働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 213552

【 まりげ 】第8話:どうして安心するのかな?

こんにちは、まりげです。

寝る前に3歳の長男とお話をするのはとても楽しい時間です。

眠くなってきた長男は、目を閉じてわたしのほっぺたやお腹を触り
“この肉感は間違いなく自分の母である“と確信してから眠りにつきます。

今回は私自身の幼い頃の母との思い出です。

まとめ

こう真夏日が続くと子どもにくっついてこられると( 暑いなぁ… )と思いますよね。

そうは思うものの、奇跡的に大の字で寝られるスペースがある日でも
結局は子どもの太ももをプニプニと触りたくて自分からすり寄っていってしまいます。

子どもがピタッとくっついてくるのは、お母さんの鼓動を聞いて胎内にいた時の安心感を思い出しているからかもしれませんね。

クスッと笑える日常は、Instagram(@marige333)にて更新中です!

marige333

はじめまして。 まりげです。 ほぼ毎日Instagramに絵日記を投稿しています。 やんちゃな長男と、おっとりした次男の二人を育てています。 夫が昨年脱サラし、京都府舞鶴市に移住してきました。 慣れない田舎暮らし、初めての農業、そして義母との同居と、思うようにならない毎日ですが、家族と過ごす時間が心を和まし、海と山が感性を豊かにしてくれます。 読んでくれる人にホッとしてクスッと笑ってもらえるようなイラストエッセイを描く事が日々の楽しみです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事