働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 9992

6人に1人が億万長者の国!?シンガポールの子育て事情

マリーナベイサンズ、マーライオンなどの観光でも大人気の赤道直下の国、シンガポール。
1965年にマレーシアから独立したシンガポールは、世界的に有名なスタートアップも多く、国際的にも注目が集まっています。また、富裕層が多く、教育水準が高いことでも知られています。
そんなシンガポールの子育て事情について、在住ママにインタビューをしてきました。

シンガポールでは共働きが当たり前

教育費が高く、教育熱心なシンガポールでは、共働きが当たり前。
多くの女性が出産の1か月前まで働き、産後3か月程度で復帰します。日本では最長1年半産休が取れるのに対して、3か月半と聞いた時には思わずぞっとしました。3ヶ月の小さな子供はどうしているの?と疑問に思う人も多いでしょうが、メイドさんか祖父母が見てくれているケースが多いそう。
中には1~2年休暇をとるケースもありますが、幼稚園が1歳半からで、再就職も日本と比較すると容易なシンガポールでは、メイドさんを活用しているケースが多いそうです。

各家庭によりメイドさんの役割も違うようです。育児も家事も見てもらう場合や家事のみの場合、子供の躾や教育のみ両親がするなど各家庭によって細かく決められています。
家事も子育てもすべてメイドさんがやっている場合、「子供のことを一番よく知っているのはメイドさん」というケースもあり、「もっと両親が子供のことをよく知りましょう」という啓発活動をやっていることも。
祖父母がメイドさんの代わりに子育てをするケースも多いようです。
シンガポールは東京23区と同じくらいの大きさなので、祖父母との距離も近く、ヘルプを頼みやすいというのも関係しているかもしれません。

シンガポールの教育事情

シンガポールでは、小学6年生の時に行われる「PSLE」というテストの結果で人生の方向性が大きく変わります。このテストの結果で、大学受験ができるかどうかがほぼ決まるため、両親にとってもこのテストは一大事です。
シンガポールの国立大学は枠が決まっています。優秀な人には大学進学枠がありますが、残念ながらそうでない人は職業訓練を、という方針。海外留学や私立の大学へ進学するケースもありますが、有名大学でなければ国立大学と同等とはみなされないので、国立大学に入れるかどうかが人生を大きく左右するのです。
そのため、小さな頃から勉強をする環境にあり、人気の幼稚園やインターナショナルスクールは、妊娠時から申し込みをしないと入れないこともあります。
幼稚園の時から家庭教師をつけたり塾に通わせたり、子供が小6に上がる時に仕事を辞め、子供にかかりきりで勉強を見る家庭もあるそうです。

世界大学ランキングでは、「シンガポール国立大学」は12位。13位の「南洋理工大学」もシンガポールの国立大学で、アジアのトップ1.2位に君臨します。ちなみに「東京大学」は世界大学ランキング39位にランクインされています。

産褥アマさんの存在

産褥アマさんをご存知ですか?
産褥アマさんとは産後すぐにお手伝いさんとして、住み込みもしくは通いで、家事や育児を引き受けるお仕事です。産後の時期には、メイドさんと産褥アマさんの両方を雇う人もいます。
家事も育児もプロ級のシンガーリアンの祖父母世代の方や、隣国マレーシアの方が多く、人気の産褥アマさんは引っ張りだこのようです。

通常のメイドさんが1か月700~800ドルなのに対して、3,000~4,000ドルと高額ですが、大変需要があるそう。
専属のエージェントで紹介してもらうか、知人に紹介してもらうのが一般的。人気の産褥アマさんは妊娠が発覚したらすぐ連絡しないと予約でいっぱいな程人気なのだそう。海外に出ているシンガポール人が、わざわさ呼び寄せるケースもあるそうです。

まとめ

受験事情は大変そうだけれど、シンガポールは働くママにとって子育てのしやすい環境が整っていると実感しました。
ベビーカーで満員電車に乗っても、車内で赤ちゃんが泣きだしても皆温かく、ホテルやレストランなども子連れで行ける環境が整っています。子供を遊ばせて両親はお酒を楽しみながら食事ができたり、ホーカー(屋台村)の文化が定着しているため、外食も当たり前の環境です。
タクシーが安く、渋滞も少ないため、子供とのお出かけも楽です。町中には防犯カメラが取り付けられていて、犯罪率も低いので安心。
働くママにとって、また子供を世界基準で活躍する人材に育てるには、シンガポールはとても魅力的な国だと感じました。

近藤 さやか

インターナショナルメイクアップアーティスト/トータルビューティクリエイター/女性起業支援家/など多彩な顔を持つ二歳児の母。夢を叶える方法やメンタルマネージメントを脳科学、心理学から伝え内面のマインド面から・外見共にプロデュースし女性を輝かせる活動をしています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事