるみでは寝てくれず…。辿り着いたのがこの方法でした。

実際に私が試して効果のあった方法を4つご紹介しました。どれも効果は100%ではありませんが、我が家ではその時々に合った方法を試しているうちに、寝かしつけに手間取ることも少なくなりました。

赤ちゃんによって合った方法は違うと思いますが、背中スイッチに困っているママはぜひ試してみて♪

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事